【水道局指定工事店】福岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 水道修理業者選びのポイントとは?

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道修理業者選びのポイントとは?

2021年10月08日 水道修理業者


水回りに違和感を覚えてから、水道業者を選ぶという方は多いのではないでしょうか。しかし、マグネット広告だけでも多くの水道業者があり、どの業者に依頼をすればいいか迷ってしまいます。悪徳業者の被害に遭わないためにも、コストを抑えるためにも、水道業者の選び方には注意を払いましょう。

見積もり比較を忘れずに行ってください

業者選びは、最低3社の見積もりを出すことで、地域の相場を把握できます。そのため、見積もり・出張料が無料の業者を探しましょう。見積もりなどが有料の場合、その支払った代金がもったいないからと、料金比較を行わないまま依頼する方も少なくありません。

水道修理のコストを抑えたい方は、必ず「見積もり・出張料」が無料の業者で、料金やサービス内容の比較を行いましょう。ホームページなどに無料と記載されていない業者は、有料であると判断してください。もし不安な場合は、電話で直接確認しましょう。

また水道修理業者でも、対応できる案件とできない案件があります。蛇口からの水漏れ、シンク下の排水パイプからの漏水、屋外の蛇口の交換などは、多くの水道修理業者で対応が可能です。これらの症状は、劣化や破損したパーツを交換するだけのため、対応可能な案件となります。基本的に業者への依頼は、電話で行うため、水漏れの症状を伝え、まずは対応可能か確認しましょう。

対応できない案件があるのはなぜ?

対応できないものがあると記しましたが、この違いは何なのか。水道業者には、水道局指定工事店と非指定工事店があり、非指定工事店では対応できないものがあります。

家庭の水道は、公共の水道管から配水されるため、間違った修理が行われてしまうと、甚大な被害が出てしまいます。公衆衛生上の被害を出さないため、水道局指定業者が法律・法令に沿った適切な施工を行うのです。

この認定を受けるためには、さまざまな要件があり、たとえ大きな水道修理会社であっても、非指定工事店の可能性があります。非指定業者には、給水管の交換などはできません。もし水道局指定工事店ではないのに、交換する業者があった場合は、違法な工事になります。

もし修理をしなくても、出張費を請求される可能性があり、また違法な工事を行うと、ペナルティとして水道を止められてしまいます。水道局指定業者は、自治体ごとに認定しているため、ご自身の住んでいる場所の水道局ホームページを確認し、指定業者を探しましょう。

非指定業者に依頼しないほうがいいのか?

違法な工事を行われる可能性があると思うと、非指定業者に依頼しないほうがいいのかと考えてしまいがちですが、そういうわけではありません。

給水管や水栓を新たに設置したり増設したりなどは、水道局指定業者でないと工事ができません。しかし、蛇口やパッキンの交換、水漏れ修理や、詰まりの除去などは非指定業者でも可能です。水回りのメンテナンスを行いたい場合は、水道局指定業者なのか気にしなくても大丈夫です。

水道局修理業社に依頼するメリット

簡単な詰まりの除去などは、非指定業者でも行えます。では、水道局指定業者に依頼するメリットとは何なのでしょうか。まず水道局指定業者の認定をもらうには、給水装置工事主任技術者という国家資格保持者がいることが必須です。この資格は、実務経験が3年以上ないと受験できません。また工事に必要な機器を有していない、不誠実な行為をする可能性があるといった、基準に達しない点が場合は認定がされません。つまり、水道局指定業者は、保証された技術があるのです。

水回りのトラブルは、想定外の故障もあり得ます。排水口が詰まったと思っていたら排水管が破損していたなど、何が原因でどういった作業が必要かは詳しく見なければ分かりません。そのような場合は、非指定業者では修理することができません。

水道修理業者を選ぶポイント

まずはどのようなトラブルでも対応できるように、水道局指定業者であるほうがよいでしょう。そして、事前見積もりや、説明が丁寧で対応が誠実な業者を探してください。質問をしても曖昧な業者に依頼してしまうと、想定以上の金額を請求される恐れがあります。

問題が起きると屋号を変える業者もいるため、会社の歴史や実績を確認し、できれば取引先情報もチェックしましょう。電話対応や、訪問時の態度でも、その会社が誠実かどうか判断できます。水道局指定業者でも、そうでない業者でも、料金比較は大事なポイントです。必ず3社以上を比較しましょう。

業者到着までに行うべきこと

たとえば、水が吹き出していたり、床が水浸しになっていたり、水が止まらないといったときは、水道修理業社を探す前に、水道の元栓と止水栓を閉めましょう。また賃貸物件の場合は、元栓などを閉めたあとに、管理会社に連絡してください。原因が自宅ではない漏水被害であっても、管理会社に連絡しましょう。

ふくおか水道職人は福岡市、北九州市、久留米市、飯塚市、大牟田市、直方市、朝倉市、田川市、筑後市など福岡県全般で水回りのトラブルを解決している水道局指定工事店です。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にふくおか水道職人にお問い合わせください。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315