【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 水道料金は水漏れの分も支払う?一部減額が可能!

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道料金は水漏れの分も支払う?一部減額が可能!

2019年01月30日 水漏れトラブル
1.

唐突に発生した水漏れは、すぐに防いだとしても、通常より水道料金が高くなってしまいます。こんな時、水道料金は自分で負担しないといけないのでしょうか。

水漏れは配管や蛇口が劣化することで発生します。使用方法に問題がなくても、意図せず発生してしまう場合もあります。ご自身でも使用してない分も水道料金を支払うのは疑問に思う方もいるかもしれません。では、どのような状況の時に一部減額が認められるのか、ここで詳しい内容を解説していきます。


基本は水漏れ分もご自身で負担

水漏れで発生した水道料金は、自分で使用したものではないため、支払いたくないと考える方も多いでしょう。しかし、基本的には水漏れで発生した分の水道料金もご自身が負担しなくてはいけません。

土の中や壁の中の配管から水漏れした場合でも、水道管が契約者の専有区域となります。そのため、水道料金の支払い義務が発生します。何らかの理由がなければ、減額は認められません。

しかし、使用方法に問題がなく、発見が難しい場合は減額されるケースもあります。申請した内容が通れば、減額してもらうこともできるので、どのような状況で水漏れが発生したのか把握しておきましょう。

水道料金が返金される場合は、水漏れしていない時期2ヶ月~4ヶ月間の水道料金を参考にします。水漏れを起こした時期の中で、普段の水量を超えた50%程度が減額されるのが一般的な対応になります。

減額されるのはあくまでも見えない箇所で水漏れが発生した場合です。トイレやキッチンといった見える範囲での水漏れについては、減額の対象にならないので注意しましょう。


水漏れに伴う減額について

基本的に水道局の配水管から分かれて、家庭に支給されている給水管や水道設備については、ご自身で管理する必要があります。そのため水漏れが発生した時に、水道料金をご自身が負担しなければいけません。

しかし、地中や建物といった給水菅が露出していない部分からの水漏れについては、適切な管理を行っていたとしても発見が困難です。そのため、一定の基準を満たす場合に限り、水漏れの際の水道料金の一部減額が認められる制度があります。ご自身の家庭で発生した水漏れが適用されるのか、事前に確認しておきましょう。

ただ減額になるのは、水漏れが発生したことにより増加した水道料金の一部だけです。水漏れに対する修理などの費用は、ご自身で支払う必要があります。修理にかかった費用を負担するものではないので、理解しておきましょう。


減額の適用基準とは?

水漏れの減額は、水漏れの修理を行った後に、ご自身で申請を行うことで適用されます。その中で、減額の適用基準として認められないケースを紹介していくので、参考にしてみてください。

・水漏れの事実を知りながら修理を行わなかった
水漏れの事実とは、水道メーターから蛇口までの間に発生した水漏れのことを指しています。水漏れが発生していることを知りながら、修理を速やかに行っていなかった場合は、減額の適用基準として認められなくなってしまいます。些細な水漏れでも発見した場合は、水道業者に連絡して、修理を依頼しましょう。

・過去の実績使用水量と水漏れ後の水量と変化が見られなかった場合
水漏れの事実が判明し、2ヶ月~4ヶ月前の使用水量と水漏れ後の水量をと比べてみて、それほど差が見られなかった場合は、減額の対象にならないことがあります。

実際に、使用水量に変化が見られなかった場合は、負担する水道料金も高額になることがないので、減額されなくても大きな負担にはならないでしょう。

・不注意による水漏れ
蛇口の締め忘れは、水漏れを起こす原因となります。ご自身や家族が気を付けていれば、水漏れが発生しなかったというケースでは、減額の適用基準として認められないことがほとんどです。

特に出かける際に水漏れの被害が拡大することが多いため、ご自身で注意することが大切です。

他にも細かい適用基準が設けられているので、ご自身の家庭で発生した水漏れが、適用基準に該当しているか把握しておきましょう。


減額申請を行う指定工事店とは?

地域によって減額申請を行う方法は異なります。減額申請を「指定工事店」が行うこともあります。指定工事店以外から申請することも可能ですが、指定工事店以外から減額申請を申し込むと、減額対象から外れてしまう可能性があります。何か特別な理由がない場合は指定工事店から減額申請を申し込むことをおすすめします。

指定工事店とは、水道局が適切な水道設備や工事を施工できる業者として認められている業者です。

修理を依頼する場合も、電話する業者が指定工事店なのか、調べておいた方がいいでしょう。

水道職人は、水漏れの修理に対応している指定工事店になります。お困りの際は、お気軽に電話でご相談ください。速やかに駆けつけて、問題解決に尽力させて頂きます。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315