福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水漏れやつまりは応急処置が重要?被害の拡大を防ぐ方法!

2018年11月29日 水のトラブル

7


水漏れやつまりが唐突に発生した場合、どのように対応すればいいのか、わからない方も多いでしょう。業者へ依頼する前に、被害が拡大しないように応急処置を行うことが重要なポイントです。


どのような方法で、水漏れやつまりについて応急処置を行っていけばいいのでしょうか。



水漏れの応急処置


水漏れは蛇口や排水管から発生することが考えられます。放置すると、床や壁などに水が浸透してしまい、家の劣化を招いてしまう可能性があるため、速やかに応急処置を施す必要があるのです。

賃貸物件やマンションの場合は、最悪の場合、隣人や下階にまで水漏れの被害が広がる可能性があります。

具体的な応急処置について解説していきます。


1.止水栓を閉める

蛇口や排水管から水漏れが発生している場合は、まず止水栓を閉めて、水の流れを止めるようにしましょう。被害を最小限に止めることができるので、水漏れが発覚した時点で対応してください。


2.水漏れ箇所にバケツを置く

水漏れが発生している箇所を特定することができた後は、床に水が浸透しないように、バケツを置いて被害を最小限に食い留めます。


バケツの下にビニールシートを置いておけば、さらに被害を抑えることができるので、床に水が浸透しないように配慮しましょう。


3.タオルで破損箇所を塞ぐ

排水管から水漏れが発生していて、水漏れ箇所が特定している場合は、水漏れを抑制するためにタオルをきつく巻いて、未ずれもの被害を最小限に食い留めましょう。


つまりの応急処置


排水口や排水管がつまってしまうと、水が流れないだけでなく、症状が悪化した場合は、水漏れが発生するため、早めの応急処置を施すことが肝心です。

具体的にどのような応急処置を行うのか、詳しく解説していきます。


1.つまり発生箇所にビニールシートを敷く

つまりが発生している場合、水が溢れてしまうことを防ぐために、事前にビニールシートを敷いておきましょう。ビニールシートがない場合は、タオルや雑巾でも代用することが可能です。


2.バケツで水かさを減らす


つまりの原因を取り除くためにも、溜まっている水をバケツで汲み取りましょう。水かさを下げることで、応急処置を行えるだけでなく、水が溢れることを防止することができます。

汚水を取り除く場合は、衛生面を考慮してゴム手袋を着用するようにしてください。


3.排水口にあるつまりの原因を取り除く

つまりで溢れた水を汲み取った後は、排水口にあるつまりの原因を取り除いてください。排水管のつまりが原因である場合は、ラバーカップなどでつまりを解消するようにしましょう。


応急処置に活用できる道具


水漏れやつまりが発生した場合、応急処置を行うためにも道具を準備しておくことが重要です。水トラブルが発生する前に、家に置いておき、咄嗟の時に活用できるようにしておきましょう。


まずは、つまりが発生した時のために、汲み取ることができるバケツや床が汚れないようにするビニールシートは、応急処置に活用することができます。


周囲に水が溢れてしまった場合のことを考えて、タオルも準備しておくと良いでしょう。汚水に触れる可能性がある場合は、ゴム手袋も必要です。


他には、つまりを解消させるために、ラバーカップやパイプクリーナーなどを用意しておくと、スムーズに対処することができます。


つまりの原因によっては、ラバーカップとパイプクリーナーがあれば、解決することもあるので、業者に連絡する前に一度試してみるのもおすすめです。


応急処置後は業者に依頼


今回紹介した水漏れやつまりの応急処置は、あくまでも一時的に症状を改善させる方法に過ぎません。完全に問題を解消させるためには、業者に依頼をかけて原因を取り除いてもらう必要があります。


特に、排水管からの水漏れは、放置しておくと悪臭や家の劣化を招く恐れがあるため、早急に対処することが重要です。悪臭はマンションや一戸建てなど関係なく、隣人に被害が広がるリスクもあるため、早急な対応が必要です。


蛇口の水漏れについても、部品の劣化が原因であれば、新しい部品に交換する必要があります。蛇口の交換は、分解して組み立てを行う必要があるため、専門的な知識や技術が必要です。


ご自身で蛇口の交換を行うことは困難であるため、プロの業者に依頼して新しい蛇口に取り換えてもらいましょう。


中には24時間365日、いつでも受付を行っている業者があるので、困った時には、すぐに助けを求めることができる業者を探して頼るようにしてください。


水漏れやつまりが発生した場合、被害を最小限に止めるために、応急処置を必ず行うようにしましょう。応急処置をするかしないか、業者修理の費用も安く済むことも大いにあります。


水漏れの場合は、止水栓や元栓を閉めることで、被害の拡大を食い止めることができます。つまりの場合は、汚水を処理するケースもあるため、ゴム手袋の着用は必須です。その後に、つまりの原因がわかっている場合は、取り除くようにしましょう。


水道職人では、水漏れからつまりまで、あらゆる水トラブルに対応しています。24時間365日、受付を行っているので、お困りの際にはお電話ください。



監修者

監修者の写真

主任

福田 武士

《略歴》

2018年に株式会社 N-Visionに入社し水道メンテナンス業務を行う。
業界歴は7年で現在年間600件ほどの対応を行う。つまり・水漏れのトラブル解決のプロフェッショナルです。
修理完了後も安心してご利用いただける環境づくりに努めております。
福岡県でつまり・水漏れでお困りでしたらふくおか水道職人にお任せください。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

公式LINEアカウント始めました!お友だち募集中
お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315