【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » トイレの水が止まらない!「便器内・タンク内」それぞれの対処法をご紹介

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの水が止まらない!「便器内・タンク内」それぞれの対処法をご紹介

2019年07月30日 水のトラブル

TOILET

トイレを流したら水が止まらなくなってしまい、チョロチョロとずっと水が流れ続けている。こういったトイレの水トラブルには困ってしまいますよね。更にこのままでは水道料金もかさんでしまいます。そんな時に自力でできる対処法を、トラブルの発生する箇所別に解説します。



■トイレの水が止まらない!まずは応急処置をしよう


トイレの水が止まらないというのは、実はよくある現象なのです。トイレがつまって溢れたりしているわけではありませんので、焦らずに以下の応急処置を施しましょう。



  • 止水栓を閉める


水をこれ以上無駄にしないためにも、止水栓を閉めます。止水栓には手で回せる蛇口タイプと、マイナスドライバーを使って回すドライバータイプがありますので、タイプに合わせた方法で閉めましょう。もしトイレの止水栓が見つからない場合や、固くて回らないといった場合には、屋外の止水栓を閉めればOKです。



  • 電源プラグを抜く


洗浄便座を使用している場合は、感電や漏電を防ぐためにも、修理前には必ず電源プラグを抜いておきましょう。抜いた電源プラグの先端はビニール袋に封じておきます。


■トイレの水が止まらない原因はタンク内に!


水を止めたら、いよいよタンク内の調査準備に入ります。トイレの水が止まらないのは、タンク内の部品に原因があることがほとんどです。どの部品が原因となっているのか確認するためには、タンクのフタを開ける必要があります。手洗い管がついているタイプと付いていないタイプ、別々に説明していきましょう。



  • 手洗い管がついていない場合


こちらのタイプは、持ち上げるだけでフタが開くシンプルな構造です。材質は陶器製のものやプラスチック状のものなどありますが、陶器製の場合は意外に重いので、落として割らないように気を付けてください。



  • 手洗い管がついている場合


こちらの場合は、フタに手洗いの水を供給する管が繋がっています。その管がプラスチック製の蛇腹状ホースの場合には、固定しているプラスチック製のナットを手で回せば管も楽に外すことができるはずです。ゴム製の管の場合には、手洗い管と金属バンドで接続されているため、レンチを使って緩めましょう。経年劣化で固着しているケースでは、切断しなくてはならない場合もあります。


タンクのフタを開けることができたら、タンク内の水を抜きましょう。タンク内に水が満ちていると、修理をする際に邪魔になるからです。すでに止水栓は閉めていますので、安心して作業をしてください。通常どおりのレバー操作で水を流し切ります。次はいよいよ、タンク内での原因解明に進みましょう。


■タンク内の給水が止まらない場合の対処法


タンクの中で水の流れが止まらない場合には、以下の2つが原因となっている可能性が高いです。それぞれの原因を確認していきましょう。



  • 浮き玉が破損していないか確認する


水位を測る浮き玉という部品がありますが、これが破れると水が内部に浸入し完全に上がり切らず、ボールタップから給水され続けることに。この場合は浮き玉を交換しましょう。



  • ボールタップに不具合が無いか確認する


ボールタップとは給水管からタンク内へ水を供給したり、止めたりする機能を持つ部品です。浮き玉が上がっていてもボールタップからの給水が止まらない場合は、ボールタップの故障ですので、新しい部品と交換します。


■便器内に流れる水が止まらない場合の対処法


トイレの水は、レバーの動きに連動して、ゴムフロートがフロートバルブから離れると、タンク内の水が便器の中へと流れ出る仕組みになっています。この構造を念頭に置き、確認をしましょう。便器内の水が止まらないということは、タンク内のゴムフロートが正常に機能していないということになります。


まず、ゴムフロートが正常に機能しているか確認しましょう。ゴムフロートをつないでいる鎖が絡まっていたり、ゴムフロートが鎖から外れてしまっていたりした場合には直します。ゴムフロートにゴミが挟まっていたら取り除きましょう。ゴムフロートに穴が開いていたり形が歪んでいたりした場合は、経年劣化ですので新しいものと交換します。


■自分で修理するのが難しいときは業者に依頼する


トイレの水が止まらないという現象はよくあることですので、ホームセンターなどでも部品を手に入れることは可能です。なかなか修理の時間を作るのが難しく、自力で直すのが大変な場合は水道修理の専門業者へ依頼するのがベストでしょう。時間も手間もストレスも省くことができますし、仕上がりも安心できるものになります。


トイレの水が流れ続ける現象をDIYで直そうと思いつつ、何年も経過しているといった方は、水道職人まで一度ご相談ください。トイレのみならず、さまざまな水回りの点検・交換などについても対応しておりますので、困った時にはいつでもお気軽に電話受付までご連絡ください。



福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

公式LINEアカウント始めました!お友だち募集中
お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315