【水道局指定工事店】福岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 便利グッズも!自分でできるトイレの節水方法とは?

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

便利グッズも!自分でできるトイレの節水方法とは?

2021年10月08日 トイレのメンテナンス


トイレでは、1回あたり6L~8Lの水が流れます。月々の水道代を安くするためにもトイレの節水を心がけましょう。今回は、トイレの節水方法や節水グッズについてご紹介します。

トイレの節水方法

今すぐにでも始められる節水方法には、どのようなものがあるのでしょうか。

・大小レバーを使い分ける
一般的な便器の場合、大レバーでは約8L、小レバーでは約6Lの水が流れます。大小レバーでは、実は約2Lも水の差が出るのです。とくに使い分けをせず、いつも大レバーで流してしまうという方もいるかと思いますが、小レバーで問題ないときは小レバーを使うように心がけることで節水できます。また、掃除をするときも小レバーで洗剤を流すなど心がけましょう。

・最新の節水型トイレにする
メーカーや機種にもよりますが、最新の節水トイレの中には、大1回あたり約3.8L、小は約3.3Lの水の量で洗浄を行えるものもあります。従来のトイレと比較すると、半分ほどの量で水を流すことができ、それだけでかなり節水になります。

トイレを買い替えるのに費用は発生しますが、長期的な目でみるとお得です。トイレの買い替えを検討されている方は、どのくらい節水できるかどうかもチェックして選んでみるのがおすすめです。

・お風呂の残り湯を使う
お風呂の残り湯をトイレに再利用することも可能です。トイレは、タンクから放出された水が流れ、そのあとはまたタンクに水がたまる仕組みになっています。お風呂の残り湯をトイレへ流す水に使いたいなら、まずは止水栓を閉めてタンクへの水の供給を止めましょう。止水栓を閉めたら、残り湯をタンクに入れられるようになります。

・二度流しをしない
トイレの音を消すために、水を流す方もいるかと思います。二度流しをすると、水を無駄に使うことになってしまいますので、できる限り二度流しはやめるようにしましょう。最近では、ケータイ音姫のようなアイテムや、スマホで音消しができるアプリもあります。そのようなツールを使用して、節水を心がけるようにしましょう。

トイレの節水グッズとは

トイレの節水ができるグッズも販売されています。どのような節水グッズがあるかチェックしてみましょう。

・ウォーターセーバー
普通にレバーを引くとタンクが空になるまで水が流れますが、こちらのウォーターセーバーを取り付けることでレバーを引いている間だけ水を流せます。古いタイプのトイレにも新しいタイプのトイレにも使え、40%ほど節水することが可能です。

しかし、注意点もあります。小レバーで流すときに使用するのには問題ありませんが、大レバーで流すときは長くレバーを引いておく必要があり、水の量が足りないとつまりの原因になってしまいます。ウォーターセーバーを取り付ける場合は、意識して長く水を流すように心がけましょう。

・水洗トイレ節水器ロスカット
タンクの中にはゴムフロートという部品が浮いており、レバーを引くとタンクの排水口の蓋をしているゴムフロートの鎖が引き上げられて水が流れる仕組みになっています。ロスカットをゴムフロートに取り付けることで、タンクの排水口の蓋が閉まるタイミングを早められ、だらだらと水が流れるのを阻止してくれます。流すときの水圧を変えずに節水できるのがメリットですが、トイレによっては取り付けられないものもありますので注意が必要です。

・万能ロータンクボールタップ(スリムタップ)
タンク内の満タンの水位を下げることで便器に流す最大水量を減らし、節水することが可能なグッズです。トイレタンク内のホースや部品など一式を取り替えるものですが、タンクに入る水も優しい音になり、消音効果もあります。下給水タンクや高い位置に配置されたハイタンクには取り付けられないので、使用しているトイレを確認してから使うようにしましょう。

ペットボトルを使うのはNG

よくある節水方法で、タンク内にペットボトルを入れる方法があります。しかし、この方法は故障の原因にもなりますので、やめるようにしましょう。この方法は、ペットボトルを沈めてかさましをすることでタンクにたまる水の量を減らすというものですが、水の量が減ると流すために十分な水の量をためられず、つまりの原因になってしまいます。

また、場合によってはタンク内の部品と接触して水が流れっぱなしになるなど、節水どころか故障の原因にもなりかねません。タンク内にペットボトルや、ものを入れる方法で節水するのはやめたほうが良いでしょう。

トイレのつまりなどが起こったらプロに相談

水のトラブルが起きたときは、できるだけ早くプロに相談するようにしましょう。ふくおか水道職人は、福岡市をはじめ、北九州市、大牟田市、久留米市、志免町、粕屋町、春日市、宇美町、筑紫野市など福岡県の水トラブルの解消に尽力しています。

トイレのつまりでお困りの際は、ふくおか水道職人にご連絡ください。経験豊富なスタッフが、お電話一本ですぐに駆け付けます。お困りの際は、ぜひお気軽にお電話ください。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315