【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » トイレのウォシュレットからの水漏れは放置NG!今すぐ解決する方法とは

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレのウォシュレットからの水漏れは放置NG!今すぐ解決する方法とは

2020年02月04日 トイレのトラブル
3多くの家庭用トイレに普及しているウォシュレットですが、故障により水漏れを起こすケースも目立ちます。原因や対処法を解説しながら、水漏れの放置がNGな理由について紹介していきます。

 

トイレのウォシュレットから水漏れする3つの原因


まずはウォシュレットから水漏れする原因を紹介します。本体に故障が生じることだけでなく、パーツの破損によって水漏れすることもあるので、最初に原因や故障箇所を特定し、修理に向けた第一歩を踏み出してください。

 

ノズルの故障

起動すると前方にせり出してくる棒のようなパーツがノズルです。特に多いのがここからの水漏れで、原因はパーツの破損であることが多いです。具体的にはバルブに異常が生じたせいで水漏れすることが多く、専門業者の修理を受けなければ改善することは困難です。

 

タンクの故障

あまり知られていませんが、ウォシュレットには単体のタンクが備わっています。これは温水を貯めておくために必要なパーツで、この部分が壊れて水漏れすることがあります。こちらも分解を含めた修理が必須となることから、自力での解決は難しく、専門業者への依頼で解決します。

 

パイプなどの故障

ウォシュレットにつながっているパイプなどが故障していると、その箇所で水を食い止められずに漏れ出します。この場合、破損箇所の特定そのものが素人には困難であり、何のパーツを入れ替えれば解消できるのか判断することも難しくなります。業者からの点検と修理がなければ直すことはできません。

 

トイレのウォシュレットからの水漏れを解決する方法


ウォシュレットから水漏れした際には、まず何から対処し、どうやって解決させると効率がよいのでしょうか。緊急事態を脱するための応急処置から具体的な解決方法に至るまで、修理に必要なポイントを解説します。

 

まずは止水栓を閉める

水漏れというシチュエーションで重視すべきは、傷口を広げぬように先手を打つことです。止水栓を閉めてしまえば水漏れは一旦収まりますので、落ち着いて対処できるようになります。何もしていないのに水が止まらないという場合は、無駄な水道代を発生させないためにも、すぐに止水栓を閉じましょう。

 

部品交換を行う

ウォシュレットの故障はパーツの交換で解消できることがほとんどです。代替となる新しいパーツを購入し、新品と入れ替えれば理論上は解決できます。ただし修理に用いるパーツは専門的な商品になることから、メーカーからの取り寄せが必要になることが大半です。なおかつ修理には技術力が求められるので、あまりおすすめはできません。また、パーツの製造が終了している場合は、自力で解決できません。

 

基本的に自力解決は困難

原因を紹介した際にも述べましたが、ウォシュレットの水漏れを自力で解決させることは、現実的に考えて困難です。まず何のパーツが壊れているか判断ができませんし、できたとしても修理には分解が必須です。便器には電気が走っているため、危険も伴います。専門業者への修理依頼が解決に向けた一番の近道です。

 

水漏れを放置してはならない3つの理由


ウォシュレットからの水漏れ程度なら放置してもよいかと軽く考えてしまうかもしれませんが、さまざまな理由によりそれはご法度です。放置NGな理由を3つ紹介しますので、しっかりと確認し、早期解決を心がけてください。

 

理由1:カビに蝕まれる

正常に稼働しなくなったトイレは、水漏れ部分の湿度を調整することが困難になり、カビに蝕まれる確率が上がります。これにより衛生環境が悪化し、解決させた後にウォシュレットを使うことが難しくなるかもしれません。将来のリスクを軽減させるためにも放置はNGです。

 

理由2:結露になりやすい

水漏れにより温度の調整が不可能になると、便座と便器の間で温度差が生じ、結露になりやすくなります。結露は電化製品の天敵とも言える存在ですので、本体が故障し、大掛かりな修理や買い替えが必要になることもあります。修理費用を一定以内に収めるためにも放置はNGです。

 

理由3:室内が傷む

水漏れが悪化し、仮に便器から外に向けて水が落ちるようになると、トイレの床や壁紙などが傷みます。早く対応していれば簡単なウォシュレットの修理だけで解決できたものを、放置したために、トイレ全体のリフォームが必要になってしまっては大変です。場合によっては、床や壁紙の張替え修理代もかさんでしまうでしょう。余計なお金をかけないためにも、水漏れの放置はNGです。

 

まとめ


ウォシュレットの水漏れは地味な故障と捉えられることが多く、無視されがちですが、さまざまな弊害を引き起こすキッカケになるため早期解決が必要です。

 

ふくおか水道職人では、博多区・城南区・早良区に代表される福岡市内の他、飯塚市・久留米市などにも作業員を派遣し、水漏れの解決を早急に実現させています。トイレのウォシュレットからの水漏れトラブルに困ったら、ぜひ弊社へご相談ください。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315