【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » シャワーからの水漏れ!原因と対処法を水漏れ発生箇所ごとに解説

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

シャワーからの水漏れ!原因と対処法を水漏れ発生箇所ごとに解説

2019年11月29日 水漏れトラブル
1
「シャワーから水が漏れている…」と思ったら、まずは原因を調べてみましょう。シャワーのどの部分から水漏れしているかで、対処方法が変わってきます。

この記事ではシャワーから水漏れする原因と対処法を解説します。


■シャワーヘッドから水漏れする場合の原因と対処法

シャワーヘッドの先端から水漏れしている場合、2つの原因が考えられます。

-シャワーヘッド内の残留水が垂れている。
シャワーヘッド内はわずかに水が残るような形になっており、放水を止めた後でも、ある程度水が垂れるようになっています。残留水であれば、放水を止めた状態でシャワーヘッドを上に向けると水漏れが止まります。これはシャワーヘッドの構造上、ある程度は垂れてくるものなので、問題ありません。修理・交換も必要ありません。

-水栓内のバルブが劣化・損傷している
残留水は関係なく水漏れが止まらない場合、シャワーヘッド内にあるバルブの劣化・損傷が考えられます。バルブやボタンは水流をコントロールし、節水効果や止水効果をもたらしたり、伸び縮みしたりといった機能を持っています。

バルブの交換、もしくはシャワーヘッド本体を交換するのがおすすめです。


■シャワーヘッドの根本から水漏れする原因と対処法

シャワーヘッドの根本からの水漏れは「ゴムパッキンの劣化」か「シャワーヘッド本体の欠損」が考えられます。

-ゴムパッキンが劣化している
シャワーヘッドとシャワーホースは、たいていの場合ネジ状になっており、くるくる回して取り外しができるようになっていますが、ここに付いているゴムパッキンが劣化すると、付け根から水が漏れ始めます。この場合、同じ形のゴムパッキンをホームセンターで購入して交換することで修理が可能です。

パッキンは使用箇所によって種類や大きさが異なります。ほとんどの商品には「どの部位に使うパッキンか」が図で示されているので、それを確認して正しい種類のパッキンを購入します。また、ホームセンターには必ず劣化したパッキンを持参し、同じ大きさのものを選びましょう。

-シャワーヘッド本体が欠損している
壁に打ち付ける、床に落とすなど、強い衝撃によってシャワーヘッド本体が欠損している場合もあります。この場合はシャワーヘッドを交換する必要があります。


■シャワーホースから水漏れする原因と対処法

シャワーホースから水がポタポタと滴り落ちている場合、ホースが裂けたり、穴が開いたりしていないか確かめましょう。穴が開いていたら防水テープで補修するか、シャワーホースを交換する必要があります。


■シャワーホースと水栓の接続部から水漏れする原因と対処法

水を出すためにひねる水栓とシャワーホースの接続部が水漏れしている場合の原因を解説します。

-ナットが緩んでいる
接続部のナットが緩んでいるだけの場合、 ナットを締めなおすだけで解決します。ナットをしっかり締めた上で、なおも水が漏れるようであれば、次の原因を疑ってみましょう。

-ゴムパッキンが劣化している
シャワーホースを水栓から取り外すと、つなぎ目にはゴムパッキンが装着されています。パッキンが劣化してボロボロになっている場合、水栓部分のパッキンと交換しましょう。

-エルボが劣化している
エルボとはシャワーホースと水栓をつなぐL字型の金具のことです。ここが劣化している場合も交換が必要です。エルボはたいてい下向きになっているので、シャワーホースを取り外してから横向きにすると、抜くことができます。


■水栓から水漏れする原因と対処法

続いて、水栓そのものからの水漏れの原因と対処法を解説します。水栓を修理する場合、万が一のことがあるので、元栓を閉めておくことをおすすめします。

-ハンドル部分から水漏れする場合
まずは、水やお湯を調節するハンドル部分からの水漏れです。これはハンドル内部のゴムパッキンかバルブの劣化が原因だと考えられます。

ハンドルはクローバーのような形をした「単水栓」、2つのハンドルが付いている「ツーバルブ混合栓」、上下に動かして水を出す「シングルレバー」などさまざまな種類があり、それぞれ外し方が異なりますので注意が必要です。

-カランの根本から水漏れする場合
お風呂の水栓はシャワーと蛇口で切り替えられますが、その蛇口の柄の部分を「カラン」といいます。このカランは内部にパッキン、ハンドルを止めるケレップと呼ばれるコマのような部品を内蔵し、水栓にナットで締められています。

怪しいのはパッキンやケレップといった接続部品の劣化とナットの緩みです。ナットであれば締めることで改善しますが、部品が劣化していると交換が必要です。

-シャワー・カランの切り替えハンドルから水漏れする場合
シャワーとカランの切り替えハンドルからの水漏れは、水を出し入れするハンドルと同じく、パッキンかバルブの劣化が原因です。ハンドルを取り外してパッキンを確認し、ボロボロになっていたら取り換えが必要です。

-水栓と壁の間から水漏れする場合
垂線と壁の間からの水漏れは、まずナットの緩みを確認。ナットを締めても直らないなら、水栓を丸ごと取り外してパッキンの劣化を確かめましょう。

水栓を取り外す際は、必ず元栓を閉めて作業を行う必要があります。


■まとめ

シャワーの水漏れに対処する方法を見てきました。

シャワーの水漏れに気づいたら、水漏れしている部位ごとに適切な対処をすることが大切です。また、接続部はパッキンの劣化が原因であることが多いですが、場所によって使うパッキンが異なるので、種類をよく確かめてから購入しましょう。水栓の部品を交換する際は、くれぐれも元栓を閉めることを忘れないでください。

自分で交換することに自信がない方は、水道業者への依頼がおすすめです。弊社は北九州市、久留米市、飯塚市をはじめ、中央区、博多区、西区など福岡市全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。シャワーを含め、水回りのことでお困りの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315