【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » トイレの床から水漏れ!?原因別の対処法をご紹介します

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの床から水漏れ!?原因別の対処法をご紹介します

2019年11月29日 水漏れトラブル
6
できれば起こって欲しくない「トイレの水漏れ」ですが、突然起こった場合にはどうしたらよいのでしょうか?トイレの床の水漏れでお困りの方へ、考えられる原因や修理方法を解説します。考えられる原因をご紹介していくので、トイレで水漏れが発生してしまったら参考にしていただければと思います。

■トイレの床から水漏れする原因

トイレの床に水が濡れてしまう原因として考えられるのは、以下の6つです。まずは、水漏れがなぜ起こるのか、その原因を特定しましょう。

-結露による水滴
寒い季節に窓サッシの内側が濡れる「結露」という現象をご存じでしょうか。同じように、トイレ内でも季節には、結露が発生します。トイレ空間の温かい温度と、便器やタンク内の水の温度に大きな差ができることにより結露が発生し、床にまで垂れたことが予測できます。
これは、トイレの故障というよりも、環境が原因です。便器やタンクの外側に付いた結露は、雑巾で拭いましょう。

-床下排水管の劣化
トイレの床下には排水管が通っています。地震や何らかの理由でその排水管にひびが入ってしまうと、隙間から水漏れが発生する原因となります。時には臭いを伴うこともあり、悪臭で排水管のひび割れに気がつくことも。床下排水管の劣化が原因の場合には、床を剥がしての工事が必要となりますので、DIYでの対応は難しくなります。早急に専門業者へ修理の依頼をするのが賢明です。

-トイレの設置不良
トイレを設置して間もない時期やリフォーム直後に床が濡れた場合には、設置不良が疑われます。便器と排水管を接続する際にズレが生じてしまっていることが考えられますので、トイレを設置した業者に連絡し、早急に対処してもらうようにしてください。

-便器のひび
頑丈なイメージの強い便器ですが、陶器製のため、割れる可能性も少なからずあります。例えば、トイレ内に設置してある棚から物が落ちたりすることで、以外と簡単に便器にひびが入ってしまうのです。便器のひびは、場所が悪いと水漏れにつながりますので、普段から傷つけないように気を付けたいですね。

-ウォシュレットからの水漏れ
ウォシュレットでは、タンク部分や給水の接続部分から水が染み出てくることがあります。原因は、パッキンやその他の部品の劣化である可能性が高いです。漏れた水が床に伝って濡らすほどになるケースも少なくありません。ウォシュレットからの水漏れに関する対処法は、のちほど詳しく説明します。

-タンクや給水管の接続部からの水漏れ
トイレタンクには、便器内に水を流すため、水を供給する給水管が接続されています。この接続部分に使われているナットの緩みやパッキンの劣化が原因だと考えられます。

■【原因別】トイレの床から水漏れしているときの対処法

では、水漏れの原因別に対処法をご紹介していきます。DIYで修理できるものもあれば、業者に修理を依頼したほうがよいものもありますのでご注意ください。

-便器のひびが原因の場合
DIYでできる範囲は、防水パテやコーキング材によるひび割れ補修です。パテやコーキング材はホームセンターなどで簡単に手に入れることができます。ひびの面積が大きい場合には、業者へお願いしたほうがよいでしょう。

-ウォシュレットからの水漏れが原因の場合
床の水漏れの原因がウォシュレットかもしれないと感じたら、まずは以下の2点を確認してみてください。

・元栓が開きすぎていないか
・汚れが付いていないか

これら2点に問題があった場合は、元栓を少し閉める、汚れを掃除するといったことで水漏れは改善します。

上記2点に問題がないのに水漏れが起こっている場合は、パッキンやその他の部品が劣化していると考えられます。自分での修理は難しいので、業者への修理の相談をおすすめします。

-タンクや給水管の接続部からの水漏れが原因の場合
接続部分にあるナットが緩んでいたらしっかりと締め、パッキンが劣化していたら新しいものと交換しましょう。タンクから水が滴っている場合は、タンク内部のゴムフロートやボールタップが劣化している可能性もありますので、これらの部品も交換してください。

■トイレが水漏れしていることに気づいたら、できるだけ早く対処しよう

水漏れによってトイレの床が常に濡れた状態となっている場合、床にカビが生えるなど、衛生面でも問題が発生してしまいます。わずかな水漏れでも、そのまま放っておくと、床が水浸しになってしまうような事態になる可能性もありますので、気がついたらできるだけ早急に適切な対処をすることが大切です。

■まとめ

トイレの床が濡れていても、見た目では分からず、踏んで冷たさにびっくりして水漏れに気がつくことも少なくありません。
トイレの床に水漏れを見つけ、対処に困ったら、弊社までお気軽にご連絡ください。福岡市内全域だけでなく、北九州市、久留米市、飯塚市まで駆けつけます!

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315