【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 冬にトイレが凍結?原因や対処法を解説!

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

冬にトイレが凍結?原因や対処法を解説!

2019年01月30日 水のトラブル
9.

給水管や排水管は外気温がマイナス4度以下になると、管内の水が凍結してしまう可能性があります。

そのため、トイレで水を流そうと思っても水が流れなかったり、排水管が凍って流れにくくなったりという状況が発生することがあるため、注意が必要です。

冬にトイレが凍結してしまう原因や対処法はどのようなことが考えられるのでしょうか。


トイレが凍結する原因

冬場にトイレを使用しない時間があれば、定期的な流水がないことで給水管と排水管が凍結する恐れがあります。凍結した場合、どのようなことが引き起こされるのかチェックしていきましょう。

・パイプやトイレが破裂
水は液体から固体になると、体積が増える性質を持っています。そのため、冬場に給水管や排水管で水が凍結すると、パイプが破裂してしまう可能性があるので危険です。

特に、継ぎ目やパッキンに負担がかかり、膨張して破裂する恐れがあります。凍結防止方法や水抜きを行って凍結を防ぐ必要があります。

パイプが破裂してしまうと修理費用がかかるだけでなく、水漏れが発生して被害が拡大する恐れがあるでしょう。二次被害を防ぐためにも、事前の対策が大切です。

・ウォシュレットの凍結
近年では給水管や排水管が凍結しないように、対策が講じられていることが多く、配管の破裂が引き起こされるような事態は減少しているといわれています。

しかし、トイレの場合はウォシュレットが凍結する可能性があります。部品の破損を招く可能性があるので、気を付けなくてはいけません。

破損や故障にならない場合でも、劣化の原因になることがあります。トイレはウォシュレットの凍結防止対策も考えておくことが重要でしょう。
ウォシュレットが凍結によって破損しても、大きな水漏れの被害はありません。しかし、修理費用が多くかかることがあります。

長時間使用しない時や寒い季節の時には、水抜きを行って凍結を防止するように心掛けましょう。


トイレが凍結している場合の対処法

トイレで凍結が発生している場合は、どのような対処法を講じる必要があるのでしょうか。いくつか対処法を紹介していくので、参考にしてみてください。

・室温を高くする
基本的なことですが、室温が高いほど、給水管や排水管は温められ、徐々に凍結状態が解消されていきます。重度の凍結であれば、解凍するまでに時間がかかりますが、軽度な凍結であれば、室温を高くするだけで簡単に解凍することが可能です。

・カイロを当てる
給水管が凍結している場合は、むき出しになっている部分にカイロを当てれば、徐々に解凍することができるでしょう。

特に、細い給水管であればあるほど凍結する時間は早い傾向にあります。給水管を部分的に温めて凍結を解消させていきましょう。

・ぬるま湯をかける
凍結している給水管を解凍させるためには、タオルを巻きつけて、ぬるま湯をかければ、凍結を解消させることができます。

ただし、熱湯をかけてしまうと、急激な温度変化についていけずにパイプが破裂してしまう恐れがあるので気を付けましょう。
ぬるま湯は、40度までが適切な温度といわれています。温め過ぎないように温度調節には気をつけましょう。


給水管と排水管どちらが凍結しているか見極める方法

トイレ内で給水管と排水管、どちらが凍結しているのか判断するためには、どのような方法があるのでしょうか。

・給水管が凍結している場合
水を流すレバーをひねっても、便器に水が供給されない場合は、タンク内を確認してみてください。水の流れを阻害するものがなければ、給水管が凍結している可能性が高いでしょう。

給水管が凍結している場合は、むき出しになっている部分にタオルを巻きつけて、ぬるま湯をかけたり、ドライヤーの熱風で徐々に解凍する対策がおすすめです。

・排水管が凍結している場合
タンクから水が供給されるものの、便器から水が流れない時は、排水管が凍結している可能性があります。部屋を温める方法やぬるま湯を便器に流すことで、解凍することが可能です。

一気に水を流すと、溢れてしまう恐れがあるので、徐々に流して解凍させましょう。


凍結しないための予防法

トイレの給水管や排水管が凍結してしまうと、解凍するまでにかなりの時間がかかってしまうことがあります。改善されるまでトイレを使用することができないのは不便です。事前に予防法を実践しておくことが大切です。

トイレの凍結を予防する方法としては、止水栓を締めて、タンクのレバーを回したり、ボタンを押して水抜きを行うやり方があります。
便器のヒーターを常温にしておけば、凍結防止につながります。一度実践してみてください。

水道職人は、つまりや水漏れから凍結のトラブルも対応しております。水回りのトラブルでお困りの際は、お気軽にご相談ください。修理だけではなく、ご相談も承っております。24時間年中無休で電話受付をしておりますので、お電話ください。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315