【水道局指定工事店】福岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » トイレタンク内からの水漏れの原因は何?自分でできる対処法を紹介

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレタンク内からの水漏れの原因は何?自分でできる対処法を紹介

2021年05月21日 トイレのトラブル


トイレの水を流していないのに、トイレタンクの中から水が流れる音が聞こえてきたり、便器の水面が常に揺れていたりする場合は、タンク内で水漏れを起こしている可能性があります。
トイレの水漏れを放置すると、水道代に影響が出てきますし、床が水浸しになったり、トイレが使えなくなったりしてしまいます。
そのため、使っていない時もチョロチョロと水が流れている場合は、早めに対処する必要があります。

今回は、トイレタンク内から水漏れする原因と対処法について紹介します。

給水装置の故障

トイレタンク内からチョロチョロと水が流れ続ける原因の1つに、タンク内の給水装置が故障している可能性があります。
給水装置が故障すると、なぜ便器に水漏れが起きるのでしょうか?

トイレタンク内では、タンク内の水位を調整する「ボールタップ」という装置を使って給水しています。
ボールタップはトイレの給水管と繋がっており、アームの先に浮き球が付いています。
水が少なくなると浮き球が下がってボールタップの弁が開き、給水管へ水が供給されます。水が十分に供給されると浮き球が上がり、弁を閉じることで水が止まります。
タンクの上に手洗い場のあるトイレは、ボールタップと手洗い管がホースで繋がっており、水が出るようになっています。

このようにしてタンク内に水を供給しているボールタップですが、故障や不具合が起きると、水位の上昇とともに浮き球が上がった時、弁がしっかり閉まらなくなることがあります。そうなると水が止まらず、流れ続けてしまいます。

タンク内で水位が上がり続けると、そのうちにあふれ出てしまいそうですが、水を逃がすため「オ―バーフロー管」という器具が取り付けられています。
水があふれそうになるとオーバーフロー管を通って便器の方へ水が流される仕組みになっています。
これが、チョロチョロと水が流れ続ける現象の原因です。


ボールタップの修理方法

ボールタップが原因の水漏れを修理する際は、まず、作業前に必ずトイレの止水栓を締めましょう。
止水栓の場所がわからない場合や、止水栓が固くて回せない場合は、水道の元栓を締めてください。
そして、トイレタンク内を空の状態にするためにトイレを流します。

新しいトイレの場合、ボールタップ内に取り付けられている「ダイヤフラム」という部品に不具合が起きることが多いです。
新しいトイレと古いトイレの見分け方は、給水管の位置でわかります。
新しいトイレには給水管が下部に接続されており、古いトイレは側面に接続されています。「シュー」という空気が漏れるような音とともに水漏れを起こしている場合は、ダイヤフラムが故障している可能性があります。
この場合、ダイヤフラムを交換することで水漏れが解消されます。

ボールタップから浮き球、ナット、ダイヤフラムの順に取り外し、新しいダイヤフラムと交換しましょう。
水が止まらない原因がわからない場合は、ボールタップごと新しいものに取り替えると良いです。

ボールタップやダイヤフラムは、ホームセンターで購入することができます。
これらの部品を購入する際は、事前にメーカーや品番をしっかりと確認しましょう。
交換の手順は比較的簡単ですが、正しく取り付けられないと、水漏れが改善しなかったり悪化したりしてしまいます。
部品に付属している施工手順を十分に確認して行いましょう。
また、修理に自信のない人は専門業者に相談することをおすすめします。


排水機能の故障

タンクの排水口を開けたり塞いだりして水を調整しているのが「フロートバルブ」です。
洗浄レバーを回すことで、タンクの底にあるフロートバルブが開いて便器に水を流します。比較的新しいトイレのフロートバルブはプラスチック製ですが、古いトイレにはゴム製のものが多く、劣化して変形することがあります。

変形によって隙間ができたり、ゴミがフロートバルブと排水口の間に挟まったりして水漏れを起こします。
また、オーバーフロー管もトイレタンクの排水機能に関係しているので、この部分の破損によっても、水漏れを起こす可能性があります。


フロートバルブとオーバーフロー管の交換方法

フロートバルブとオーバーフロー管を交換する際は、事前にトイレの止水栓か水道の元栓を必ず締めて、水が出てこないようにしましょう。

そして、トイレの水を流してトイレタンク内の水を空にしてください。
また、劣化した部品を手で触ると汚れるので、ゴム手袋を着用することをおすすめします。それでは、交換の手順を紹介します。

1.洗浄レバーに繋がっているチェーンを外します。
2.タンク内に手を入れて底にあるフロートバルブを取り外します。
3.タンクの底に小さなゴミが溜まっている場合は、きれいに取り除きます。
4.新しいフロートバルブに取り替えます。
5.止水栓や元栓を開けてタンク内に水を溜めます。

オーバーフロー管は、ひねるだけで取り外せる場合、そのまま新しいものと交換してください。
簡単に取り外せないものはタンクを取り外す必要もあるので、難しい作業が必要です。
素人が交換するのは難しいので、専門業者に相談しましょう。

また、トイレタンク内の修理を行う場合は、修理に関係ない部品に触らないようにしましょう。
関係ない箇所に当たったり誤って取り外したりして、他のトラブルを引き起こすこともあります。


原因がわからない場合は水道修理業者へ

今回は、トイレタンク内の水漏れの原因と対処法について紹介しました。
水漏れの箇所が特定でき、修理の知識や部品を用意できれば、それほど手間をかけずに解決することができます。
しかし、原因がわからなかったり修理をする自信がなかったりする場合は、水道修理業者を依頼することをおすすめします。

ふくおか水道職人は、北九州市、大牟田市、飯塚市、田川市、柳川市など、福岡県内で水回りのトラブルに困っている方のもとへすぐに駆けつけます。
修理の受付は24時間365日行っており、1時間以内にプロのスタッフが現地へ訪問します。トラブルの原因を特定し現状を把握して、修理の内容や費用などについて提示してから作業を始めます。
お見積りは無料なので、まずはお気軽にお電話ください。


福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315