【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 蛇口の水圧が弱い!?考えられる原因と対処法を解説

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

蛇口の水圧が弱い!?考えられる原因と対処法を解説

2020年01月07日 水のトラブル
1
蛇口の水圧の弱さに悩みを抱えている方に向けて、水やお湯の水圧が弱まってしまう原因を解説し、その対処法を紹介していきます。快適な使用環境を作るために、自分で対処できることとプロに任せる範囲を知っておきましょう。


■蛇口の水圧が弱いときに考えられる原因と対処法

なぜ蛇口の水圧が弱くなるのか、3つの原因を取り上げて解説していきます。あわせて対処法も説明していきますので、是非参考にしてください。

-止水栓がほとんど閉じている
水道の水を止めたり、弱めたりする際のコントロール役を担っているのが止水栓です。自分で閉めない限り止水栓が勝手に閉じることはありませんが、何らかの影響を受けていたり、家族が調整していたりする場合には、止水栓が閉じていることがあります。まずは止水栓の状況を確認して、閉じている場合には開いて対処してみましょう。

-ホースが折れている
止水栓がある配管部分には、配管を蛇口部分へと接続させているホースが備えられています。ホースが直線であれば滞りなく水が配給されますが、折れていると水がストレートに流れず、水圧が弱くなってしまいます。直線に伸ばし、直す調整を施すことが対処法になりますが、長さの都合上難しければ、専門家に修理を依頼して改善しましょう。

-ストレーナーがつまっている
蛇口の先にはストレーナーという部品が付いています。これはフィルターとしての役目を果たす重要なアイテムなのですが、ストレーナーに汚れが溜まりすぎてしまうと水の出口を邪魔してしまい、水圧が弱まります。蛇口の先端を左の方向に回すと分解でき、ストレーナーを取り外せますので、つまっている汚れを掃除して付け直し、水圧を改善できるか見てみましょう。


■お湯の水圧が弱いときに考えられる原因と対処法

水は正常な水圧で流れるにも関わらず、お湯を流すときだけ水圧が弱いということはありませんか。ここでは、お湯の水圧が弱いときに考えられる原因と対処法をそれぞれ紹介します。水は普通に使えるからと言って放置せず、問題が起きたらすぐに対処しましょう。

-お湯の水圧が弱い場合、給湯器の故障が考えられる
お湯の水圧だけが弱いというケースでは、給湯器の問題を疑わなければなりません。まず確認すべきなのは止水弁です。給湯器の止水弁は、安全を確保するために自動的に閉まることがあり、その場合には蛇口の水圧が弱まります。止水弁を開いてからもう一度水圧を確認し、状況が改善するかどうかチェックしましょう。

止水弁に問題が見られない場合は、給湯器のスペックが不足している可能性があります。給湯器には16号、20号、24号など号数が設定されており、仮に20号の場合には、1分間で25度のお湯を20リットル出すことができる計算です。とくに引っ越し直後などに水圧の弱さを感じたら、号数が大きい給湯器に交換することで改善を目指せます。

-給湯器が故障したらプロの業者に点検を依頼する
給湯器の購入には、高いものだと数十万円単位の予算が必要です。交換によって状況を改善できればよいのですが、実は給湯器そのものに問題がなかったという場合や、スペックとは無関係な問題が起きていたとすれば、無駄な大金を使ってしまうことになります。そのような問題を避けるために、まず専門業者に給湯器やその他の状態を見てもらいましょう。結果として、修理代金を下げることができる可能性が高まります。


■蛇口の水圧の弱さに、立地が関係している可能性も?

蛇口の水圧の強弱には、建物の立地が関係することもあります。この場合、個人レベルで解決できることは限られてしまいますが、具体的にどのような地域の水圧が弱くなりやすいか見ていきましょう。

-高台になっている地域
水道管は地中に埋められており、建物の位置が水道管から離れれば離れるほど水圧が弱くなりやすくなります。そのため、高台に住んでいたり、高層マンションの上階に住んでいたりする場合には、一般的な家庭と比較して水圧が弱くなることが多いのです。この場合には自治体などの協力が必要になるため、自力で問題を解決することはほぼ不可能です。しかし、水圧を高められる特殊な蛇口に交換するという解決策は試すことができます。専門業者に相談して、相性のよい商品を見つけましょう。

-住宅や商店が密集している地域
水道管は、その一帯に住む人たち全員で共有するものなので、利用する人物が多ければ多いほど、その地域全体の水圧が弱くなりがちです。住宅密集地に住んでいたり、水を大量に使う飲食店などの店舗が近所に多かったりする場合には、水圧の弱さに苦労を感じてしまうかもしれません。このような問題も、解決のためには自治体が主導する大規模な改善が必要です。


■まとめ

水圧が弱い場合には今回紹介した方法を試し、まずは個人での解決を目指しましょう。それでも解決できないときは、専門業者に依頼するのがおすすめです。

ふくおか水道職人なら、飯塚市や久留米市、福岡市の博多区や東区、城南区などの全域で根本的な修理が可能です。お困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315