【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 給湯器から水漏れ!これも水トラブルなの?

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

給湯器から水漏れ!これも水トラブルなの?

2018年09月26日 水のトラブル
給湯器から水漏れ!これも水トラブルなの?
家のお湯を沸かすために活用される給湯器。ここから水漏れが発生している場合、必ずしも水トラブルとは限りません。水漏れの原因によっては、すぐに改善することができる可能性もあります。

今回は、そんな給湯器から水漏れが発生している時の原因や水漏れを放置すると、どんな危険があるのか、詳しい内容を解説していくので、参考にしてみてください。


給湯器の水漏れの原因

まず大切なのが、給湯器の水漏れはどのようにして起こったか、原因を特定することです。発生する原因を事前に把握しておけば、対処する際もすぐに行動することができます。給湯器の水漏れの原因を紹介していくので、参考にしてみてください。

・配管が凍結している

冬場の寒い季節に生じる給湯器の水漏れは、配管が凍結することが原因です。気温が低い時に、給湯器が寒冷地仕様でなかった場合、配管内で水が凍ってしまい、体積が膨らむことで行き場を失ったことから、配管を破裂させてしまうことがあります。

配管が破裂すれば、必然的にそこから水漏れが発生するので、水漏れを防ぐためには配管を新しい物に交換する必要があるでしょう。

・部品の経年劣化によるもの

給湯器の接続部分には、内部パーツが使われていて、その中に水漏れ防止用のパッキンが設けられています。このパッキンは10年が寿命と言われていて、10年を超えるといつ劣化してしまって水漏れが引き起こされるかわかりません。

一つの給湯器にパッキンは複数使用されていますが、一つのパッキンが劣化してしまって水漏れした場合は、他の部分のパッキンも劣化する寸前と考えて、新しい物に交換することをおすすめします。

・長期間使っていなかった

長期旅行などで、給湯器を使用していなかった期間が続いた場合、給湯器内の圧力が高まり、水抜き栓から水漏れが発生する可能性があります。

この場合は故障ではなく、時間が経てば解決することがあるので、一度放置してみましょう。それでも水漏れが発生している場合は、どこが破損している可能性があるので、給湯器全体をチェックしてみてください。


給湯器の寿命は10年前後

基本的に給湯器の寿命は10年前後と言われています。中には10年を超えても問題なく使用できるということもありますが、一般的には10年を超えて使用すると、故障が発生してしまうことが考えられるでしょう。

内部で使われているパッキンの寿命も10年前後であることから、10年を一つの目安として、買い替えも検討してみることをおすすめします。

どこかの内部部品が経年劣化で水漏れした場合は、給湯器自体が寿命を迎えている可能性もあります。その場合は、故障する度に部品を交換するのではなく、思い切って給湯器本体を買い替えた方が安くつくこともあります。


給湯器の水漏れは放置すると危険

給湯器から水漏れが発生していても、すぐには修理や交換しなくても大丈夫と考えていては危険です。放置する時間が長いほど、危険性も増すので、出来るだけ早めの修理することをおすすめします。

給湯器の水漏れを放置すると、どれくらい危険なのか、詳しい内容を解説していきましょう。

・一酸化炭素中毒になる

ガス給湯器であった場合、内部で水漏れが発生していれば、不完全燃焼を引き起こしている可能性があります。基本的には、内部で水漏れが発生した場合、安全装置が作動して停止するようになっていますが、場合によっては安全装置が作動しない可能性もあるので、過信しすぎないようにしましょう。

不完全燃焼を引き起こしていた場合、一酸化炭素が発生します。一酸化酸素は臭いがしないことから、気づかず、一酸化中毒を引き起こすことがあるので十分注意しましょう。

・賃貸では階下に水が流れる

最初は些細な水漏れであったとしても、パッキン一つが破損してしまうと、給湯器の周りが水浸しになるほどの水漏れが発生してしまうことがあります。

その場合、賃貸であれば階下の人に迷惑をかけてしまうことがあります。それだけでなく、家電や家財を破損してしまった場合、高額請求を受けることになるかもしれません。

給湯器の水漏れを放置していると、最悪の事態を招くこともありますので早めに対処しておくことをおすすめします。


給湯器の故障は自分で修理はできるのか

給湯器が壊れてしまった場合、修理するためには当然ながらお金がかかります。そのため、中には自分で修理を使用とする方もいますが、給湯器の故障は自分で修理しても問題ないのでしょうか。

実際パッキンなどであれば、自分で新しい物と交換することはできるかもしれません。しかし、一度分解して正確に組み立てを行わないといけなくなるので、自分で修理を行うには限界があります。
その場合、さらに水漏れの症状が悪化する恐れがあるので、自分で修理を行うのが難しい場合は、無理せずにプロの業者に依頼した方が早いでしょう。

修理費用を節約せずに、専門的な分野に特化した業者に頼ることをおすすめします。
その際には、水道職人にご相談ください。24時間365日お電話を受け付けているので、急な水トラブルにも対応しています。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315