【水道局指定工事店】福岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » シャワーから水漏れをしたときの修理方法

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

シャワーから水漏れをしたときの修理方法

2021年08月13日 お風呂の直し方


風呂に入ったときには必ず使用するシャワーですが、やはり年月の経過とともに劣化していき、最終的には修理が必要になります。もしシャワーから水漏れなどのトラブルが発生した場合には、どのようにして修理をするのかを解説していきます。

シャワーヘッドとホースの繋ぎ目から水が漏れる理由はパッキンの劣化

シャワーから水漏れをする可能性のある場所は、大きく分けると3点あります。その1つがシャワーヘッドとホースの繋ぎ目です。なぜ水漏れをするのかというと、多くの場合はパッキンの劣化が原因だと考えられます。

自分でパッキンを交換する場合には、まず止水栓を止めて水が流れてこないようにします。次にヘッドの部分を取り外すのですが、もしヘッドの部分が緩くなっていた場合には、きちんと締めこむことで水漏れが改善されるでしょう。

きちんと締まっていた場合には、パッキンの劣化が原因です。パッキンの交換は自分でも簡単に行うことができますが、注意しなければいけないのは、パッキンのサイズを買い間違えないことです。よくわからない場合には、事前にヘッドを外してパッキンを取り除き、現物を持って店に買いに行きましょう。

交換方法もただパッキンをはめ込むだけなので簡単です。もし賃貸住宅に住んでいる場合には、経年劣化で水漏れをしている可能性もあるので、大家や管理会社に依頼をして交換してもらう方がよいでしょう。経年劣化によって消耗した部品の交換であれば、借りている方は一切お金を支払う必要がないからです。もちろんパッキンの交換ぐらいであれば、自分で行っても特に問題はないでしょう。

シャワーヘッドから水が垂れてくるなら交換がおすすめ

しっかりと蛇口を締めているのに、シャワーヘッドから水漏れをしてくる場合には、内部機構が故障している可能性が高いです。この場合にはシャワーヘッドの寿命が来ていると考えて問題ありません。そのため、シャワーヘッドそのものを交換した方がよいでしょう。

シャワーヘッドはホームセンターやネットショップなどでも売られているので、購入してくれば簡単に交換することができます。ただし、シャワーヘッドはいろいろなメーカーから販売されていますし、サイズ規格もたくさん存在しているので、自宅で使用しているサイズに合う物を購入するよう気をつけてください。賃貸住宅の場合には、シャワーヘッドは最初から取り付けられているのが一般的なので、勝手に交換せずに大家や管理会社に連絡をして交換してもらいましょう。

交換方法も簡単で、最初に止水栓を止めてからシャワーヘッドとホースの繋ぎ目を外し、新しいシャワーヘッドに変えて再び取り付けるだけです。交換したら水が漏れてこないか確認し、問題なければ普通に使用することができます。もしパッキンの交換もしばらく行っていないのであれば、ついでに交換してしまうと水漏れをする確率を下げることができるでしょう。

シャワーホースから水漏れしているなら交換した方がよい

シャワーホースも当然劣化してくるので、長年使用していれば水漏れが発生する可能性もあります。もしシャワーホースから水漏れをしている場合には、防水テープを使って応急処置をする方法もありますが、この方法は一時しのぎでしかありません。例えば水道工事業者に修理の依頼をしたけれど、少し時間がかかるので先にシャワーを浴びてしまいたい場合などに効果的な方法です。

しっかりと水漏れを修理したいのであれば、シャワーホースごと交換した方がよいでしょう。そうすればしばらく交換する必要がなくなる可能性が高いですし、新品なのですぐに劣化してしまうこともありません。シャワーホースを交換する場合には、シャワーヘッドやパッキンを交換するよりは少々難しいですが、十分自分で交換できるレベルです。

まずはシャワーホースを購入してくる必要がありますが、シャワーホースにもいろいろな種類があるので、自宅のシャワーに合う物を購入してください。シャワー関連の物を購入する場合には、全て自宅で使用しているシャワーに合う物でなければ交換することができないので注意しましょう。

交換する場合には、まず止水栓を止めて水が流れないようにします。次に蛇口側とシャワーヘッド側の両方の繋ぎ目を外し、シャワーホースを取り替えます。後は元通りに取り付ければ完了なのですが、シャワーホースを交換した場合には、取り外しを行った2箇所の水漏れを確認してください。
水漏れしていなければ完了となります。

水漏れや部品の交換もスムーズに行えます

水回りのトラブルが発生した場合、パッキンの劣化など部品を交換することで修理が完了する場合が多くあります。自分で行える場合もありますが、難しい場合にはふくおか水道職人まで依頼をしてください。小郡市や筑紫野市、春日市、飯塚市、大牟田市、大野城市、宗像市、柳川市など、福岡県の広い範囲に対応しています。無理に自分で作業を行ってしまうと、余計に状態が悪化してしまう可能性もあるので、決して無理はしないようにしましょう。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315