【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 洗濯機の水圧が弱くなった!元通りにするための解決策とは

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗濯機の水圧が弱くなった!元通りにするための解決策とは

2020年02月04日 水のトラブル
7洗濯機の水圧が弱い、あるいは水が出ないという問題が起きた際には、どのように対処すると元通りの状態に戻せるのでしょうか。自分で行える解決策を紹介すると同時に、水圧低下を予防するためのお手入れ方法を紹介します。

 

洗濯機の水圧が弱まった際に考えられる原因


まずは洗濯機の水圧が弱まる原因を紹介します。考えられる原因は3つで、いずれも簡単にチェックが可能です。まずは原因を特定することから始め、解決方法を導き出しましょう。

 

フィルターがつまっている

洗濯機の本体とホースを結ぶ部分には、ストレーナーと呼ばれるフィルターが接続されています。これは本体にゴミが流れて故障しないように設けられている部品ですが、ここにゴミが溜まり過ぎていると水がせき止められ、水圧に影響が出ます。水流のトラブルが起こる原因としてもっとも可能性が高い箇所なので、真っ先に確認しましょう。

 

パッキンに異常が起きている

洗濯機に水を供給している蛇口を分解すると、水量に影響を与えるパーツの1つであるパッキンが出てきます。これが経年劣化によって癒着していたり、破損していたりする場合には水圧が弱まることがあります。分解してみなければ破損の有無を確認できませんが、フィルターに問題がなければ、次のチェックポイントとして確認すべきです。

 

メーターバルブが閉まっている

水道料金の検針などで使うメーターボックスの中には、水圧をコントロールするメーターバルブが収納されています。これが何らかの理由で締められている場合は水圧の弱さに直結するため、改善が必要です。ただし、これは家庭内のすべての水圧に影響する物なので、他の蛇口に影響がないという場合には洗濯機の水圧不足とは無関係です。

 

洗濯機の水圧を元に戻すための解決策


原因を特定することができたら、解決へと移りましょう。メンテナンスや調整の変更は自力でも可能ですが、一定の専門知識や技術が求められる場面もあります。無理をせず、改善が難しいと感じたら専門家に相談することも視野に入れましょう。また、作業開始前には必ず水道の元栓を締めてください。

 

ストレーナーを掃除する

洗濯機につながるホースを外すと、ゴミが溜まるフィルター部分を分解して取り出せます。この中にゴミや錆びが溜まっている場合は歯ブラシなどを使って除去し、元通りに接続し直してください。あまりにも汚れが酷く不衛生な場合や汚れが落ちない場合は、品番を確認して新品に交換することもおすすめです。

 

パッキンの交換を行う

蛇口部分に付いているナットを、レンチを使って緩めて蛇口を分解します。するとゴムのパッキンと金属のパッキン、棒状のスピンドルなどのパーツに分かれるので、パッキンの汚れと癒着を取って組み直してください。この際にパッキンを新品に交換するか、水栓グロスを塗って滑りやすくすると、事後の再トラブルを防ぎやすくなります。

 

メーターバルブの設定変更は水道局に相談する

家庭内全般の水圧が弱まっている場合は、メーターバルブを開けば水圧が改善される可能性があります。自力でも修正できますが、何らかの理由で水道局が意図的に水圧を弱めているかもしれません。念のため事前に水道局に相談し、水圧を強めたい旨を伝えるとトラブルを避けられます。

 

洗濯機の水圧は日頃のお手入れで維持できる!


洗濯機は日常生活に欠かせない物ですので、突然トラブルが起きてしまうとパニックに陥ります。未然に問題を防ぐためには、日頃のお手入れや使い方の改善が必要です。なるべく余計な修理をせずに済むように、できることを日頃から行いましょう。

 

フィルターを定期的に点検する

とくに近隣で水道工事が行われた直後などは、そこで発生したゴミが家庭の水道管にも流れやすくなるため、フィルターに大きなゴミが溜まることもあります。放置するとゴミがこびり付いて取れなくなることもあるため、定期的にフィルターの点検と清掃を行い、つまりを予防しましょう。

 

定期的に蛇口を開閉する

洗濯機の水栓をコントロールする蛇口は、その他の蛇口と違い、普段はあまり触る機会がありません。気温の変化などが原因で蛇口が固まると、異常が発生した際に分解することが困難になりますので、定期的に蛇口をひねって開閉し、癒着を防いでください。

 

解決が難しい場合は専門家に相談する

水道に関連する部品は消耗品であり、何らかの破損が原因で水圧に影響を及ぼすことも珍しくありません。解決が困難に感じた場合は、洗濯機本体や蛇口の故障を防ぐためにも専門家に相談し、修理を依頼しましょう。

 

まとめ


洗濯機の水圧が弱まる原因は、ストレーナーのつまりか、パッキンの破損のいずれかが大半を占めています。どちらも解決が困難に感じた場合は、なるべく早めに専門家に相談しましょう。

 

ふくおか水道職人では、博多区や東区、城南区など福岡市内の他、飯塚市と久留米市など福岡県内全域にも即時作業員を派遣し、原因の究明と問題の解決を行っています。洗濯機の水圧に異変を感じたら、ぜひ気軽にご相談ください。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315