【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 福岡県福岡市博多区でトイレつまりの修理依頼にお伺いしました

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

スタッフの修理報告

福岡県福岡市博多区でトイレつまりの修理依頼にお伺いしました

2022年04月17日 スタッフの修理報告
こんにちは。
ふくおか水道職人の修理報告をご覧いただき、ありがとうございます。


ふくおか水道職人では、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として
マスクやゴム手袋の着用、アルコール消毒を徹底し、お客様の現場へお伺いしております。
水回りでお困りの際にはいつでもご相談ください。


【依頼場所】福岡市博多区
【依頼内容】トイレつまり
【作業時間】5時間


【作業前の状況】
お伺いしトイレを見させて頂きますと、
水を流すと便器いっぱいまで水が溜まり、流れません。


試しにポンプを使いつまりを抜こうと2回ポンプを押し引きしますと、
ゴゴゴーっと流れて行きました。


よかったと思いもう一度水を流しますとまた便器いっぱいに水が溜まり流れません。
もう一回ポンプを2回使うとゴゴゴーっと流れました。


しかし、また水を流すと再度便器いっぱいに水が溜まり流れませんでした。
 
どうやらトイレではなく排水管につまりの原因があるようです。


そうしますと一度トイレを取り外すことになるのですが、
トイレの部品が古くサビがひどいため、トイレを外す際に折れる可能性が高い状況でした。


【作業内容】
お客様に詳しい状況をご説明させていただき、
部品を取り寄せて万全の状態で取り外し、つまりを取り除くことになりました。


後日部品をすべて準備し、さっそくつまりを取り除く作業に取り掛かりました。
すると早々に給水管が折れてしまいました。


「やはり準備しておいてよかった」と思いながら作業を進めていきますと、
今度は洗浄管が邪魔をしトイレが外せない状況でした。


今度は洗浄管を無理やり折り、やっと便器を取り外すことができました。
便器を確認してもつまりの原因はなく、
やはり排水管本管に何かが詰まっている状況でした。


次に排水管にワイヤードリルを入れていき、詰まっているものを取り除きました。

ワイヤードリルでつまりの原因を押し流し、無事つまりを解消することができました。


次にトイレを戻して行きます。


今回、洗浄管がコンクリートの壁の中に入っているため取り除くことが出来ないので、
洗浄管を前に出し、取り付けることになっていました。
また、部品をすべて交換させていただきました。


 


 ⇒⇒⇒ 
すべて交換させて頂きましたが、このままだと洗浄管を手すりと勘違いして、
それを掴んでしまい折れたりする可能性もあったため、
最後に洗浄管を囲ってしまいました。



無事に流れるようになり、また、水漏れの心配もなくなり、囲いで洗浄管を隠したことで、
お客様にも「そこまで気遣ってもらってありがとうございました」
と大変喜んで頂きました。

FO3

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315