【水道局指定工事店】福岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 福岡でシンクのコバエ対策を自力で行う方法と対策

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

福岡でシンクのコバエ対策を自力で行う方法と対策

2021年05月05日 キッチンのトラブル


シンクの排水溝汚れとコバエのリスク

キッチンのシンクやダストボックスを開けた際に、大量のコバエが飛んでお困りではありませんか。冬の寒い時期を除き、年間を通じてコバエに悩まされているご家庭もあれば、暑い夏が酷いというご家庭もあるでしょう。時期によってコバエの発生状態やお困り度が異なるのは、ご家庭ごとの環境が影響しているだけでなく、コバエの発生時期も影響を与えています。常に同じに見えているコバエにも実はいくつか種類があります。

冬に活動を活発化させるコバエはいませんが、夏が主な発生時期のコバエと、春や秋が活動シーズンのコバエがいるのです。さらに発生する場所や原因、性質なども異なっています。いずれもシンクの排水溝などに食材カスなどが残っているなど不衛生なことが一因ですが、少しずつ特徴が異なります。そのため、ご家庭でコバエ対策をしたい場合には、コバエの種類ごとに、DIYででき予防策や対処策を講じていくことが大切です。

ショウジョウバエの特徴と対策

ショウジョウバエは春と秋の過ごしやすいシーズンに発生しやすいハエです。発生原因としては果物や野菜が放置されて腐り、ぬか床などの管理が悪い場合に漬け物などの発酵食品から発生することもあるので、食材の管理に気を付けなくてはなりません。

また、キッチンのシンクに設置した三角コーナーや排水溝のバスケット、生ゴミをはじめ、コンビニ弁当のプラスチック容器やカップラーメンなどの容器、その他、食べ物や飲料がついたままの食品の空箱などを捨てるゴミ箱などに集まるケースも多いです。

ショウジョウバエを予防するためのDIY対策として、できるだけ目の細かい網戸に交換することがおすすめです。網戸の張り替えをするか、網戸の上から防除ネットなどを張り付けましょう。食べ物や腐敗臭に誘引されやすいので、屋外に設置している生ゴミなどのゴミ箱に引き寄せられて集まり、その結果、室内へと入り込んでくるケースも少なくありません。そのため、屋外のゴミ箱の密閉対策と、ゴミの収集日が来て空になる度にゴミ箱を丁寧に洗浄するなどのDIY対策を実施しましょう。

キッチンでは果物や野菜、発酵食品が腐敗しないように保存方法に気を付け、早めに食べることや、シンクや排水溝などのこまめな掃除も不可欠です。
室内を飛び回るショウジョウバエに対しては殺虫剤をはじめ、コバエ取りの設置も有効です。

チョウバエの特徴と対策

チョウバエは下水口のスカムや、シンクに設置した三角コーナーや排水溝のバスケットなどの目地に溜まった食材カスやヘドロなどから発生します。水分が多く、暗い場所を好むのが特徴で、発生時期も春~秋にかけてと、寒い冬の時期以外は常に発生リスクがあります。

チョウバエの中でも、ホシチョウバエは排水溝周りなど、水気のある場所に食品残渣が溜まると発生しやすいです。そのため、DIYでの対処策としては排水溝周りをはじめ、キッチンのシンクやシンク周り、床などを丁寧に掃除して水気も拭きとっておくことが大切です。

一方でオオチョウバエは排水管の奥で幼虫が生まれます。そして、排水管を通じて排水溝へと上がってくるので注意しなくてはなりません。この点、シンクの排水管には水封トラップが設置されています。常に一定量の水を溜めることで、下水から上がってくる悪臭がキッチンに広がらないように止める役割を果たしています。水封トラップの水を切らさず、適切に機能していれば、オオチョウバエが上がってくるのを防げるのです。

DIY対策としてはキッチンのシンクや排水溝だけでなく、屋外の下水対策も検討しなくてはなりません。汚水桝から悪臭がする場合にはゴミやヘドロを取り除くなど掃除を行う、フタが外れたり、壊れている側溝のフタを新しくしたり、きちんと塞ぐなどの対策が必要です。チョウバエ類が発生した場合、コバエ取りでは効果が出にくいため、殺虫剤で対処しましょう。

ノミバエの特徴と対策

ノミバエは夏など気温の高い時期に発生しやすく、キッチンのシンクの排水溝やゴミ箱に残った食品カスや腐敗物に寄ってきます。ショウジョウバエのように野菜や果物などの植物性の食べ残しよりも、肉や魚、卵などの動物質を好みます。

そのため、動物性食材の食べ残しのほか、ネズミなどの糞や動物の死体などにも集まるため、ペットを飼っている方は衛生管理に気を付けるほか、ネズミやコウモリなどを見かけたら、ネズミ捕りなどを設置して害獣駆除も必要です。ノミバエが発生した時には殺虫剤をはじめ、コバエ取りも役立ちます。

キノコバエの特徴と対策

キノコバエは春や晩秋に発生しやすく、腐敗した植物質から発生します。庭で腐葉土作りを行い、刈り取った草をそのまま放置したりすると発生原因となるので、ガーデニングをする際は気を付けましょう。

また、観葉植物や鉢植えの木から発生した場合には土を交換しないと防除できません。光に誘引されやすい性質もあるので、照明は紫外線カット性能があるLEDなどに交換するDIYを行いましょう。キノコバエが発生してしまったら、殺虫剤で防除しましょう。

シンクの排水溝トラブルでお困りなら

ふくおか水道職人は北九州市、福岡市、大牟田市など福岡県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。キッチンのシンクの排水溝が汚れでつまり、トラップの異常をはじめ、トイレや浴室や洗面所での水漏れやつまりなど、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にふくおか水道職人にお問い合わせください。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315