【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 水道パッキンの交換費用はどのくらい?費用相場を解説

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道パッキンの交換費用はどのくらい?費用相場を解説

2022年07月29日 水回り

毎日使用する水道の蛇口は非常に水が漏れやすい場所です。その原因としてよくあるのが、「パッキンの摩耗」によるもの。


パッキンの交換頻度はおおよそ10年といわれていますが、交換の費用はどれくらいかかるのでしょうか。


今回は水道パッキンの交換費用の相場について解説していきます。


水道パッキンの役割とは?


水道のパッキンは、水漏れしないようにするためのフタのような存在です。
ゴムパッキンが金属パーツの隙間にフィットすることで、水漏れを予防しています。


同じ仕組みとなっているものに、水筒の蓋や、密閉タイプのタッパーなどがあります。
このパッキンが摩耗すると弾力の低下や損傷が起こり、隙間から水漏れするようになるのです。その場合、新品と取り替える必要があります。


ゴムパッキンの交換はさほど難しい作業ではありませんが、正しいサイズのものを使用することが重要です。間違ったサイズのものを使用すると、せっかく修理をしても水漏れが収まらない、よりひどくなるなどの問題が発生することもあるので注意してください。


水道パッキンを交換すべきタイミングは?


水道の蛇口を使用していく上で必須のパッキンは、ゴムで作られており、配管ジョイント部分にも使われています。パッキンは交換が必要な消耗品で、寿命は10年くらいです。日常使っていると、傷みの速さも増して寿命が来る前に取り替えが必要なこともあります。


パッキンは水流の影響により傷みやすく、水圧で折れ曲がり、変形します。それが原因で元の形でなくなると、金属部やプラスチック部分との間に隙間ができ、水漏れの原因となります。


たとえ寿命間近でなくとも、閉めた蛇口から水が漏れ出していたらパッキンの摩耗かもしれません。すぐに交換作業をしましょう。


水道パッキンを交換する方法は?


ここでは、水道パッキンの交換方法を見ていきましょう。


単水栓(蛇口をひねるタイプ)では、コマパッキンが摩耗して水漏れしている可能性があります。蛇口の上にメーカー名が書かれていることが多いので、確認してみましょう。型番がわからない場合には、メーカー名で検索して調べてみてください。


またシングルレバー水栓では(レバーを操作して水を出すタイプ)では、レバー自体にメーカー名が記載されていることが多くなっています。何も書かれていない場合には、バルブカートリッジもしくは付属のパッキンや、クランクのパッキンをチェックしてみましょう。


水漏れ原因のパッキンを特定できたら、パーツを製品メーカーに注文します。製品メーカーに問い合わせしても見つからなかったときは、水道の元栓を閉めてパッキンを取り外し、それを直接ホームセンターに持ち込み、探す方法がいいでしょう。


蛇口を解体してパッキン交換するときは、まず止水栓を閉めて、水を止めてから作業しましょう。あらかじめ止水栓を閉めておかないと、作業の途中で水が溢れ、周囲が水浸しになってしまいます。止水栓を閉めたら、一度蛇口をひねって水が出ないか確認してみましょう。


次にハンドル部のネジをドライバーで取り外し、カバーやハンドルを外していきます。


根元部分のカバーナットを外してから回転軸とコマを取り出し、ハンドル内部のパッキンとコマパッキンを交換します。交換が終わったら各パーツを組み立て、水が問題なく出るか確認してみてください。


水栓の構成部品であるパッキンは、目視できないので傷みの状態がわかりづらいです。その寿命は最大10年くらいと考えておき、そのタイミングが来たらいつでも交換できる準備をしておくのが良いでしょう。


パッキンを自力で交換する方法もありますが、とりわけ、素人の方には水道業者への依頼がおすすめです。 費用はかかりますが、専門家が行う作業は確実なので後々安心できます。


水道パッキンの交換費用は?


水道パッキンの交換費用は自分で交換すればパーツ費用だけで済み、150~200円程度で交換できます。家に工具が揃っていて、DIYに自信があれば自分で修理してもよいでしょう。


水道業者に依頼する場合には、5,000~1万円程度の費用がかかります。自分で行うよりもかなり高くなってしまいますが、プロの水道業者に依頼すれば手間がなく、確実に直してもらえるのがメリットです。


自分で交換する場合、誤って故障させてしまったり、パーツをなくしてしまったりする恐れもあります。きちんと手順に沿って修理・交換を行えれば問題ありませんが、分解してから「次の手順がわからない」「どこにどうつけるんだっけ」と、迷ってしまうこともあるでしょう。


また、もし水道パッキンが不具合の原因でない場合でも、その場で判断して適切に対処してもらえるでしょう。


水道業者はどこに依頼すればいい?


水道業社を選ぶ際には、まずお住まいの地域が対応エリアかどうかを確認しましょう。業者によっては、エリアによって出張料金が異なる場合があります。また、将来的に水のトラブルが発生したときにも、近くの業者であれば迅速に対応してくれる可能性があります。


次に、水道業者の実績を確認しましょう。これまでの対応件数や創業年数などから、経験が豊富かどうかを判断します。修理の事例が掲載されていれば、今困っている原因と似た事例がないか確認してみましょう。


ほかに、口コミや評判を確認することも大切です。実際に利用した人の口コミを確認すれば、接客の対応や技術などをうかがい知ることができます。もちろん、口コミや評判がすべてではありませんが、参考にできる点はあるでしょう。


まとめ


水道パッキンは長く使えるため、摩耗してきたタイミングで「パッキンが原因かも?」と気が付けないかもしれません。


あらかじめ「パッキンは消耗品であり、長年使用していれば交換が必要」と覚えておくことで、水漏れが起こっても迅速に対処できるでしょう。


自分で交換を行わない場合でも、水道業者にスムーズに説明でき、スピーディに対処してもらえるはずです。


福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315