【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 和式トイレのつまりはスッポンで改善!つまりの症状や原因を徹底解説

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

和式トイレのつまりはスッポンで改善!つまりの症状や原因を徹底解説

2019年08月30日 つまり
10
昔ながらの一戸建てや古めの賃貸住宅にお住まいで、和式トイレを大切に使い続けている方もいらっしゃいます。最近では和式トイレの修理方法がだいぶ少なくなってきていますが、今回は、つまってしまった際の原因や対処法などをご紹介したいと思います。


■和式トイレは洋式トイレに比べてつまりにくい

新築で家を建てる場合など、近年では洋式トイレを採用する人がほとんどのようですが、公共施設などでは和式トイレもまだまだ健在です。
実は、和式トイレの構造は洋式トイレのそれよりもつまりにくくなっていることをご存じでしょうか?洋式トイレの便器は、和式トイレよりも水の通る排水口が小さく、流したものが比較的つまりやすい形状をしているのです。

洋式にもメリットはあります。便器のずっと奥のほうで異物がつまっている可能性がある場合、洋式便器は床から取り外して対処ができたり、新しい便器と交換したりすることも容易に行うことができます。一方、和式トイレの便器は床に埋め込んであるため、便器を破壊するなど、対処法が「工事」に限られてくるので厄介な面もあるのです。

そのため、このような事態をきっかけに、和式トイレから洋式へリフォームするケースは大変増えています。


■和式トイレつまりの症状と原因

和式トイレがつまってしまったとき、まず思い浮かべるのがラバーカップ(通称:スッポン)だと思いますが、何がつまっているかによっては状態が悪化する恐れもあります。まずは落ち着いて、現在の症状を確かめることが大切です!
方法としては「水を少しずつ、チョロチョロと流してみること」。その後の反応の違いにより、つまりの原因をおおよそ突き止めましょう。考えられる原因は、症状別に以下の3つとなります。

1.水がスーッと引いていく
この場合は、水に溶けるはずの紙類、もしくは異物が隙間を作った状態でつまっている恐れがあります。自分で何とか対処が可能なケースです。

2.ゆっくり時間をかけて流れていく
時間がかかっても水がだんだんと流れていく場合には、トイレットペーパーなどの紙類ではなく、流すべきではない異物がつまっていることが考えられます。そのままにしておいても溶けることはありませんので、異物が目に見える範囲にある場合を除いて、業者に修理依頼をしたほうがいいでしょう。

3.水がまったく流れず、溢れる
和式トイレの便器内で水が溢れてしまうような場合は、すっぽりと排水管内部を塞ぐような異物がつまっていると考えられます。こうなると自己判断での修理は危険ですので、業者へ相談してください。


■和式トイレのつまりはスッポン(ラバーカップ)を使って対処する

水をゆっくり流してみてスーッと引いていくという症状1であれば、ラバーカップを使って対処が可能です。その形状の特徴により、和式トイレがつまった時に自分でできる対処法は、このラバーカップによる方法のみだといえます。準備するものと手順を解説していきます。

準備するもの
・スッポン
・新聞紙(床を覆えるもの)

手順
➀床の汚れを防ぐため、新聞紙をしく
②便器に半分ほど水をためる
③スッポンを便器の排水口に向け、ゆっくり押しつける
④引き抜く

以上の方法で解消されたら一安心ですね。ところが、つまりを解消した後、いつかまた同じような事態に陥ることも想定されます。庭や家周りに設置されている「排水桝」のフタを開けると、排水管から流れてきたものが見えますので、今回つまらせていたものを特定しておきましょう。


■スッポン(ラバーカップ)でも改善しないときは業者に相談しよう

和式トイレのつまりをラバーカップで解消する手順とポイントをご紹介しましたが、もしそれでも症状が改善しない場合は、無理せずにプロの手を借りることをおすすめします。時間がかかるばかりでなく、二次被害を発生させる危険もあるためです。
まずいえるのは、和式トイレは床に埋め込むかたちで設置されているため扱いが難しい、ということ。場合によっては便器に穴を開けたり、最悪なケースでは便器を割ったりしなければならないこともあります。
また、今回のつまりの原因は便器内で収まらず、その奥の排水管などにあることも考えられます。つまったものが排水管の奥深くまで進み、そこにずっと留まった状態などでは、地面を掘り起こして配管から排水桝までたどりながら原因を特定し、修理工事が必要となることもあるでしょう。
対処しても症状に変化がない場合は、無理をせず、専用の道具で豊富な知識と経験を持つプロの水道修理業者に依頼したほうが、時間も費用も節約できるでしょう。

長い間大切に和式トイレを使われている、家賃の安さから和式トイレ付きの賃貸住宅に住んでいるという方も少なくありません。
突然和式トイレがつまり困った際には、弊社までお電話ください。24時間、年中無休で営業しておりますので、お気軽にどうぞ!

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315