【水道局指定工事店】福岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 福岡でトイレのつまりを予防する対策とDIY

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

福岡でトイレのつまりを予防する対策とDIY

2021年05月05日 トイレのメンテナンス


トイレのつまりの原因と対策を知っておこう

トイレで用を足すのは人として日常の営みであり、トイレがつまって使えなくなったら、かなりの支障をきたします。お風呂に入れなくても数日程度、我慢することはできますが、トイレは数時間さえ我慢できません。無理に我慢すれば膀胱炎や大腸の病気を引き起こすこともあり、健康にも影響を与えます。

福岡の自宅や職場、飲食店や商業施設など、どんな場所でもトイレがつまるリスクがあります。どんな要因でトイレがつまるのか、つまらせないためにはどうすればいいのか、もしつまってしまったらどうすればいいのか、つまる原因と予防法、対処策を知ることで、トイレが使えなくなるリスクを、ご自身でできるDIYを駆使して最小限に抑えていきましょう。

最近増えているトイレのつまりの原因

トイレのつまりの原因として、どのようなものがイメージされるでしょうか。大量の汚物やトイレットペーパーをはじめ、うっかりスマホを落としたなどは、近年増えているトイレのつまり要因です。これに加えて増えているのが、除菌クリーナーのつまりです。

トイレの便座やトイレットペーパーホルダー、流水レバーやボタン、ドアノブなどを通じて、トイレの利用者から利用者へと細菌やウイルスが感染するリスクが叫ばれています。そのため、トイレを利用する前に除菌クリーナーできれいに掃除する人が増えてきました。

シートタイプの除菌クリーナーを使った後、どのように処分しているでしょうか。持ち帰ったりすれば感染リスクが高まるため、その場で汚物入れに入れ、ゴミ箱に捨てるのが基本です。そして、多くの方は便座などを拭いたら、そのまま便器に入れて流すのではないでしょうか。ですが、流せるタイプの除菌クリーナーでない場合、素材が水に溶けずにつまりの原因となるので注意しなくてはなりません。

除菌クリーナーを流す前に

除菌クリーナーといっても、さまざまな商品が販売されています。卓上や家財なども拭けるようなタイプの場合、水に溶けにくい素材であるケースも少なくありません。また、トイレ用の除菌クリーナーでも、トイレに流せるタイプ、流してはいけないタイプがあります。流せるタイプでも、菌や気になるからと何枚も使って、一気に流せば、つまりの原因となるので注意が必要です。

スプレータイプや液体タイプの除菌クリーナーをトイレットペーパーなどに塗布して、使う場合も気を付けましょう。手に菌がつかないようにと、大量のトイレットペーパーを引き出して厚く重ねたうえで利用する方が少なくありません。一度に大量のトイレットペーパーを流すと、つまりの原因になります。除菌クリーナーが流せるタイプかどうかを確認し、一度に大量に流さないようにすることで、トイレのつまりを予防できます。

万が一、つまってしまったら、届く範囲で形状が残っていれば、汚物ばさみで取り除きましょう。取り除けない場合は、ラバーカップを試すのがおすすめです。万が一の、つまりのDIY対策として汚物ばさみやラバーカップを購入しておきましょう。

トイレの汚れがつまりの原因になることも

皆さんの自宅や職場のトイレは、きれいに保たれていますか。肌が接する場所などは丁寧に除菌しても、中が汚いままではNGです。便器内に黒ずみや赤い水垢が付着した状態では見た目によくない、不衛生、臭いが臭いだけでなく、つまりの原因になることもあるためです。便器の内部の見えるところに黒ずみや水垢が付着していることは、流れていく排水管内も汚れがべったりこびりついているでしょう。

蓄積すればヘドロのようになり、流れを悪くして、汚物などがつまる原因となるのです。さらに尿石ができると、つまるリスクが高くなります。尿石は尿に含まれるカルシウムなどのミネラル成分が便器に固着して、石のように固まってしまう状態です。石のように固くなるので、排水管などを塞ぐリスクが大きく高まるのです。

溜め込んだ汚れを除去しよう

基本的には汚れの種類によって、掃除の仕方を変えることがポイントです。水垢や黄ばみ程度の場合は、トイレ用の中性洗剤を塗布し、ブラシなどできめ細やかにブラッシングした後、水を流します。

落ちにくい黒ずみやこびりついた尿石には、除菌・漂白作用もある酸性の除菌クリーナータイプの洗剤を塗布してください。しばらく放置した後、ブラシでこすれば、汚れがスルリと落ちます。

気を付けたいのは中性洗剤と酸性の除菌クリーナーを同時に混ぜて使わないことです。化学反応を起こして気分が悪くなり、呼吸困難になることがあるので、使用法をしっかり確認してください。汚れを解消することで、排水管が黒ずみや水垢、尿石などで狭くなり、塞がれてしまい、つまるリスクを防げます。

トイレのつまりで困ったら

ふくおか水道職人は福岡市、北九州市、久留米市、大牟田市、太宰府市など福岡県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでの水漏れやつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にふくおか水道職人にお問い合わせください。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315