【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 温水洗浄便座(ウォシュレット)の種類と選び方

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

温水洗浄便座(ウォシュレット)の種類と選び方

2020年05月27日 トイレ
②827455_s
ウォシュレットが付いているトイレは、快適に使うことができますよね。自宅のトイレにウォシュレットを取り付けたいと考えている方も多いのではないでしょうか。ここではウォシュレットの種類と選び方についてまとめたので、ぜひ参考にしてください。

トイレの便座はウォシュレットがおすすめ!

ウォシュレットは、日本が世界に誇る製品の1つですよね。一度使い始めたら手放せないという人も少なくありません。ウォシュレットには普通の便座にはないたくさんのメリットがあるため、今は取り付けていないという方にもぜひおすすめです。
ウォシュレットを取り付ければ、トイレットペーパーで拭く回数を減らすことができます。とくに肌が敏感な人や痔などの病気に悩まされている人にとっては大きな利点だといえるでしょう。また、感染症予防のためにもウォシュレットは役に立ちます。菌やウイルスはとても小さいため、お尻を拭くときにトイレットペーパーを通過して手についてしまいます。しかし、ウォシュレットがあれば便に手を近づける必要がありません。ノロウイルスなどが流行する季節も、ウォシュレットがあれば感染リスクを低減できるといえるのではないでしょうか。


ウォシュレットの種類

ウォシュレットは、大きく分けて「瞬間式ウォシュレット」と「貯湯式ウォシュレット」の2種類があります。ここでは、それぞれのウォシュレットの特徴をみていきましょう。

瞬間式ウォシュレット
瞬間式ウォシュレットにはセラミックヒーターが内蔵されており、洗浄するときに瞬間的に水を加熱します。内臓タンクがないためコンパクトで、水を保温する必要がないため電気代を安く抑えられます。頻繁にウォシュレットを使用することによる湯切れの心配もありません。
欠点としては、その場で加熱するためボタンを押してから温水が出るまでに多少のタイムラグがあります。また、本体価格の相場はやや高めとなっています。

貯湯式
貯湯式ウォシュレットは、洗浄時に使用するお湯をタンクの中にあらかじめ貯めておくタイプのウォシュレットです。瞬間式ウォシュレットと比べると本体価格が安く、気軽に取り付けることができます。
ただし、常に保温しているため電気代が高くなる傾向があります。また頻繁にトイレを利用すると湯切れが起きる可能性があるため、家族が多い場合などは要注意だといえるでしょう。タンクの中で雑菌が繁殖する可能性があるのもデメリットで、衛生面に関してはやや心配があるといえます。


ウォシュレットの選び方

どのウォシュレットが合うかどうかは、人によって異なります。選び方のポイントを押さえて、ぴったりなウォシュレットを取り付けてください。

本体価格・年間電気代
ウォシュレットを選ぶ際に必ず考えなければいけないのが、予算です。予算オーバーすると、後から家計の負担になってしまいかねません。本体価格と電気代の両方を考慮したうえで、予算内に収まるウォシュレットを選びましょう。本体価格が安くても、年間電気代が高いと長期的に見たときに損になる可能性もあります。どのくらいの期間使用するかによっても、選ぶべきウォシュレットは変わってくるといえるでしょう。

操作パネルの位置
操作パネルには、便座一体型と壁掛け型の2種類があります。手軽に取り付けたいならおすすめは便座一体型で、リーズナブルな価格も魅力です。ただし、どうしても汚れが溜まりやすいため掃除は小まめに行わなければいけません。それに対して壁掛け型は操作性が高く、汚れについて心配する必要もあまりありません。しかし設置の際には壁に穴を開けなければいけないため、賃貸住宅で暮らしている場合などは向かないといえるでしょう。

必要な機能の有無
ウォシュレットは、商品によって搭載されている機能が異なります。必要な機能を明確にすることで、家族のライフスタイルに合った使いやすいウォシュレットを選ぶことができます。
例えば、人が便器に近づいたときに自動でフタが開く「フタ自動開閉」は、高齢者がいる家庭におすすめです。かがんでフタを開け閉めする必要がないため、腰に負担がかかりにくくなります。また、「リズム洗浄機能」が付いていればお湯に強弱をつけることができます。便意を促すことができるので、普段から便秘に悩まされがちな人に人気があります。


ウォシュレットの取付ならふくおか水道職人にお任せください

ウォシュレットを取り付けたいけれどどうすればいいか分からないという方は多いと思います。そのような場合には、水道業者に相談することをおすすめします。
ふくおか水道職人は久留米市、飯塚市をはじめ、中央区、博多区、西区など福岡市全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。ウォシュレットの取付に関しても豊富な実績があるので、安心してお任せいただけます。まずはお気軽にお電話にてお問い合わせください。


福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315