福岡でトイレのつまり、水漏れなら水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」にお任せください!

福岡 地元密着、おかげ様で15年、実績3万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料
ツイート
ホーム > ブログ > お知らせ

ブログ

お知らせ

つまりの原因!!

2016年06月19日

キッチンの場合

キッチンの詰まりはほとんどが油分の固形化によるものです。排水パイプは緩やかな勾配により排水を流す仕組みになっていますが、少量の排水の場合は十分な水かさが確保されず、一緒に流れてしまった異物を途中で停滞させることもあります。油分は水よりも粘性が高いため排水パイプに付着しやすく、停滞した油分が固形化していきます。固形といってもヨーグルトや豆腐の様な状態で、これが増えると排水パイプを塞ぐため、詰まりが表面化します。

浴室の場合

洗い場や浴槽の排水のつまりの原因は、主に人のアカ、石鹸カス、髪の毛によるものです。油分を含んだ整髪料なども原因のひとつとなります。排水と一緒に流された油分やアカが排水パイプに付着します。付着した汚れに雑菌が繁殖し、ヌメリが生じて汚れが粘着しやすい状態になります。やがて、パイプに付着した汚れに髪の毛が引っかかり、さらに油分やアカ、石鹸カスが引っかかり・・・と汚れの層や塊が大きくなっていきます。

洗面台の場合

洗面台のつまりの原因は、主に髪の毛や石鹸カス、整髪料や化粧品類等の油分などです。特に最近の洗面台には洗髪用のシャワーが付いているものも多く、髪の毛や整髪料が付着する機会も増えています。また、女性が使うクレンジングオイルなども原因のひとつです。まれに歯磨き粉のキャップや、ヘアピン、洗顔料などのボトルキャップなどを気付かずに流してしまい、詰まらせる事もあるでしょう。

トイレの場合

水以外のものを流すトイレでは、使い方次第では一瞬にして詰まりを起こすことがあります。便器はその内部に多くの曲がりがあり、中間には少し狭くなっている部分もあります。そのため、一度に多くのトイレットペーパーを流してしまうと便器内部で詰まることがあります。トイレットペーパー以外のものを流したり(ティッシュペーパーなど)、うっかりポケットから物を落として気付かずに流したり・・・という原因がほとんどです。最近のトイレは節水タイプで以前の水量の半分以下しか使用しませんので、ティッシュペーパーを使用した場合は必ず「大」で流水するようになっています。

その他

ユーティリティーやベランダに設置されたシンクの詰まりの原因は、異物を流してしまったり、泥や小石などによるものがほとんどです。例えば、金魚などの水槽の洗浄の際に小石が流れてしまってそれがパイプの途中に留まっていたところに、小さなゴミが積もり積もって水が流れなくなったり、ユーティリティーのシンクで運動靴やひどく汚れた雑巾を洗ったことにより、泥やゴミが流れきらずに溜まっていたためにゴミが詰まりやすくなったりということが多いようです。

以上のように、日頃の使い方が詰まりの原因となっている場合が多いようです。そこで、下記にあげた点に気をつけ、日頃から詰まりの原因をつくらないようにしましょう。

 

 

1.食器やフライパン・鍋についた油はある程度ふき取ってから洗うようにしましょう。
2.天ぷら油などはパイプに流さないようにします。食用油固化剤を使うか、紙などにしみ込ませてゴミとして廃棄しましょう。
3.排水口にあるゴミ受けかごや網皿に水切りネットなどを取り付け、できるだけゴミや髪の毛などを流さないようにしましょう。
4.定期的な掃除を心がけましょう。使用状況にもよりますが、1週間に1回くらい行うのが理想的です。
5.キッチンや洗面所なら、シンクの1/2~2/3くらいまで、40℃~50℃のお湯をためて、一気に流すだけでもパイプに付着した油などを溶かし流す効果があります。ためたお湯に酸素系漂白剤を溶いて流せばより効果的です。漂白剤を使用した場合は、パイプを傷つけないために仕上げに水をたっぷり流し込み漂白剤を洗い流します。

6.パイプ用洗浄剤を使用して清掃する場合は、使用説明書を読んで正しく使いましょう。これらの洗剤はあくまでも化学薬品です。必要以上の使用量や間違った使用方法(酸性洗剤との併用や必要以上長い時間の放置など)は、排水パイプを劣化させることもあるだけでなく、人体にも悪影響を与えます。必ず換気をしながらするようにしましょう。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

カテゴリー

最新情報

iタウンページ