【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 交換時に知っておきたい!トイレの種類とメリット・デメリット

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

交換時に知っておきたい!トイレの種類とメリット・デメリット

2020年05月27日 トイレ
③2326749_s
「今よりもトイレを快適に使いたい」「寿命がきて壊れてしまった」などの理由で、トイレの交換を考えている方は多いのではないでしょうか。トイレの交換時には、どの種類のトイレを選ぶかをじっくりと検討する必要があります。ここでは「組み合わせトイレ」、「タンクレストイレ」、「シャワー一体型トイレ」、「収納一体型トイレ」の4つのトイレのメリット・デメリットをご紹介するので、ぜひトイレ選びの参考にしてください。

組み合わせトイレ

組み合わせトイレは、便器と便座、タンクを組み合わせているタイプのトイレです。現在最も普及しているタイプのトイレで、迷ったら組み合わせトイレを選んでおけば間違いありません。
組み合わせトイレのメリットは、どこか一部が壊れた場合に簡単に修理ができるということです。故障した箇所だけを修理すればいいので手間がかからず、修理費を大きく節約することができます。他のトイレと比べてリーズナブルに購入できるのも魅力で、予算を抑えたい場合には第一選択肢になるといえるでしょう。
デメリットとしては便器と便座のつなぎ目を掃除しにくいという点が挙げられ、トイレ掃除にはやや時間を取られるかもしれません。しかし、最近の組み合わせトイレは掃除しやすいように改良されてきているため、大きな問題ではないといえます。


タンクレストイレ

タンクレストイレはその名の通りタンクがないタイプのトイレで、水道直結で水を流します。一番新しいタイプのトイレで、標準装備で温水洗浄便座が付いています。
コンパクトなタンクレストイレは、トイレスペースを広く見せてくれます。見た目もシンプルでスッキリしており、おしゃれな雰囲気があります。そして、掃除のしやすさも大きなポイントで、掃除をする面積が少ないうえに手が届きにくい箇所がないので、あっという間に短時間できれいにできます。
ただし、タンクレストイレはどのような家でも設置できるわけではありません。例えば水圧が低い場合はタンクレストイレの設置は不可で、マンションの高層階などは水圧不足で利用できないのが一般的です。またタンクに水を貯めていないため、停電時はバケツなどを使って水を流さなければいけません。


シャワートイレ一体型

シャワートイレ一体型は、便器と便座、タンクがすべてつながっている構造のトイレです。組み合わせトイレと比べて、つなぎ目が少ないのが特徴です。
シャワートイレ一体型は、汚れが溜まる隙間が少ないため組み合わせトイレに比べて掃除がしやすいといえます。また、タンクの上の手洗いがおしゃれなものが多いのもシャワートイレ一体型の特徴です。
デメリットとしては、便座が壊れた場合などに便器・便座・タンクのすべてを交換しなければいけないということが挙げられます。便座が短期間で壊れることはほぼありませんが、シャワートイレ一体型においては数年ですべて取り替えることになる可能性もあるといえるでしょう。


収納一体型トイレ

収納一体型トイレとは、キャビネットの中にタンクや給水管を収めたタイプのトイレのことをいいます。タンクがあるにもかかわらず、ぱっと見はタンクがないように見えます。
収納一体型トイレは機能性が高く、キャビネットの上を有効活用することができます。もちろんキャビネットの中の収納スペースも利用することができ、トイレットペーパーや掃除用具、タオルなどをスッキリと片付けることができます。キャビネットの色やデザインを自由に選べるため、トイレスペースを好みの空間にできるのも嬉しいですね。
デメリットとしては、トイレスペースが狭いとキャビネットが収まらないことが挙げられます。また値段もやや高めとなっています。


便座の種類

トイレの種類が決まったら、次に便座を選ぶ必要があります。便座の種類は、大きく分けて「普通便座」、「暖房便座」、「温水洗浄便座」の3つがあります。
普通便座とは何も機能が付いていない便座のことで、リーズナブルさが魅力です。暖房便座は、暖房機能が付いている便座です。寒い地域で暮らしている場合やお年寄りと一緒に暮らしている場合は、暖房機能が重宝するといえるでしょう。
温水洗浄便座とは温水でお尻を洗浄する機能などが付いている便座のことで、TOTOが販売しているウォシュレットが代表的です。基本的な機能はおしり洗浄、ビデ洗浄、乾燥、暖房便座などがあり、これ以外にも商品によって様々な機能を備えています。
なお、温水洗浄便座には「瞬間式」と「貯湯式」の2種類があります。瞬間式は水を洗浄時に瞬間加熱するタイプで、電気代を抑えられる一方で本体価格の相場は高くなります。貯湯式は内蔵されたタンクに温水を溜めておくタイプで、本体価格は安いものの、電気代がかかる、雑菌が繁殖する可能性があるなどのデメリットがあります。


トイレの交換ならふくおか水道職人にお任せください

毎日使用するトイレは、日々を快適に過ごすための大切なポイントです。ぜひ家族のライフスタイルに合ったトイレを選んでください。
トイレの交換を行う際には、プロの業者へ依頼するのがおすすめです。ふくおか水道職人は久留米市、飯塚市をはじめ、中央区、博多区、西区など福岡市全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレの交換に関しても豊富な実績がありますので、ぜひ気軽にご相談ください。


福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315