福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗濯機の給水ホースが壊れた!交換方法を覚えよう

2023年01月30日 水回り


水周りの設備や家電はいきなり壊れることもあります。ある日いきなり壊れてびっくりしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に多くの人が慌てがちになるのが、洗濯機のホースです。


洗濯機は水道につながっているため、壊れると水漏れが起こります。故障が疑われるときは、できるだけ早く交換しましょう。この記事では、ホースの故障とその修理方法をご紹介します。



給水ホースから水漏れしているときの主な原因


給水ホースから起こる水漏れは、複数の原因があります。発生箇所を正しく見分けないと、修理の意味がありません。ホースの水漏れがよく起こる場所を解説するので、故障箇所の判別にお役立てください。


蛇口とニップル継手

ホースとつながっている蛇口は、ニップルと呼ばれる器具によりつながっています。ニップル継手または蛇口が故障すると水漏れします。パーツをつなぐパッキンの劣化がよくある原因です。


また、蛇口の先端に問題があるときも同じ場所に症状が出ます。蛇口の先に変形・破損・があると、継手がうまく働かないため、そこから水が漏れます。ニップル継手が問題ならパーツ交換で修理できますが、蛇口の場合は蛇口交換が必要です。


ホースやそのつなぎ目

パッキンが使われているのは、蛇口の接続部分だけではありません。ホースとそのつなぎ部分にも使われています。このパッキンが劣化したときも水漏れが起こるため、修理が必要です。


また、蛇口からの水にゴミが混じっていると、パッキン部分にたまるようになります。ごみがたまると隙間を作るので、そこから水が漏れることもあります。このような場合は、掃除が必要です。


蛇口の錆

洗濯機パーツの異常は、蛇口からの錆が原因であることも多いです。錆がパーツにたまり、水漏れを起こすことがあります。この場合、錆びをきれいにしない限り異常が起こるため、ほかのパーツをきれいにしても意味がありません。


洗濯機と蛇口の接続部分で異常が発生したときは、パーツだけでなく、蛇口に異常が発生していないかも合わせて確認しましょう。


ホースやニップルが原因なら部品交換で修理できる


洗濯機と蛇口をつなぐパーツに異常がある場合、部品交換で修理できます。パーツや工具があれば、家庭でも交換可能です。また、ごみや錆がたまっているだけなら、掃除すれば元通りになります。


一方、蛇口の変形・破損・錆ですが、これらは業者の力が必要です。また、賃貸だと住宅につながっている設備のため、交換の際は大家や管理会社に相談する必要があります。


蛇口が故障原因の場合は、自分で修理しようとせず、プロに修理を依頼したり、管理しているところに相談したりしましょう。


給水ホースやニップルの交換方法


洗濯機側に問題がある場合は、自分で修理してしまいましょう。洗濯機に接続しているパーツの交換方法を解説します。


必要な道具

まずは以下の道具をご用意ください。



  • プラスドライバー

  • 給水ホース

  • ニップル

  • ナット


プラスドライバーは、四ネジ式のニップルをつけるときに使います。ニップルの種類やサイズに合わせたものを用意しましょう。給水ホースは規格が統一されているため、洗濯機の長さに合わせたものを購入しましょう。


ニップルはホースとセットになっているものもあり、その場合は別に購入する必要はありません。


洗濯機用の蛇口はまれに、ニップルがついていない場合があります。蛇口をニップル月に取り換えるなら、取り付け用のナットが必要です。こちらも忘れず購入しておきましょう。


ホースの水を出す

まず、ホースの中に残っている水を出します。水道の蛇口を閉め、洗濯機のふたを閉めた状態で電源を入れてください。スタートボタンを押し、10秒ほどたったら電源を切ってください。これで中にある水を出し切れます。


ニップルのネジを緩めてホースを外す

水を出し切ったら、ニップルのネジをプラスドライバーで緩めましょう。4か所を均等に緩めてください。きちんと緩めれば簡単に外れます。無理に取ろうとすると蛇口が破損する可能性があるため、ご注意ください。


蛇口側が外せたら、次は洗濯機側を外します。洗濯機についているナットを緩めてください。次に蛇口側のツバについているフックを押さえながらスライドさせてください。これで完全に外れます。


新しいパーツをはめ直す

古いパーツを外したら、新しいパーツをはめ直しましょう。ニップルを交換するときは、新しいパーツのネジを均等に緩めます。ネジが外れない程度に緩めてください。真ん中に円形の穴ができるよう緩めると、蛇口とかみ合うようになります。


蛇口にニップルをつけたらネジを締めましょう。蛇口とニップルのパッキン部分がすき間なく設置するようにしてください。また、ネジの締めすぎは蛇口の変形・破損につながるため注意しましょう。最後に白い部分を締め込みます。


ホースはロックレバーを下げ、ニップルに差し込むことで交換できます。蛇口の奥で「カチッ」と音がするまではめ込んでください。洗濯機は、取り外したときと同じ要領で取り付けます。部品交換が完了したら作業は完了です。


洗濯機を動かして改善できているか確認する

すべての作業が完了したら、水道を開け、洗濯機を動かしてみましょう。水漏れなく、しっかり給水できていれば、修理できています。ここで水漏れなどがある場合は、蛇口を閉めて作業をやり直しましょう。


修理と確認を異常が改善されるまで繰り返してください。修理が完了したら、後片付けを行いましょう。


ホースは定期的にメンテナンスすると長持ちする


洗濯機のホースは、錆などのごみがたまることがあります。錆や汚れは劣化の原因です。少しでも洗濯機を長持ちさせるには、定期的なメンテナンスを行わなくてはなりません。洗濯機のメンテナンスを行うときは、以下の道具を用意しましょう。




  • 汚れてもよいタオル

  • 歯ブラシ

  • バケツ


まずは修理のときと同じようにホースを取り外します。外したら中に水を通して、汚れを取り除いてください。


ホースの弁にはフィルターがついているので、歯ブラシで汚れをかき出します。その後、もう一度水を通してください。中がきれいになったら取り付けて完了です。


ふろ水を使っている場合のメンテナンス方法

ふろ水を使って選択している場合、水道から直接給水したときより中が汚れやすくなります。皮脂やせっけんカス・髪の毛などの汚れを取り除くための掃除が必要です。掃除の際は、上記の道具に加え、塩素系洗濯槽クリーナーとゴム手袋をご用意ください。


まず40℃ほどのお湯に塩素系洗濯槽クリーナーを入れ、ふろ水ポンプを1時間ほどお湯の中につけておきます。時間が経ったらゴム手袋をして外側と内側を水で洗い流してください。


終わったらふろ水ポンプで水をくみ上げ、捨てる作業を行います。これで外側だけでなく、中もしっかりきれいにできます。最後にフィルターを歯ブラシで掃除して取り付ければ完了です。


改善できないときや蛇口が原因なら業者の力を借りて


給水ホースの取り付けは家庭でもできる修理ですが、どうしてもうまくいかないときもあります。このような場合は無理をせず業者へ連絡しましょう。取り付けは数千円程度で済みます。それほど高いわけでもないので、困ったらすぐに修理を依頼しましょう。


また、蛇口の破損や錆は業者が修理する範囲です。家庭では修理できません。故障原因が蛇口にある可能性が高いときも、業者の力を借りましょう。


まとめ


洗濯機の給水ホースは水漏れなどが起こりがちなパーツです。異常があるときは、すぐに修理する必要があります。故障が発生している箇所を正しく読み取り、適切な修理を行いましょう。


また、蛇口が故障の原因である場合、家庭では修理できません。すぐに業者へ連絡しましょう。賃貸に住んでいる場合は、自宅を管理しているところに連絡するのも忘れないでください。



監修者

監修者の写真

主任

福田 武士

《略歴》

2018年に株式会社 N-Visionに入社し水道メンテナンス業務を行う。
業界歴は7年で現在年間600件ほどの対応を行う。つまり・水漏れのトラブル解決のプロフェッショナルです。
修理完了後も安心してご利用いただける環境づくりに努めております。
福岡県でつまり・水漏れでお困りでしたらふくおか水道職人にお任せください。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

公式LINEアカウント始めました!お友だち募集中
お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315