【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 台所のシンクで起きた水漏れを修理・交換するには?

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

台所のシンクで起きた水漏れを修理・交換するには?

2021年06月29日 キッチンの水漏れ


台所のシンクは、ある日突然、水漏れをする場合があります。必要に応じて修理や交換が必要になりますが、まずは水漏れの原因を知ることが大切です。今回は、シンクの水漏れの原因と修理方法などを解説します。

シンクで起きる水漏れ原因

シンクの水漏れを修理・交換するには、まずどこが原因か知る必要があります。場所ごとの原因を見ていきましょう。

・排水トラップのゴムパッキンが劣化
シンクの中央部、排水口の下につながる排水トラップ内部には、水漏れ防止のゴムパッキンが付いています。このゴムパッキンが劣化するとすき間ができ、そこから水漏れします。

・シンク下にある各パーツのナットの緩み
シンク下には、排水パイプやホース、止水栓などさまざまなパーツがあります。各パーツの接続部にはナットがあり、これが緩むと、水漏れが発生します。この場合、パイプやホースをつたって水が滴っているため、シンク下が水浸しの場合は、最初にチェックしてみましょう。

・シンクと天板に空いたすき間
シンクがキッチン台から独立しているタイプの場合、シンクとキッチンの天板は、シーリング材で接着されています。シーリング材は製品によって寿命が決まっており、永久にもつものではありません。シーリング材の経年劣化により一部が剥がれてしまうと、シンクと天板にすき間が生まれます。洗い物をしている際、周囲に飛んだ水がこのすき間からシンク下に垂れていくため、水漏れにつながります。

・排水ホースの亀裂や破損
排水ホースは長年使っていると老朽化して亀裂が入ってしまったり、物と衝突して破損したりします。穴の開いた箇所から水が漏れ出てしまい、シンク下が水浸しになります。このケースは素人でも見た目でわかりやすいので、チェックしてみましょう。

・シンクの破損
シンクに多く使われるステンレスは錆びにくいですが、長く使っていると、サビが目立つようになります。とくに、シンクに物を置きっぱなしにしたり、食べカスや汚れを放置したりすると、錆びやすくなりがちです。錆びた箇所から穴が開くこともあり、そこから水が下へ漏れていきます。

また、ステンレス製といっても、大きな衝撃が加わると破損します。見た目でわかりにくい程度の穴が開くこともあるため、どこが原因で水漏れしているかわからないときは、シンクの破損も疑いましょう。

・排水管の詰まり
排水管内部が詰まることにより水が逆流し、排水管と排水トラップの接続部から水が漏れだすことがあります。排水管の詰まりは油であるケースが多く、寒い時期に固まった油が蓄積し、そこへ食べ物などが詰まってしまいます。排水口から水が流れにくくなったと感じたときは、シンク下で水漏れしていないか確認しましょう。

原因別の修理・交換方法

・排水トラップのゴムパッキン交換
排水トラップはナットで固定されているので、交換する際は、順番に外していきます。排水トラップを取り外すと、内部にゴム製の輪っかのようなパーツ(ゴムパッキン)があります。古くなったゴムパッキンを新品のものと交換して、修理完了です。

ゴムパッキンは、ホームセンターやネット通販などで購入できます。交換する際は、排水トラップのサイズに合わせて新品を購入しましょう。少しでもサイズが大きいと、余計に水漏れしてしまう恐れがあります。

・ナットの締め付け
各パーツの緩みが原因で水漏れしている場合は、ナットを締め直すだけで解決します。接続部の緩みを手で確認し、緩んだ箇所を見つけましょう。締め直したあとは、少しずつ水を流して、問題ないかチェックします。

・排水ホースの交換
排水ホースは、床のプレートと排水トラップに固定されています。それぞれの接続部にあるナットを緩めて古いホースを取り外し、新品と交換しましょう。外す際は、ホース内に残っている水がこぼれることもあるため、周囲に新聞紙や雑巾などを敷いておくと安心です。

・シンクの破損修理
シンクに小さな穴が開いている程度であれば、ホームセンターなどで販売されている補修用のパテで塞げます。穴の開いている箇所へパテを上下から貼り付けて、固定するだけです。ただし、これは応急処置程度の修理なので、長期間使っていると、再度穴が開きます。本格的な修理は専門業者へ依頼するか、シンク自体の交換も検討しましょう。

・詰まりの解消
排水管の詰まりは、パイプクリーナーや50℃前後のお湯を流すことで解消されるケースがあります。詰まりの原因が油の場合、お湯を流すと油が溶けだし、詰まりを解消できます。ただし、熱湯は排水パイプを傷める原因となるので控えましょう。

自分で修理・交換するときの注意点

シンク周りの水漏れは、自分で修理・交換することもできますが、注意して作業しなければうまく修理できない恐れがあります。たとえば、止水栓を閉めずに修理して水があふれ出すケースです。マンションの場合、水が大量にあふれてしまうと、下の階へ影響を及ぼすかもしれません。手順をしっかり守り、できないと感じたときは、専門業者を頼りましょう。

シンクからの水漏れはふくおか水道職人におまかせ!

ふくおか水道職人は、北九州市や直方市、大牟田市、北九州市など福岡市内の幅広い地域へ出張修理に駆けつけます。トイレやキッチン、お風呂、給湯器など水回りのトラブルへトータル的に対応しています。24時間受付、365日対応しているので、お気軽にお問い合わせください。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315