【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 浴室の排水口から水が逆流してくる…原因を解説します

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

浴室の排水口から水が逆流してくる…原因を解説します

2018年09月26日 水漏れ応急処置
浴室の排水口から水が逆流してくる…原因を解説します
水を多く使用する浴室ですが、水トラブルの中に排水口から水が逆流してくるといった問題が発生する事例があります。なぜ排水口から逆流してくるのか、原因を知りたい方も多いでしょう。

今回は、そんな浴室の排水口から水が逆流してくる時の原因や対処法について詳しく解説していきます。また逆流が発生しないための予防法についても紹介していきますので、参考にしてみてください。


排水口から水が逆流する理由

浴室でシャワーを浴びていたら、排水口から水が逆流してきたという経験がある方はいるのではないでしょうか。実は排水口を綺麗に掃除していないと、ゴミや石鹸カスが溜まってしまい、水が溢れて浴室に水が逆流してしまうことがあるのです。

まず浴室では髪の毛が流れることが多く、特に女性であれば髪の毛が長い方が多いため、排水口のつまりを誘発させてしまう可能性があります。1日で水が逆流してしまうことはありませんが、掃除をしないと徐々に髪の毛が蓄積されていき、水の流れが悪くなることで、水の逆流が発生してしまうのです。

また石鹸カスも、少量であればつまることはありませんが、それが毎日積み重なっていけば、排水管の中で徐々に大きくなっていき、水が流れないほどの大きさまで成長してしまうことがあります。

浴室を掃除する時には、床や壁だけでなく、排水口や排水管内も掃除を行うことが大切です。逆流を発生させないためにも、定期的に排水口や排水管内は綺麗にしておきましょう。


排水口の逆流が発生した場合の対処法

定期的な掃除を怠ってしまい、排水口から水が逆流してしまった場合、どのような対処法を行えばいいのでしょうか。詳しい対処法を解説していくので、逆流が発生してしまった際に備えて把握しておきましょう。

・お湯を排水管に流す

浴室で排水管がつまってしまい、逆流が起こってしまう原因は、人の油脂が固まってしまっている可能性があります。お湯を排水管に流し、油脂を溶かすことで逆流を防ぐことができます。

しかし、熱すぎるお湯は、排水管の破損を招く恐れがあるので、60度より低い温度のお湯を流すようにしましょう。

・ラバーカップを活用する

トイレつまりが発生した時に活用することが多いラバーカップですが、浴室の排水管がつまってしまった時にも有効活用することができます。

比較的小さい物が浴室の排水管につまっていて、水が逆流している場合は、大抵ラバーカップで改善することができます。
何度も押したり引いたりすることで、つまっている物が流れているので、ホームセンターで購入して実践してみてください。

・パイプクリーナーを使う

排水管のつまりで浴室の水が逆流しているのであれば、パイプクリーナーを使用して排水管を掃除する方法がおすすめです。

ただパイプクリーナーは劇薬であるため、使い方は誤らずに正しい方法で活用するようにしましょう。手に付着してしまわないように、パイプクリーナーで掃除を行う際は、手袋を着用して使用してください。


排水口から悪臭がする場合

排水口に髪の毛や石鹸のカスといった物がつまっていると、悪臭が漂ってしまうことがあります。そうなると、掃除をするのも一苦労です。
そんな時は、重曹とお酢を使って排水管のつまりを改善すると共に、悪臭も消してしまうことをおすすめします。
まず重曹を排水口に入れて、その後にお酢を入れるだけで泡が発生して、悪臭の原因を取り除いてくれるので、一度実践してみてはいかかでしょうか。
重曹とお酢を入れてから半日くらい経ってからお湯を入れれば、つまりが解消されます。
また、逆流を防ぐだけではなく、嫌な臭いも消えているはずなので、簡単に排水管のケアが可能です。


排水口つまりの予防法

一度排水口がつまってしまうと、水が逆流することがあります。そのため、事前に予防することが大切です。
浴室の排水口つまりの原因の多くは、髪の毛や石鹸カスが溜まることで引き起こされます。
予防方法としては、ネットを排水口にかぶせておくことで、髪の毛や石鹸のカスだけでなく、大きな異物が流れることを防いでくれます。
後は溜まった髪の毛や石鹸カスを捨てて、新しいネットをかぶせれば、簡単に排水口の掃除が出来るでしょう。排水管まで掃除するのが面倒という方は、ぜひ一度実践してみてください。
浴室の排水口から発生する逆流は、主に排水管がつまってしまうことで生じる現象です。大切なのは、髪の毛や石鹸カスがつまらないように予防をしておくことが重要になります。
もし発生した場合は、今回紹介した対処法を実践してみることをおすすめしますが、それでも自分で解決できないこともあるでしょう。

排水菅のつまりを放置していると、最悪のケースでは排水菅の交換が必要になります。そのため、早めにご連絡頂くことをおすすめします。
お気軽に水道職人にご連絡ください。24時間365日ご相談を受け付けております。排水菅の奥に問題が生じた場合、排水管を点検・掃除を行い、原因を改善させて頂きます。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315