【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 井戸ポンプの故障(水漏れ・水がでないなど)の原因と修理方法まとめ

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

井戸ポンプの故障(水漏れ・水がでないなど)の原因と修理方法まとめ

2019年08月30日 ポンプ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
見た目の美しさを楽しむガーデニング・本格的な家庭菜園など、さまざまな生活用水として大活躍する「井戸」。井戸ポンプに突然トラブルが発生したら、水が出ないなどとても困りますよね。そんな井戸ポンプの故障原因と修理方法を解説していきます。


■井戸ポンプの故障の症状と修理方法・原因

地下水を強力な力で地上までくみ上げる井戸ポンプは、経年劣化だけでなく、使い方によっては消耗状態が変わってくる設備です。井戸ポンプに現れるトラブルの代表的な症状7つと、それぞれの対策をご紹介します。

1.水が出ない
水が出ないのは、さまざまな原因が考えられます。
井戸から汲み上げる地下水の水位は、季節によって変動します。特に冬場には寒さによる凍結で地下水位が低くなったり、浅い井戸の場合にはすっかり干上がったりしていることも。呼び水が空の状態になっている場合には、呼び水を溢れるほど注ぎ、空気を追い出すことで解決することが多いです。
また、異物を除去するストレーナーの詰まりや、砂こし器のメッシュに砂などが目詰まりしていても水が出なくなります。
井戸ポンプの故障や給水管の破損などが原因となっている場合には、プロの修理業者に相談しましょう。

2.水の勢いが弱くなる
水の勢いが弱くなるのも、ストレーナーの詰まりや砂こし器のメッシュに砂などが詰まっていることが原因の場合が多いです。このような場合には、詰まった砂を除去することで水の勢いも戻るでしょう。ひどいケースでは、吸い上げパイプが砂に埋まってしまうこともありますが、コンプレッサーがあれば、詰まった砂を一気に吹き出させて埋まったパイプを救うことができます。コンプレッサーがない場合には、水道修理業者にお願いするのも手です。

3.水量が減った
水量が減った場合も同様で、ストレーナー・砂こし器のメッシュが詰まっているのが原因だといえるでしょう。ストレーナーの掃除はDIYでは難しい部類に入りますので、水道修理業者に依頼するのがベターです。水量が減ってしまうという事態になる前に、ストレーナーの定期的な掃除をするようにしてください。

4.水漏れする
水漏れする場合は、冬場の凍結により井戸ポンプが破損していたり、経年劣化により部品が摩耗していたりすることが原因だと考えられます。井戸ポンプの修理や部品交換となりますが、場合によっては井戸ポンプの交換となることもあります。配管の交換は素人には難しいので、まずはプロの業者に相談して故障箇所を見極めることをおすすめします。
冬場に凍結させないためには、凍結防止ヒーターの電源を常にオンにしておくようにしましょう。

5.呼び水をしないと水があがらない
呼び水をしないと水があがらない場合は、逆止弁のパッキンが消耗していたり、パッキンの密着部分に鉄分などが付いてしまうことで隙間があったりすることが原因かもしれません。吸い込み口の付け根、もしくは呼び水口以外のもう1つのフタを開けたところに逆止弁がありますので、パッキンを交換し、動作確認をします。たいていのケースではこれで復活します。

6.蛇口を止めてもポンプの自動停止に時間がかかる
蛇口を止めてもポンプの自動停止に時間がかかる場合は、給水管からの水を排水管へと導くインペラーという部品が消耗していないか確認します。また、地下水位が低下していることによって、吸い上げに負荷がかかっている可能性も高いです。ストレーナーが目詰まりしているとさらに地下水の吸い上げが重くなり、圧力センサーがオフになりませんので、ストレーナーの掃除も行いましょう。
もしポンプが止まらなくて困った場合は、フロートに砂が噛んでいないかも確認してみてください。

7.モーターが回らない
インペラーに砂が噛んでいると、モーターが回りにくくなります。モーターを外さなくても、モーターの軸にあるマイナスの切れ込みにドライバーを差し込んで左右に動かすだけで、モーターの回転が改善することが多いので試してみましょう。
なお、事故を未然に防ぐためにも、電源のコンセントを抜いた状態でおこなうようにしてください。


■井戸ポンプの交換を考えるべきタイミング

使用頻度や使い方にもよりますが、井戸ポンプは10~20年ほどで故障がだんだんと増えてきます。消耗した各部品の交換をしたり、砂などの目詰まりを取り除くことで動作が復活したりすることも多いですが、それでもどうにもならない場合には、井戸ポンプ本体や配管の交換を検討したほうがいいでしょう。
配管はそのまま再度使用し、井戸ポンプのみ新しいものへと挿げ替える場合、DIYに手慣れた方であればそれほど難しくありません。配管にトラブルがある場合には、プロの修理業者に依頼するほうが無難です。ストレーナーの掃除も、コンプレッサーを使ったプロの手に任せたほうが時間も手間もかからないでしょう。

弊社では、井戸ポンプの故障や交換、掃除などについてもご相談を受け付けております。生活用水とはいえ、よく利用される方にとってはすぐにでも修理したいもの。そんなときには、24時間年中無休で電話受付を行っております弊社へお気軽にお声がけください。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315