【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » ドラム式洗濯機の水漏れを解決する方法はこれ!応急処置から原因まで徹底解説

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

ドラム式洗濯機の水漏れを解決する方法はこれ!応急処置から原因まで徹底解説

2020年02月04日 水漏れトラブル
8さまざまな機能やメリットを持つドラム式洗濯機は、一般家庭でも広く普及しており、愛用者が急増中です。しかし、システム独自の問題を抱えることもあり、水漏れトラブルに発展する可能性もあります。

 

そこで今回は、ドラム式洗濯機が水漏れする原因や解決策をお伝えします。

 

ドラム式洗濯機が水漏れする原因


ドラム式洗濯機の水漏れはさまざまな原因により起こります。水漏れの箇所によって対処法が異なりますので、まずはトラブルの根本を特定して原因を究明しましょう。

 

ここでは、3つの部門に分けて詳しく紹介します。

 

ホースのトラブル

ホースから水漏れしている場合は、内部パーツの1つであるパッキンの破損や、ホースそのものの劣化が原因と考えられます。それを引き起こしている根源はつまりである可能性が高いため、本体とホースを外してメンテナンスを行いましょう。ホースに傷が生じている場合はホースの買い替えがベストですが、テープをぐるぐる巻きにすることでも応急処置できます。

 

蛇口のトラブル

蛇口内部のパッキンが壊れている場合やナットの締め付けが弱っている場合は、蛇口付近から水漏れします。パッキンは水回りでとくに壊れやすい消耗品なので、定期的な買い替えが必要です。とくにゴムでできたパーツはバラバラに壊れることもありますので、作業が困難な場合はすぐに専門業者のサポートを受けましょう。

 

排水付近のトラブル

ドラム式洗濯機の底、排水溝付近から水が沸き上がるように漏れる場合は、排水管のつまりが考えられます。この場合は排水溝につながっているホースを一度取り外し、汚れを除去するための掃除が必要です。自力での解決も図れますが、奥深い箇所に問題がある場合は、専門業者の特殊な清掃が不可欠です。

 

ドラム式洗濯機独自の問題点とは?


通常の洗濯機とは異なり、ドラム式洗濯機は構造上水漏れリスクのある箇所が多く、特殊な対応が求められます。

 

当該箇所から水漏れが起きた際の参考にしてください。

 

洗剤ケースに洗剤がつまる可能性がある

ドラム式洗濯機の特徴として洗剤ケースの存在が挙げられます。この部分に洗剤や柔軟剤が固まって残留すると、つまりが起きて水漏れを起こします。説明書に記載されているとおりに適性のある洗剤を使用し、適時メンテナンスを行いながら、水漏れにつながらないように対処しましょう。

 

ドア部分から水漏れするリスクがある

通常の洗濯機はドアが上部にありますが、ドラム式は側部にドアが設置され、ここから水漏れするリスクがあります。この場合の原因として考えられるのはパッキンの劣化、あるいは洗濯物が挟まったことによる隙間からの水漏れです。後者の場合は初歩的なミスとして片付けられますが、前者の場合はパッキンの買い替えが必要となるため、専門業者に依頼しなければ解決できません。

 

排水フィルターが汚れやすい

ドラム式洗濯機の独自パーツとして、ヘアブラシのような形状の排水フィルターがあります。洗濯の際に流れた糸くずやゴミはこの部分に溜まり、塊になると水漏れが起こります。週に一度のメンテナンスが推奨されるほどデリケートなパーツなので、通常の洗濯機よりも掃除の手間がかかりやすい点もデメリットです。

 

ドラム式洗濯機の水漏れを修理する方法


ドラム式洗濯機が水漏れした際の修理方法を紹介します。基本となるのは日頃からのメンテナンスを欠かさないことと、自力解決に固執するのではなく、必要に応じてすぐに専門業者の力を借りる決断を下すことです。

 

排水フィルターには便利グッズの使用がおすすめ

週に一度のフィルター掃除は面倒ですが、フィルターに巻き付けて使う交換用の使い捨てカバーが市販されています。これを装着すればカバーを交換するだけでメンテナンスが済み、ゴミの除去に時間と手間をかける必要がなくなります。

 

問題の箇所を確認して対応する

水漏れの箇所を特定し、その場所に応じた方法で対処します。パイプの場合は修復、蛇口の場合はパッキン交換、洗剤ケースの場合は掃除を行うことで問題を解決できます。とくに洗剤ケースの場合はトラブルが繰り返されることが多いため、日頃から掃除を怠らぬように注意しましょう。

 

状況に応じて専門業者を呼ぶ

解決できない場合や原因を特定できない場合は専門業者を呼びましょう。水漏れを放置すると洗濯機の故障や床上浸水などの被害が出る可能性が高く、重大な問題を引き起こします。専門業者が到着するまでの間は水道の元栓を閉めて、被害拡大を防いでください。

 

まとめ


ドラム式洗濯機には一般的な洗濯機には無いパーツも存在し、水漏れリスクを含む箇所が増えるため、取り扱いには注意が必要です。自力では修復しきれないケースがありますので、悩んだらすぐに専門業者に聞くのがおすすめです。

 

ふくおか水道職人では、博多区や早良区、西区を中心とした福岡市内や飯塚市、久留米市など福岡県内全域に出張しています。ドラム式洗濯機のトラブルや水漏れ修理に対応していますので、困ったときには気軽にお問い合わせください。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315