【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 水道から水が漏れる時の原因や対処法とは?

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道から水が漏れる時の原因や対処法とは?

2018年09月10日 水漏れトラブル

水道から水が漏れる時の原因や対処法とは?
生活の中でも使用頻度の高い水道。水漏れが発生してしまうと使用できなくなるため、早急に原因を特定することと、可能であれば対処法を実践することが早期解決に繋がります。

今回は、そんな水道から水が漏れる時の原因と対処法について解説していきます。

今後水漏れが発生した時に困らないためにも参考にしてみてください。



ハンドルやレバーから漏れるのはナットの緩みが原因


水道から水が漏れる原因はいくつかあり、そのうちハンドルやレバーから水が漏れる時には、ナットの緩みが水漏れの原因である可能性が高いです。


ハンドルやレバーから水漏れが出ている場合は「チョロチョロ」「ポタポタ」といったような、水が少しずつ漏れている可能性があるので、このような症状の場合は、ナットを締め直したり、部品の交換を行ったりすることで改善することがあります。

ナットの緩みやパーツ交換だけであれば、ご自身で直すこともできますが、どこが破損しているのかわからない時には、水道職人にお任せください。早急に原因を特定し、対応させて頂きます。


吐水口から水がポタポタ流れるのはフィルターの汚れが原因


水道から水漏れしていても、ハンドルやレバーを見ても故障していない場合は、吐水口のフィルターやカートリッジが汚れている可能性があります。

蛇口の種類によっても状況が異なりますが、蛇口の吐水口は網目状のフィルターや標準で浄水するためのフィルターが設置されていることがほとんどです。

吐水口からポタポタと水漏れが発生している場合は、このフィルターの部分が汚れていて漏れている可能性があるので、目視で確認してみて、汚れているようであれば洗浄すれば水漏れが改善されるでしょう。


日頃は目につかない部分ですが、水を何度も使用していると吐水口にも汚れは付着していきます。清潔に維持するためにも、気付いた時には吐水口も綺麗に洗浄するように意識しておきましょう。


配管やパイプの付け根から漏れるのはパッキンなどの内部パーツが原因


水漏れが発生している箇所が、配管やパイプの付け根から出ているのであれば、パッキンや内部パーツといった部分が劣化していたり、破損していたりする可能性があります。

パッキンやコマ、バルブといった物が劣化・破損すると、水道の水漏れが発生することがあるので、細かく分解して内部の様子を確認してみてください。


分解した後に新しい内部パーツと交換したら、綺麗に元に戻す必要があります。この時に、間違えて戻してしまうと、さらに水漏れの原因を作ってしまうことが考えられるので、どのように分解したのか覚えておくようにしましょう。

分解して内部パーツを確認する方法に自信がない場合は、プロにお任せください。すぐに確認して、何が劣化・破損しているのか見極めて、新しい部品に交換させて頂きます。


蛇口の付け根からの漏れはねじ巻き部分の劣化やつまりが原因


蛇口の付け根から水漏れが発生している場合は、ねじ巻き部分が劣化している可能性があります。ねじ巻き部分は補修しなければ、水漏れが直ることはないので、修理の依頼を出す必要があるでしょう。

また、同時につまりが発生している可能性もあるので、ねじ巻き部分を補修するのと同時に、配管内部を洗浄すれば、つまりも改善することができます。


水道から水漏れが発生した時の手順


水道から水漏れが発生する時の原因について解説していきましたが、実際に水漏れが発生した時には、どのような手順で改善していくべきなのか、詳しい内容を解説してきます。


1.止水栓や元栓を締める

水道から水漏れが発生している場合、症状や原因が判明したのであれば、すぐに止水栓や元栓を締めるようにしましょう。

水が流れている状態のままであれば、修理を行うこともできないどころか、水道代もかかってしまいます。先に水の流れを止めてしまいましょう。


2.蛇口の分解

水を止めた後は、水漏れが発生している原因である箇所を修理するために、蛇口を分解します。バルブやナットといった外側のパーツを締めるだけで改善できればいいのですが、内部パーツが問題であるケースも多いため、分解の作業は重要です。

見た目に劣化・破損している箇所を見つけるためにも蛇口を分解して、水漏れの原因を探りましょう。


3.部品の取り換え

内部で劣化・破損しているパーツを発見した後は、新品の部品に交換します。内部パーツはホームセンターでも購入することがあるので、該当する品番や製品名を確認して部品を取り換えましょう。


4.組み立て

劣化・破損していた内部パーツを交換した後は、元通りに組み立てを行いましょう。この時に、全く同じように組み立てていかないと、上手く蛇口が稼働しなくなるので注意が必要です。また、ナットやボルトも締めすぎず、緩すぎない加減で組み立てを行うことが重要になります。


水道の水漏れはご自身で直すことも可能ですが、手に負えないと感じた時には、水道職人に一度ご相談ください。すぐに駆け付けて水道が使えるように、的確な修理を行います。水トラブルにお困りの際は、お気軽にご相談ください。ご連絡をお待ちしております。



福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

公式LINEアカウント始めました!お友だち募集中
お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315