【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 水漏れはどこから発生している?発生しやすい箇所を解説!

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水漏れはどこから発生している?発生しやすい箇所を解説!

2018年12月26日 水漏れトラブル
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水漏れは、水を使用しているところであれば、どこでも発生するリスクがあります。しかし、実際に水漏れが発生しても、どこで起こっているのかわからないケースもあるでしょう。

事前に水漏れが発生しやすい箇所を知っておくことで、予防できるきっかけにもなります。どこから水漏れが発生する可能性があるのか、発生しやすい箇所を解説していきましょう。


キッチンは蛇口と排水管に注意

水漏れが発生しやすい箇所として代表的なのが、「キッチン」です。
水を使用する頻度が高いキッチンでは、平均よりも経年劣化の影響を受けやすくなっています。また、洗い物などの油汚れや食べ残したものが詰まり、つまりの原因になりやすい特徴を持っています。
日頃からキッチンは、定期的な点検が大切です。水漏れやつまりが発生していないか確認することが予防につながるでしょう。

キッチンの中でも水漏れ発生しやすい箇所は、「蛇口」が挙げられます。
蛇口は細かいパーツでできている物なので、経年劣化が引き起こされやすく、衝撃に強くありません。

水漏れの症状としては、蛇口から水が止まらなくなったり、蛇口の根本から水漏れが発生するなどのケースが考えられるでしょう。
一般的に蛇口の耐用年数は、10年~15年と言われています。この寿命が過ぎると内部パーツが破損したり、ヒビが入ることがあります。蛇口から水漏れを発生させないためにも、蛇口の寿命が来る前に新しい部品に交換することを心がけましょう。

他にもキッチンで水漏れが発生しやすい箇所として、「排水管」が考えられます。
排水管から水漏れしているケースは、床が濡れて気付くケースが多く、原因は食べ残しや油汚れがつまることで発生するようです。

予防として市販のパイプクリーナーで洗浄を行い、汚れが蓄積しないようにする必要があります。つまりがひどい場合には、排水管の交換も検討しなければならないでしょう。


浴室はシャワーヘッドを確認

家の中で水漏れが発生しやすい箇所として「浴室」も該当します。
水を使用する頻度が多く、大量の水が流れるため、水漏れが発生する可能性が高いのです。

浴室の中でも「シャワーヘッド」が水漏れ発生箇所として考えられます。シャワーヘッドも、キッチンの蛇口と同様に耐用年数があります。寿命が過ぎると、破損や水漏れする可能性が高くなります。

シャワーヘッドからの水漏れを防ぐためには、新しいシャワーヘッドと交換し、水漏れの原因を取り除きましょう。ご自身で取り換えを行う方法もありますが、構造を理解していないと取り付けが難しいので、業者に依頼して交換してもらうことをおすすめします。

他にも、浴室の水漏れとして考えられるのが、蛇口や浴槽からの水漏れです。どちらもご自身で水漏れを修理するのは難しい場合があります。業者に依頼をしたほうが、スムーズに解決できるでしょう。


トイレはタンク内をチェック

家の中で水漏れが発生しやすい箇所として、「トイレ」も考えられます。トイレから水漏れが発生しやすい箇所は、主にトイレタンクが原因であることがほとんどです。

トイレのタンクが原因で水漏れが発生している場合は、「水が流れたまま」・「チョロチョロと水が出る」・「タンクの結合部分からの水漏れ」といった症状が引き起こされます。

タンク内の水漏れは、大した二次被害が発生しないことから放置する方も多くいらっしゃいます。しかし、長期間放っておくと、水道代が嵩んだり、状況が悪化して床下に水が溜まる原因になります。タンク内の水漏れは早急な解決が望ましいでしょう。

タンク内の水漏れは、部品交換することで改善されますが、応急処置として止水栓を締めると良いでしょう。止水栓を締めれば水の流れを止めることができるので、状況の悪化を防ぐことができます。

他にも、トイレの場合は「便器」から水漏れが発生するケースもあります。便器から水漏れが発生している場合は、タンクと便器の結合している部分の不具合やヒビ割れが原考えられます。欠損している部品を交換することで改善されることもありますが、状況次第では便器本体を交換する必要もあります。

便器は破損すると、ご自身で修理することは難しいので、故障を疑う場合は速やかに業者に連絡しましょう。


水漏れは音や臭いで察知しよう

水漏れは蛇口や排水管が寿命を迎えることで、発生する可能性があります。そのため、耐用年数を理解して、定期的に点検することで予防することが可能です。

他にも、水漏れが発生している箇所を特定するために重要なのが、音と臭いです。
水漏れが発生している場合は、その部分から音がします。水を使用していないのに、水が流れる音が聞こえるという場合は、水漏れしている可能性を考えましょう。
排水管が破損して水漏れが発生している場合は、下水の臭いがします。そのため、臭いでも水漏れを見極めることが可能です。

よく観察し、水漏れ発生箇所を特定していきましょう。特定した後は、速やかに業者に連絡し、修理を依頼しましょう。

水道職人であれば、つまりから水漏れなど水トラブル全般に対応しています。お困りの際には、気軽にご相談ください。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315