【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 洗面台のカランを交換する方法!ツーホール混合水栓から交換可能な条件と種類

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面台のカランを交換する方法!ツーホール混合水栓から交換可能な条件と種類

2022年12月26日 洗面台

日頃の生活で頻繁に使用することの多い洗面台。とりわけ来客時にもよく見られる場所だからこそ、より使いやすく、形状や大きさにもこだわりたいところだと思います。

今回はその洗面台を自身で取り替える上での重要なポイントと、交換が可能な条件、交換できる種類について詳しく解説していきます。

洗面台のツーホールカランを交換する前に


カランの種類には数多くの形があり、ホームメードによって交換のできるものや、洗面台を全て改修工事したり配管を工事したりと、大規模な工事になる可能性もあります。

洗面台のカランを交換する上で先ず知っておくべきことは、今使用中のカランの形状タイプや、ホームメードで交換することのできるカランの種類です。

カランの種類は、「ワンホール」「ツーホール」など取付けする穴の数によって分類されています。取付ける穴の数が合致していないと、ホームメードによるカランの交換は不可能なので、最初にこちらについてはしっかりと確認を行いましょう。

しかし、取付けする穴が2つだったとしても、レバーと吐水口がそれぞれが別々に分かれている「コンビネーション」という種類もあります。

このコンビネーションという種類は、ツーホールとは取付ける穴の大きさや配管自体の構造が違っているため、ツーホールのものからの取替えはできません。

洗面台のカラン交換が自力でできるポイント3つ


新しく用意したカランが、今使用中のカランと同じ種類なのであればホームメードでも交換することができます。具体的には、下記の種類が一致している必要があります。

取付け穴の数が一致している
「ワンホール」のものと「ツーホール」のもの、2つの種類があります。コンビネーションのものは取付けの穴が2箇所なのですが、ツーホールのものとは穴の大きさや配管そのものの造りが違うため、ツーホールからの取替えはできないです。
取付け穴の大きさが一致している
洗面台の開いた部分の取付け穴の大きさ(直径のサイズ)、それに丁度いい水栓を選んでください。

水栓に対して穴が大きい場合には、専用の「変換アダプター」や「蛇口アダプター」を活用すれば上手く調整可能な場合もあります。

排水栓のタイプが一致している
排水栓の種類には3タイプの種類があり、タイプが同じものでないとホームメードで交換することは難しいです。

排水栓には、引き棒を引っ張ると排水栓が閉じ、プッシュすると開く「ポップアップタイプ」、押ボタンを一度プッシュすると排水栓が開き、もう一度プッシュすると閉まる「ワンプッシュタイプ」、ゴム栓を用いて排水栓を開閉する「ゴム栓タイプ」があります。

ツーホール混合水栓から交換できるカランの種類とポイント


カランを取替える際には、同じ種類のカランに取替える必要があります。

たとえば、ツーホールの種類のカランから交換する場合、同じツーホールのものを選択する必要があります。

正確に言えば、ツーホールのものからワンホールのものへの交換も可能ではあるのですが、取付けの穴数が一つ余ってしまうため、洗面台の見た目があまりきれいではないのです。

ただし、穴をふさぐ形でも良いのなら「化粧ふた」という名称のパーツを使用すると、便利で美観も損ねないでしょう。洗面台の見た目だけではなく、穴から水が侵入してしまうのを防ぐ効果も期待できます。

製造元が同じカランを選べば取替えが簡単になる
使っているものと同様の品番・製造元のカランを選ぶことで、比較的簡単に取替え作業ができます。

カランの製造元、品番を調べるときには、カラン自体の根元部や裏側に貼ってある刻印やラベルをチェックしましょう。

水栓の取扱説明書を保管している場合は、表紙などにある記載内容でも確認することができます。ただしカランが古くてラベルやシールが見えなかったり、説明書を失くしてしまったりしていて製造元を確認できないこともあるかと思います。

その場合には、洗面台などの設置場所から確認することも可能です。洗面台とカランは基本的に製品のセット部品で取り付けられているので、洗面台の製造元さえ確認できれば、カランの製造元もわかる可能性が高いのです。

もし、機能面や見栄えも異なる新しいカランに取替えたい場合には、次で紹介する3つを必ずチェックしましょう。

取付穴の数をチェック
はじめに、取付け穴の数をチェックしましょう。

洗面台に穴が2個開いており、2ヶ所でカランが固定されている種類が「ツーホール」です。

「穴の大きさ」と「ピッチの距離」のチェック
続いて、「取付け穴の大きさ」と「取付けピッチの距離」を確認します。「穴の大きさ」は、取付ける穴の大きさ(直径)を測りましょう。

購入したカランに対して取付け穴が小さい場合は、専門業者による工事が必要になったりと取換えるのが難しくなります。

取付け穴が大きすぎる場合には、専用の「蛇口アダプター」を設置すれば取付け穴の大きさを調整することが可能です。

「ピッチの距離」とは、2箇所の取付ける穴の中心から中心までの距離のことを言います。
ツーホールは、2箇所の穴の距離が同じものでないと取替えができないので気をつけてください。
2箇所の穴の距離はそれぞれのメーカーで共通の規格となっており、取付け穴のピッチの距離が102mmになっています。

キッチン用カランは、洗面所用のカランと違い、ピッチの距離が各メーカー共通規格で203mmとなっているので、選ぶ際は注意してください。(ワンルームのアパート、マンションなどのミニキッチン用のものは特殊なため、取付け穴のピッチの距離が102mmです。)

排水栓のタイプにも気をつける
カランを取替える前に、排水栓のタイプもチェックしましょう。
排水栓のタイプには、ゴム栓で排水口をふさぐものや、引き棒を使ってふさぐものがあり、基本的には同じタイプの排水方式への取替えしかできません。

洗面台のツーホール混合水栓カランの交換方法


ツーホールタイプのカランをホームメード交換する人は、下記の手順に沿ってカランを交換してください。
ツーホール混合水栓の交換手順
・止水栓閉める
・給水管と給湯管を取り外す(ナットを外す)
・古いカランを取り外す(ナットを外す)
・新しいカランを取付ける
・逆止弁を取付ける
・給水ホースをつなげる
・止水栓を接続する

ホームメードで取替えできないケース
・単水栓からツーホール混合水栓に交換する
「今まで単水栓を使用していたけれど、ツーホール混合水栓に取替えてお湯も出るようにしたい」という人は、給湯用の配管を引く工事が別途必要となります。

この作業はホームメードでは難しく、水道業者に依頼をして行わなければなりません。

また、洗面台の取付け穴の数も不足するので、洗面台をまるごと改装してしまうのも手段の1つです。

まとめ


家の中でとりわけ利用頻度も多く、来客があった際には利用されることの多い洗面台のカランは、できるだけスタイリッシュで使いやすいカランにホームメード交換できたら嬉しいですよね。

洗面台のカランは、取付けるホールの数と穴の大きさが同じものであれば取替えることが可能です。自分でカランを取替えたい時には、蛇口のハンドル部分のみの取替えや、シャワーの部分やセンサーの機能部分だけを取替えるタイプのものだとホームメードも簡単に行えます。

洗面台全体の改装や、配管工事が必要なものになると、水道業者に依頼することが賢明です。出張見積もりが無料の業者も多く、水道まわりの老朽化や水漏れなど気になることがあれば一度電話相談してみるのもよいでしょう。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315