【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 洗面所の排水口に水が流れない!排水口のつまりを直す方法

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面所の排水口に水が流れない!排水口のつまりを直す方法

2022年08月30日 水回り

毎日使う洗面台で水が流れなくなると困ってしまいますよね。


ゴミ受けにゴミが詰まっているだけなら、ゴミを取り除くことですぐに解消します。しかしそうでない場合には慌ててしまうのではないでしょうか。


排水口に落としてしまった固形物や髪の毛、ゴミが流れていって排水口や排水トラップに溜まり、水の流れを妨げているかもしれません。その場合、排水トラップを分解して固形物や髪の毛、ゴミを取り除かなければつまりは解消しません。


本記事では、洗面所の排水口に水が流れない理由や詰まりを直す方法、予防する方法や自力で対処しきれなかった場合について詳しく解説します。


洗面所の排水口に水が流れない理由


洗面所の水が流れなくなることは、よくあります。洗面所にある排水口のゴミ受けは小さいので、髪の毛やホコリなどがすぐに溜まってしまうためです。しかし、ゴミ受けのゴミをこまめに取っても水が流れない場合には、排水管が詰まっているかもしれません。


ゴミ受けがあっても細かい髪の毛やゴミが通り抜け、次第に排水管に蓄積していきます。さらに石鹸や歯磨き粉などの残りカスが排水管に残り、汚れが少しずつ水の通りを妨げて狭くしてしまいます。


この場合には、配管の中に蓄積された汚れを取り除かなければいけません。アクセサリーなど小物を落とし、排水管に引っ掛かって排水管を塞いでしまっていることもあります。排水管にとどまっているものは取り除かなければ、詰まりは解消されません。


排水トラップを分解して詰まっているものを取り、水が流れるようになることもあります。これは自分で対処できる詰まりです。しかしその先の排水桝の方に原因があるようであれば、作業道具も知識も備えている専門業者に依頼することをおすすめします。


いずれにしても工具道具や知識がなかったり自信がなかったりする時は、無理をしないで業者に修理を依頼した方が確実に解消してくれます。


洗面所の排水口のつまりを直す方法


排水管の詰まりを直すには次のいくつかの方法があります。それぞれ解説します。


・ラバーカップを使う
・クエン酸と重曹を使う
・パイプ洗浄剤を使う


まず、「ラバーカップを使う」です。ラバーカップは水圧を使って水を押し流す方法です。トイレの詰まりによく使われますが、ほとんどの水回りの詰まりに使えます。洗面所に水を溜め、ラバーカップが隠れるくらいの水量になったら排水口に押し当て密着させます。


そのままゆっくり押しつけて、一気に引き上げます。何度か続けると水は流れるようになりますが、流れない場合は他のトラブルが起きていると可能性があるので別の方法を考えましょう。


次に「クエン酸と重曹を使う」方法です。排水管の汚れによる詰まりは原因となっている汚れを綺麗にする必要があります。この汚れを溶かす効果があるのが、クエン酸と重曹です。重曹を排水口の中に撒き、水100㎖の水と小さじ1/2杯程度のクエン酸で作ったクエン酸水をかけて、30分~1時間程度放置します。


その後40℃ほどのお湯をかけると排水管の汚れは落ち、詰まりは解消します。クエン酸は消臭効果もあるので、同時にイヤな臭いも解消します。汚れに合わせてクエン酸水を濃くすると落ちやすくなります。


そして「市販のパイプ洗浄剤を使う」方法です。排水管の汚れを除去するには、一番簡単で便利です。ゴミ受けのゴミを取り除き、パイプ洗浄剤を排水口にかけて放置するだけです。30分程たったら水で流します。


これらの方法を試しても詰まりが解消されない場合は、洗面台の下にある排水管を解体しましょう。排水管の一部でP字またはS字の管で排水トラップと言います。何か固形物を落とした時などは、排水トラップにとどまって水の流れを塞いでいる可能性があります。


排水トラップのナットを外すと取れるので、詰まりものがあれば出てきます。バケツを排水管の下に用意し、排水トラップに溜まった水を受け止めるようにしておきましょう。外したついでに掃除もしておくと今後の詰まり予防にもなります。


なお、古いタイプの洗面台にはゴミ受けが付いていないものもあります。この場合固形物を落としたり流したりして、詰まりを引き起こしやすくなります。


また、経年劣化した排水管の詰まりを無理に除去すると、排水管が破損して水漏れの発生など被害が拡大してしまうこともあります。この場合はリフォームも視野に入れる必要があります。


洗面所の排水口のつまりを予防する方法


洗面台は家族構成によって使う頻度は変わりますが、キッチンや浴室の排水口のゴミ受けと比べて小さいため、ゴミがあまり溜まらないと思われがちです。


しかし知らず知らずの内に髪の毛やゴミ、歯磨き粉や石鹸カスなどの汚れが絡んで溜まり、水の流れが妨げられて上手く流れなくなってしまいます。そして溜まった汚れにはヌメリが発生します。


ヌメリはロドトルラと呼ばれる酵母菌で、カビよりも繁殖力が高く、すぐに繁殖してしまいます。また水アカも水の中に含まれているマグネシウムやカルシウムなどの金属イオンが固形化したものです。


水が原因なので、普通に生活しているだけで発生してしまうものです。水アカに気が付いたら、簡単にティッシュペーパーで拭き取って捨てましょう。また家族の中で洗面台でシャンプーする習慣や洗面台の前で髪を乾かす人がいたら、髪の毛が詰まりやすくなります。


髪の毛は1日に70~100本程度根けると言われていますので、すぐに大量に溜まります。その都度抜けた髪の毛を取り、捨てる習慣を付けましょう。


洗面台の詰まりを予防するには、定期的にパイプクリーナーで洗浄することが大切です。また、髪の毛やゴミは排水口に流さないように注意しましょう。


自分で試して直らなかった場合は?


自力でできる対処法をいろいろ試してみても洗面台の詰まりが解消されなかった場合は、水道業者に修理を依頼しなければいけません。自力でできる対処法で詰まりが解消しなかった場合には、床下・壁内の排水管トラブルの可能性もあるためです。


また排水口や排水トラップの詰まりを調べても問題がなかった場合、その先にある排水桝が詰まってしまっていることも考えられます。洗面台排水口の水の流れが悪くなってしまっている場合は、排水桝のゴミや汚れを取り除くとある程度流れをスムーズにすることができます。


専門業者に頼むと、排水桝・排水管の詰まり解消には業務用の高圧洗浄作業が必要になることがあります。詰まりの程度によって費用は高額になってしまいます。水道業者を選ぶには、自治体の水道局指定工事業者だと安心です。


一定の条件をクリアしてさまざまな水道工事を経験し、料金設定も明確です。料金が適正かどうか不安であれば、複数の業者から見積もりを取るようにしましょう。


まとめ


洗面台の詰まりの原因の多くは、髪の毛や歯磨き粉などのゴミが溜まって繁殖した雑菌が発生させたヌメリです。ゴミ受けのゴミを頻繁に掃除していても、少しずつ排水管の排水トラップに汚れが蓄積していきます。


汚れの蓄積を回避するには排水口の詰まりの原因となる水アカや髪の毛などを放置せず、定期的にパイプクリーナーで洗浄することが大切です。詰まりの原因となるものを排水口に流れないよう注意してください。


ゴミ受けに流れた髪の毛はこまめに取り除いて排水口に流れないようにし、詰まりのない衛生的な洗面台にしましょう。


福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315