福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの緊急事態!水は出るけど流れない場合の対処法とは?

2024年06月28日 トイレのつまり


トイレの水は出るのに、うまく流れないといった状況は、困惑してしまうでしょう。また、日常的に使用するトイレが使えないとなると、かなりのストレスです。

この記事では、トイレの詰まりの原因と具体的な対処法、さらに予防策や専門業者の選び方について詳しく解説します。



トイレの流れが悪くなる前兆とは?


トイレの水の流れが悪くなってしまった時、この問題が発生する前に、通常は何らかの前兆が現れることがほとんどです。

最も一般的なサインは、水の流れが徐々に弱くなることです。また、「コポコポ」という音や、水を流した後に異常に水位が下がらない現象も見られます。さらに、水を流した際に異常な音がすることもあり、これらはすべて配管やタンク内部のトラブルを示唆しています。とくに、トイレやキッチンで音がする場合は、配管に何らかの問題がある可能性が高いです。

これらの前兆を見逃さず、早めに対処することで、より大きなトラブルを防げます。


トイレの水が流れない原因とは?


水が流れない問題が発生するとストレスを感じ、日常生活に大きな不便をもたらしかねません。ここでは、この状態が発生する主な理由を詳しく見ていきましょう。


大量に流した場合


詰まってしまう一般的な原因の1つに、大量に流す行為が挙げられます。

排泄物を含めたものが1度に大量に流された場合、とくに節水型では、排水管を通過する際に容易に詰まりを引き起こします。水量が限られているため、大量に流すと、水の流れだけでは十分に押し流せない可能性が高いです。排泄後の紙の使用量には注意が必要で、大ボタンを利用して十分な水で洗い流してください。

また、「流せる」と記載されているお掃除シートやおしりふきも、指示の量を守らずに使用すると、トラブルの原因になることがあります。使用する際はパッケージの指示に従い、適量を守りましょう。


異物を流した場合


意図せず異物が流されてしまって詰まるといったケースがあります。このような事態は家庭内に小さな子どもがいる場合に多く見られ、おもちゃや食べ物、さらにはペットの便など、不適切な物が流されてしまうことがあります。これらの物体は水に溶ける性質を持たず、排水管で詰まりを引き起こす原因となります。

さらに、家庭で使用される紙おむつや生理用品も同様に詰まりを招きやすいアイテムです。これらの製品は吸水性が高く、水中で膨張し排水管を塞ぐことがあるため、他の方法で処理する必要があります。もし誤ってこれらのものを流してしまった時は、自力での対処が困難な場合が多いため、速やかに専門業者に連絡してください。


必要な水量が足りない場合


トイレの水が流れない問題で、意外と見逃されがちなのが「必要な水量が足りない」という点です。節水の意識が高まる中、タンク内にペットボトルを設置して水量を調節する家庭も少なくありません。しかし、これが原因で水量が不足し、十分に流れない事態を招くことがあります。また、タンクの内部機構が故障して正常な水量が確保できない場合もあります。とくに古いトイレや使用頻度の高い場所では、部品の劣化や故障が水流を弱め、結果的に詰まりやすくなる原因となってしまうでしょう。

水量が不足している場合の対策としては、まずはタンク内の水位を確認し、調整機能がある場合は適切な水位に設定することが重要です。ペットボトルを利用して水量を調節している場合は、撤去を検討し、適正な水量で使用できるようにすることが推奨されます。また、タンクの部品が既に劣化している場合には、部品の交換やトイレ自体の交換を考えてみても良いでしょう。このように適切な水量を確保することで、トイレの機能を最大限に活用し、詰まりのリスクを減らせます。


トイレの水は出るけど流れない際の対処法とは?


トイレで水は出るものの流れない場合、それは何らかの詰まりが原因である可能性が高いです。このような状況はストレスを感じるものですが、幸いなことに簡単な方法で自宅で対処することが可能です。水を流すのは避けて、以下のいずれかの方法を試してみてください。


ぬるま湯で流す


トイレの詰まりを解消するためには、ぬるま湯を使用する方法が効果的です。紙製品などが原因で起こる軽度の詰まりには、この対策が推奨されます。約40〜60度のぬるま湯を、バケツや大きな容器で用意します。高い位置からゆっくりと便器に注ぐことで、詰まっている物質が温まり、分解しやすくなります。この時、熱すぎる水は避けてください。熱湯は便器を損傷する可能性があり、急激な温度変化で便器が割れるリスクも伴います。

また、水の量にも注意が必要です。一度に大量の水を流すと、逆に便器から溢れ出ることがあります。まずは少量のぬるま湯を注ぎ、様子を見ながら少しずつ量を増やしていくと良いでしょう。

ぬるま湯を流し終わった後は、30分から1時間程度放置してから、通常の水で流して詰まりが解消されているかどうかを確認します。この方法は、便器内の異物が水溶性である場合に効果的ですが、異物が硬質の物体や水に溶けにくい材質の場合は、他の方法を試すか、専門業者に依頼しましょう。


ラバーカップを使用する


詰まりを解決する一般的な手段として、ラバーカップの使用が効果的です。このシンプルな道具は、便器内の水圧を利用して詰まりを解消します。通称「スッポン」とも呼ばれるこの道具は、その柔軟なゴム部分を排水口にしっかりと押し付け、急激に引き上げることで内部の圧力を変化させ、詰まりを引き起こしている物体を動かします。

使用の流れとしては、まず便器内の水位を確認し、水に十分浸かるようにしましょう。その後、排水口にしっかりと密着させ、力強く押し下げた後、急に引き上げます。この動作を詰まりが解消されるまで繰り返しましょう。効果が見られた場合は、通常の流し方で水を流して最終確認を行います。物理的な力を利用した直接的な方法であるため、詰まりが軽度であれば高い確率で解消できます。

ただし、この方法で改善しない場合は、さらに強力な道具の使用や専門業者への依頼を検討しなければなりません。また、作業中は便器や床が汚れないように注意し、衛生的な環境で作業を行うことが大切です。


真空式パイプクリーナーを活用する


家庭で手軽に使える他のアイテムでは効果が見られないこともあります。このような時におすすめなのが、真空式パイプクリーナーです。この道具は強力な吸引力を利用して、排水管内の詰まりを効果的に解消できます。真空式パイプクリーナーの使用方法は簡単です。

まず、クリーナーのノズルを排水口にしっかりと密着させます。次に、ハンドルを操作して圧力をかけ、詰まっている物質を動かし排水路を開通させます。しかし、この道具を使用する際はいくつか注意が必要です。クリーナーのノズルを排水口に密着させることで、吸引力を最大限に活かすことができますが、強力な圧力が排水管に損傷を与える可能性もあるため、力の加減には十分注意してください。

また、硬い物質が原因で詰まっている場合には、真空式クリーナーだけでは解消できないこともあるでしょう。そのため、自分で対処が難しいと感じたら、専門の業者に依頼することを検討してください。


修理業者に依頼する


自宅での対応が困難な場合や、解決できない深刻な詰まりは、専門の修理業者に依頼するのが最適です。プロの業者は特化した技術と適切なツールを持っており、より複雑で困難なトイレの問題に迅速かつ効果的に対応可能です。依頼する際には、トイレの状態や試した対処法を詳しく説明しましょう。これにより、業者は適切な準備と具体的な修理計画を立てやすいです。

また、修理業者を選ぶ際には、信頼できる評判の良い会社を選びましょう。可能であれば、複数の業者から見積もりを取り、サービス内容、対応速度、コストを比較検討してください。緊急のトラブルに対応可能な24時間サービスを提供している業者が理想的です。さらに、修理後の保証があるかどうかも確認することで、将来的な同様の問題に対しても安心できます。


ペットボトルを利用する


詰まりを解消する簡単な方法の1つに、ペットボトルを使用する技があります。これは紙製品や排泄物が原因の軽度の詰まりに効果的です。詰まりを押し流すために、ペットボトルに水を満たし、勢い良く便器に向けて水を流し込むことで、詰まりを排水管を通じて押し出す圧力を作り出します。

ペットボトルを使う際は、便器内の水位が通常より高い場合は、最初に余分な水を取り除くことが重要です。その後、ペットボトルに温かい水を約半分から満タンまで入れます。ただし、熱すぎる水は避け、便器を傷つけない程度の温度に保つことが大切です。その水を便器に向かって勢い良く流し込みます。もし詰まりが解消されたら、通常通りレバーを操作して水を流して確認しましょう。


ハンガーを利用する


詰まりを解消するための簡易的な方法として、家庭にある針金製のハンガーを利用する手法があります。この方法は、柔らかいものの詰まりに対して効果的です。まず、針金ハンガーを用意し、フック部分をペンチで切り取ります。次に、便器に挿入しやすいように、一端を軽く曲げてフックのような形に整形してください。

使用する際は、曲げた部分を排水口に向けてゆっくりと挿入します。途中で抵抗を感じた場合、それが詰まりの原因かもしれません。このとき、優しく前後に動かし、詰まりを解消しようと試みます。うまく取り除けた場合は、水の流れが改善されるはずです。

作業が終了したら、実際に水を流して詰まりが解消されているかを確認します。ここで大切なのは、無理に押し込んだり、強く引っ張ったりしないことです。それによってトイレの陶器を傷つけ、便器内で破損する可能性があります。


トイレの水が流れない際にやってはいけない対処法


水が流れないとき、効果的な対処法を試したくなるものですが、間違った方法はかえって状況を悪化させてしまうのでやめておきましょう。とくに避けるべきなのは、熱湯の使用、強力な薬剤の使用、そして酢と重曹を使った方法です。


熱湯を流す


詰まった際に熱湯を使う方法は手軽に感じられて効果的に思えますが、実は大きなリスクを伴うので注意しましょう。ほとんどの便器が陶器製であるため、急激な温度変化によりヒビが入るかもしれません。

ヒビが入ると、最悪の場合、水漏れを引き起こしてしまい、便器の交換が必要になることもあるので注意してください。交換になってしまうと高額な費用が発生するため、詰まりを解消しようと熱湯を使用するのは避けた方が賢明です。


強力な薬剤を流す


詰まりを解消しようとして強力な薬剤を使用するのもやめておきましょう。一見すると迅速な解決策のように思えますが、多くのリスクを伴います。これらの薬剤は扱い方が難しく、使い方を少し間違えてしまうだけで大きなダメージを与えてしまうかもしれません。さらに、誤って皮膚に触れたり目に入ったりすると、健康を害してしまうのでおすすめできません。

また、すべての詰まりが薬剤で解消できるわけではなく、固形物にはほとんど効果はないと言えるでしょう。適切な方法での対処が、追加のトラブルを避けるための最善策です。


酢と重曹を入れる


詰まりを自力で解消しようと、酢と重曹を使用する方法が推奨されますが、この手法は注意が必要です。この組み合わせは確かに化学反応を起こし、発生した炭酸ガスが汚れを分解してくれるといった仕組みですが、トイレの詰まりの内容によっては、この方法が逆効果となる場合もあります。

すでに水で満たされている状態で酢と重曹を加えると、予想外の水の溢れや炭酸ガスの過剰な発生により、さらなる問題を発生させるリスクがあるので注意が必要です。また、適切な量を見極めるのが難しく、不適切な使用は損傷させる可能性も否定できません。


トイレの水が流れない際の注意点


水が適切に流れない場合、ただちに対処することが重要です。しかし、焦って行動する前に、適切な手順と注意点を理解することが必要です。不適切な対処は、状況を悪化させるだけでなく、衛生的なリスクを高めることにもつながります。そのため、詰まりや水流の問題に対処する際は、下記の点に注意してください。


飛び散りや逆流を防ぐ


トイレの詰まりを解消する際、とくに気をつけるべきことは、汚水の飛び散りと逆流の防止です。詰まりを解消しようとする作業には、真空式パイプクリーナーなどを使用することが多いですが、これらのツールは使い方次第では、周囲に汚水が飛び散ってしまうので注意してください。作業を始める前に、周囲の壁などをビニールシートで覆うことで、飛び散りを最小限に抑えられます。

また、排水管内の圧力変化による逆流を防ぐため、他の排水口を一時的に塞ぐことも重要です。これにより、キッチンや浴室からの不意の逆流を防ぎ、衛生的な作業環境を維持できます。


異物が奥まで入り込むのを防ぐ


詰まりを解消する際には、異物がさらに奥に入り込んでしまわないようにすることが大切です。誤って流してしまった固いものや水に溶けない素材が原因で詰まっている場合、無理に水を流すことでこれらがさらに奥に押し込まれてしまうことがあります。このような事態を避けるためには、詰まりの原因となっている物が何かを確認し、適切な工具を使って慎重に取り除く必要があります。

真空式パイプクリーナーなどを使用する際も、強い力を加えすぎず、優しく圧力をかけることがポイントです。もし異物が見えている場合は、手や専用のピンセットを用いて直接取り除くことが推奨されます。詰まりの原因が不明な場合や解消できない時は、早急にプロに相談しましょう。


すぐにレバーを回さない


詰まった際には、直感的に何度もレバーを操作しがちですが、これは避けるべき行動です。詰まりが解消されていない状態でレバーを繰り返し操作すると、水が排水管を通過できずに溢れ出るかもしれません。

まずは、水位が十分に下がるのを確認し、安全を見極めることが重要です。もし水位が下がっているようであれば、少量の水をバケツで注ぎ込み、水が流れるかを確認してください。


トイレを詰まらせないための予防策


トイレの詰まりは、小さな注意不足が原因で起こることが多く、日常的な使用方法の見直しが予防につながります。詰まりを未然に防ぐためには、日々の習慣を変えることが効果的です。


こまめに流す


こまめに水を流す習慣をつけることが詰まり防止につながります。


1回で大量に流した場合、詰まる可能性があるので注意が必要です。水に溶けやすいタイプであっても、過剰に使用すると詰まってしまうかもしれません。適切な量を心掛け、少しずつ分けて水を流すことで、紙が詰まるのを防ぎます。また、トイレの「大」と「小」の機能を正しく利用し、必要に応じて適量の水を使うことで、無駄な水の使用を防ぎつつ、効率的に排水することが可能です。


トイレットペーパー以外は流さない


詰まりを防ぐ予防法の1つは、トイレットペーパーしか流さないようにすることです。その他の紙製品、または生理用品や「流せる」と表示されている製品であっても、これらは水に溶けにくく、詰まってしまう可能性があることは間違いありません。

とくに、食べ残しや油脂を含む物質は、配管の中で固まってしまい、後で大きなトラブルの元になる可能性を秘めています。トイレを使用する際は、必ずトイレットペーパーのみを流し、それ以外のものは適切な方法で処理するようにしましょう。これにより、トイレの機能を維持し、トラブルを避けられます。


トイレに余計な物を持っていかない


余計な物を持ち込まなければ詰まる確率は格段に下がります。小さな物品は落ちやすく、意図せずトイレの詰まりを引き起こす原因となるでしょう。たとえば、ポケットに入れていたボールペンやキーホルダーなどが、不意に落ちることがあります。これを避けるため、トイレに入る前にポケットの中を空にすることを習慣づけましょう。

また、トイレタンクの上や窓辺に小物を置く習慣も見直すことが推奨されます。トイレ内をすっきりと保つことで、不要なトラブルを未然に防ぎ、安全で快適なトイレ環境を維持できます。


こまめに掃除する


トイレの清潔を保つためには、定期的な掃除が不可欠です。掃除を怠ると、隠れた部分に汚れが蓄積し、結果的に詰まりの原因となることもあるでしょう。とくに、トイレの内部や排水口周辺は、見えにくい場所であるため、掃除が行き届かずに目に見えない細菌の繁殖場所にもなり得ます。これを防ぐためにも、週に1度はトイレの縁や排水口を含めた徹底的な清掃を行うことをおすすめします。定期的な掃除は、トイレの機能を正常に保ち、不快な臭いや突発的なトラブルの予防にもつながるでしょう。


トイレの詰まりを放置するとどうなる?


トイレの詰まりは放置することでさらなる重大なトラブルを発生させてしまう可能性を秘めています。ここでは、詰まりが解消されないまま使用を続けると、発生する問題を見ていきましょう。


下水があふれ出す恐れがある


詰まりを放置していると、重大な衛生問題を発生させてしまうかもしれません。詰まりが深刻な場合、水が逆流し、下水が溢れ出すこともあるので注意しましょう。これは家庭内の他の排水口にも影響を及ぼし、キッチンやバスルームからも不衛生な水が逆流したりします。下水があふれると、その場所に悪臭が発生し、床や壁にダメージを与えるだけでなく、健康リスクも増大します。そのため、詰まりは初期段階で対処し、悪化させないことが重要です。


悪臭が発生する


詰まりが原因で悪臭が発生することは、一般的に見過ごされがちですが、重大な衛生問題です。通常、便器内には臭いを防ぐための水が常に保持されていますが、詰まりが発生するとこの水が逆流するか減少してしまいます。これにより、下水管からの悪臭が逆流し、居住空間に広がることがあります。この臭いは壁紙や床材にも染み付き、除去が困難になることもあるので注意しましょう。したがって、詰まりは発見次第、速やかに対応することが不可欠です。


階下で水漏れが発生する恐れがある


トイレの詰まりが深刻な場合、階下で水漏れが発生する危険性が高まります。

とくに集合住宅では、1つのトイレの問題が複数の住戸に影響を及ぼす可能性があるので注意が必要です。詰まりによって便器から溢れた水が、床を伝って下階の天井や壁にダメージを与えることがあります。このような状況は、ただの不便から住宅の構造への深刻な損害につながりかねません。早期の対応が重要であり、定期的なメンテナンスと速やかな修理が必要です。


トイレの修理業者の選び方


トイレのトラブルは突然に起こり得るため、信頼できる修理業者を事前に知っておくことは重要です。適切な修理業者を選ぶことで、迅速かつ効果的に問題を解決できます。ここでは、業者選びの際の重要なポイントを見ていきましょう。


24時間対応可能か確認する


トイレのトラブルは予期せず発生し、時には夜中や早朝に起こることもあります。そのため、24時間対応が可能な修理業者を選ぶことは、トラブルが起きた際にすぐに対応してもらえるという大きな安心感を得られます。緊急の場合、時間を問わず対応してくれる業者を選ぶことは重要です。

ただし、深夜や早朝の対応には追加料金が発生することもありますので、事前に料金体系を確認しておくとより安心でしょう。


料金相場を確認する


トイレ修理の際、料金相場を把握しておくようにしましょう。修理業者を選ぶ際は、複数の業者から見積もりを取り、料金を比較することをおすすめします。これにより、過剰請求や不当な低価格による質の低いサービスを避けることが可能です。また、料金が高すぎる場合や不自然に安い場合は、それぞれ手抜き工事や隠れた追加費用が発生する可能性があるため、注意が必要です。適正な価格で信頼できるサービスを提供する業者を選ぶためにも、市場の相場を理解し、明確な見積もりを業者に要求しましょう。


水道局指定工事店から選ぶ


トイレ修理時には、信頼性と専門性を保証された「水道局指定工事店」を選ぶことが重要です。これらの業者は、厳しい基準と定期的な監査をクリアしており、水道局から直接の認可を受けています。指定工事店は、適切な設備と専門知識を有しているため、トイレのトラブルを確実に解決できます。

また、指定工事店を選ぶことで、万が一の際にも水道局を通じて迅速な対応を保証されるため、安心してサービスを利用することが可能です。地域の水道局や公式ウェブサイトを通じて認可された業者リストを確認し、安全かつ確実な修理を心掛けましょう。


判断が難しい場合は専門業者に相談しましょう


いかがでしたでしょうか。トイレの詰まりは、日常生活に大きな支障をきたす問題です。水が出るのに流れない場合は、詰まりが原因であることが多いです。自宅での対処法としては、ぬるま湯やラバーカップの使用、真空式パイプクリーナーの活用などがありますが、解決しない場合は専門の修理業者に依頼しましょう。とくに、24時間対応可能な業者や、水道局指定工事店を選ぶことで、迅速かつ安心して問題を解決できます。日常的な予防策を実践し、トイレのトラブルを未然に防ぎましょう。


ふくおか水道職人では、水道局指定店としてトイレの詰まりなどの水回りに関するさまざまなトラブルに対応しています。24時間365日受付・ご訪問を行っているので、緊急で今すぐ相談したい場合もお気軽にご連絡ください。



監修者

監修者の写真

主任

福田 武士

《略歴》

2018年に株式会社 N-Visionに入社し水道メンテナンス業務を行う。
業界歴は7年で現在年間600件ほどの対応を行う。つまり・水漏れのトラブル解決のプロフェッショナルです。
修理完了後も安心してご利用いただける環境づくりに努めております。
福岡県でつまり・水漏れでお困りでしたらふくおか水道職人にお任せください。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

公式LINEアカウント始めました!お友だち募集中
お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315