福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

ハンガーでトイレの詰まりを解消できる?注意点も解説

2024年06月28日 トイレのつまり


毎日必ず使用するトイレが詰まってしまうと、日常生活に大きなストレスをもたらすことになります。実は、家庭にある針金ハンガーを活用して、トイレ詰まりを簡単に解消できる場合があります。

この記事では、針金ハンガーを使ったトイレ詰まりの解消方法と注意点を解説します。水回りのトラブルに困っている方や、業者に依頼する前に自分でできる対処方法をお探しの方は、ぜひご参考ください。



トイレが詰まる原因とは?


トイレが詰まる原因は多岐にわたりますが、主にトイレットペーパー以外の物を誤って流してしまい、それが詰まるといったケースが多いです。

ここでは、詰まる原因となっているものを詳しく見ていきましょう。



トイレ詰まりの原因として、トイレットペーパーの過剰使用が多く挙げられます。通常、水につけると溶けはじめるといった特性を持っていますが、1回の排泄で大量に流すと、溶ける前に詰まってしまいます。濡れた状態で厚く固まったペーパーは、簡単に詰まらせる存在となってしまうでしょう。

また、トイレットペーパー以外の紙製品にも気をつけてください。たとえば、掃除用の流せるシートは、水に強いため詰まる可能性が高まります。詰まらさないためにも1回で流す量を調節し、他の紙製品は決して流さないようにしましょう。


食べ残し


意外に見過ごされがちなのが、食べ残しを流す行為です。食べ物がトイレに流されると、その固形物が詰まりの原因となってしまいます。とくに油分を含む食べ物は、冷えると油が固まりやすく、次第に配管を塞ぐ厚い膜を形成してしまいます。

野菜の皮や骨、種などの消化されにくい素材は、水中で容易に溶けることはなく、障害物になりやすいです。そのため、食べ残しはトイレには流さず、生ゴミとして正しい方法で処理してください。


異物


予想外の異物が原因で詰まってしまうこともあります。たとえば、日常生活でよく使うボールペンや小さな玩具などが不意に落ちてしまうかもしれません。こういった物は、分解しにくい固形物であり、簡単に詰まらせる原因になります。

さらに、見落としがちなのが爪楊枝のような細長いものです。排水口の曲がり角に挟まることで、深刻な詰まりを引き起こします。トイレの周辺に小物を置かないなど、日常的な注意が必要です。


尿石


原因として見落とされがちなのが「尿石」です。尿石は、尿中のカルシウムや尿素が反応し、時間とともに排水管や便器の内壁に固まりつくことで発生します。これが蓄積すると、最終的に深刻な詰まりを引き起こします。また、尿石は硬化すると通常の掃除方法では除去が困難になるため、定期的な清掃が重要です。


針金ハンガーで直せるトイレの詰まりとは?


トイレの詰まりは、針金ハンガーを使うことで解消できる場合があります。ただし、針金ハンガーで効果的に対処できる詰まりは、詰まっているものが水に溶けやすいか、ハンガーで物理的に分解できるものに限られます。

たとえば、適度な量の紙製品が詰まりの原因である場合、かき混ぜることで解消できるかもしれません。また、食べ残しや嘔吐物のように、一見流れにくいものでも、ハンガーで小さく分解し、水流で流せることもあるので期待できる方法の1つです。


針金ハンガーで直せないトイレの詰まりは?


針金ハンガーでは対応しづらいトイレ詰まりもあります。固形物や水に溶けない素材として、おもちゃやスマートフォン、生理用品、おむつなどが該当します。これらはハンガーで引っかけて取り除こうとしても、サイズが大きすぎたり形状が不適切だったりするため、かえって詰まりを悪化させてしまうので注意してください。

また、ペットのトイレ砂や尿石のように、時間とともに硬化または膨張するものも、ハンガーの力では対応が困難です。


針金ハンガーでトイレの詰まりを直す方法


トイレ詰まりを針金ハンガーで治す方法は、工具を必要とせず、簡単な手順で詰まりを解消できるかもしれません。ここでは、針金ハンガーを使って詰まりを直すための具体的なやり方を解説していきます。


先端を丸くする


針金ハンガーの先端を丸くすることで、トイレ内の繊細な表面を保護しつつ、詰まりを効果的に解消するために役立ちます。この丸い形状は、紙製品などの柔らかい物質が原因で発生した詰まりを解消するのに適しています。

針金の一端を取り、小さな円を形成するように曲げていきましょう。


先端をらせん状にする


針金ハンガーの先端をらせん状にするのも効果的です。この形状は、固めの詰まり物に対して高い効果を発揮します。らせん形に曲げることで、強度と掴みやすさが向上し、ペットの砂や嘔吐物など、固めの物質を効率的に掻き出せます。この方法は、ただ物を押しのけるだけでなく、詰まり物を絡め取りながらゆっくりと引き抜くことを可能にする方法です。


先端を釣り針の形にする


針金の先端を釣り針の形にする方法は、頑固な詰まりに対処する際に有効です。トイレに落ちてしまった生理用品や小さな布製品など、水に溶けにくい素材を確実に引っ掛けるのに適しています。一端を軽く曲げてフック状にすることで、これらの物体を掴みやすくし、慎重に引き抜くことが可能です。

ただし、この方法で対応する場合は、便器を傷つけないようによく注意してください。


針金ハンガーでトイレの詰まりを直す手順


針金ハンガーを使用してトイレの詰まりを解消する手順は、以下の通りです。



  1. 1.針金ハンガーをまっすぐに伸ばし、一方の端を丸く曲げてフックを作りましょう。

  2. 2.曲げたフックを排水口にそっと挿入してください。

  3. 3.ハンガーをゆっくりと回転させながら、奥に進めて詰まりの原因のものを捉えましょう。

  4. 4.詰まり物にフックが引っかかったら、慎重にハンガーを引き抜いてください。

  5. 5.詰まりが解消されたかを確認するため、水を流しましょう。


実行する際には、十分な注意が必要です。また、この方法を試してもトイレ詰まりが解消されない場合は、無理はせずに専門業者に相談しましょう。


針金ハンガーでトイレの詰まりを直す際の注意点


針金ハンガーを用いて解消する際には、いくつかの注意点があります。便器や排水管を傷つけるリスクを最小限に抑え、安全かつ効果的に作業を行いましょう。


注意点①奥に押し込みすぎない


最も重要なのは、ハンガーを排水管の奥に押し込みすぎないことです。過度に力を入れてハンガーを奥へと押し込むと、排水管を傷つけるリスクが高まりますし、ハンガー自体が曲がってしまい取り出せなくなることもあります。また、押し込みすぎることで、詰まりの原因をさらに奥へと押し込んでしまうことがあるため注意してください。

ハンガーの操作は優しく、感触を確かめながら行うべきで、抵抗を感じた時点で無理をせず、一度引き抜いて状況を確認するようにしましょう。


注意点②固形物の場合は使用しない


固形物が原因である場合の使用は避けるべきです。この方法は、紙製品などが原因での詰まりには効果的ですが、おもちゃやスマートフォンなどの水に溶けない固形物を引っ掛けてしまうと、悪化させる恐れがあります。

固形物が詰まりの原因である場合、針金ハンガーを使うと、さらに排水管の奥へ押し込んでしまう可能性があり、最終的には専門の業者による複雑な介入が必要になることもあります。固形物が詰まっている場合は、無理に自力で解決しようとせず、プロの水道業者に相談しましょう。


注意点③便器を傷つけない


針金ハンガーを使用する際には、便器を傷つけないようにしましょう。便器は大部分が陶器でできており、表面が傷ついてしまうと、そこから雑菌が繁殖しやすくなり、悪臭の原因や見た目の悪化につながります。

また、傷が深刻な場合には便器自体の交換が必要になることもあり、その費用は高くなる可能性があります。針金ハンガーを使用する際は、先端をなるべく丸く加工し、便器の内壁や排水口に直接触れる際は、優しく行うよう心がけてください。強く押し込むと便器に傷をつけたり、排水管を痛めたりする可能性が高まるため、力の加減を常に意識しましょう。


針金ハンガー以外の家庭にある物でトイレの詰まりを直す方法


針金ハンガーが自宅にないという方もいらっしゃるかもしれません。ここでは、針金ハンガー以外の身近な道具を使った解消方法をご紹介します。


ペットボトルを使う


トイレ詰まりを解消する際に、ペットボトルは便利な道具です。これは、紙製品などが詰まってしまった時に最適な方法です。

以下の手順に従って、自宅にあるペットボトルを活用してみましょう。



  1. 1.ペットボトルの準備:ペットボトルは500mlまたはそれ以上のサイズが最適です。ペットボトルの底部を2〜3cmの高さでカットしてください。

  2. 2.排水口への挿入:カットしたペットボトルの口部分を手でしっかりと塞ぎます。この時、ゴム手袋を着けていると安全です。次に、ペットボトルのカットした底部を排水口に合わせて差し込みます。

  3. 3.圧力操作:ペットボトルを上下に動かしながら、押し込むと同時に素早く引く動作を繰り返します。この圧力変化が詰まっているものを動かしてくれるといった仕組みです。この動作を数回繰り返すことで、詰まっていたものが徐々に取れていきます。

  4. 4.詰まりの確認と清掃:作業後、バケツに入れた水をゆっくりと流し込んで詰まりがなくなっているか確認しましょう。水がスムーズに流れれば、詰まりはなくなっています。


ペットボトルを使う方法は、簡単でありながら効果が期待できる対処法の1つです。ただし、しつこい詰まりものや、異物が詰まってしまった場合には適していません。また、ペットボトルのカット面で手を切らないよう、最大限の注意を払ってください。


重曹と酢を使う


家庭によくある重曹と酢を使うことでも詰まりを解消できます。

これらの材料を使って効率良く、詰まりを解消する手順を見ていきましょう。



  1. 1.重曹の使用:まず、1/4カップの重曹を排水口の水に直接振りかけます。重曹が排水口周辺に均等に行き渡るように、手または小さなスプーンを使って散布すると良いでしょう。

  2. 2.酢の使用:重曹を振りかけた後、約1/2カップの酢を重曹の上にゆっくりと注ぎ入れます。この時、酢と重曹が反応して発泡し、泡が発生しますが安心してください。この化学反応が詰まりを解消する助けとなる仕組みです。

  3. 3.ぬるま湯の投入:発泡が一通り落ち着いたら、約40〜50度のぬるま湯をゆっくりと注ぎましょう。お湯が反応を促進し、詰まりを押し流す力を強化します。

  4. 4.効果の確認:すべての材料が反応した後、約30分から1時間放置します。その後、レバーを使った通常の水流で何度か流して、水位が正常に戻るかを確認してください。水がスムーズに流れれば、詰まりは解消されています。


この方法は、分解可能な物質が原因で起きた軽度の詰まりに対して有効です。しかし、固形物や大きな異物が詰まっている場合は、この方法では効果が限定的ですので、そのような状況では専門の業者に依頼しましょう。


50度以上のお湯を流す


50度以上のお湯を使うことで詰まりを解消できることもあります。この方法は、排泄物などによる水溶性の詰まりに効果的です。

正しい手順と注意点を見ていきましょう。



  1. 1.適切な温度のお湯を準備する:トイレに流すお湯は、50度以上のぬるま湯が理想的です。この温度なら、便器を傷つけることなく、詰まっている物質を効果的に溶かせます。

  2. 2.大量の水を用意:作業を行う前に、便器の水位が通常より低くなっていることを確認し、必要に応じて水を少し抜いてください。これにより、お湯が直接詰まり部分に作用しやすいです。

  3. 3.お湯をゆっくり注ぐ:お湯が便器の内側を傷つけないように、また水はねを避けるためにも、ゆっくりと注ぎ入れましょう。お湯は排水口に集中して流れるように、高めの位置から静かに流し込むと良いでしょう。

  4. 4.反応時間を持たせる:お湯を流し終えたら、数分間待ってから流してみてください。これにより、溶けた物質が排水管を通って流れていきます。

  5. 5.結果を確認する:最後に、通常通りトイレを何度か流して、水位が正常に戻るかどうかを確認してください。水位が上がらなければ、詰まりは解消されています。


この方法を使用する際には、お湯の温度に注意してください。ほとんどの便器は陶器でできており、熱すぎるお湯を使用するとヒビが入る可能性があります。また、プラスチック部品が損傷するリスクもあるため、お湯は50〜60度程度に調整しましょう。


洗剤とお湯を流す


どの家庭にもある洗剤とお湯を使って詰まりを解消することも可能です。この方法は、軽い症状の詰まりに対して効果が期待できます。

詳しい手順を見ていきましょう。



  1. 1.必要な材料を準備する:使用するのは、食器用洗剤約100ccと40〜50度のぬるま湯です。お湯は便器が半分程度埋まる量を用意します。

  2. 2.便器の水位を調整する:便器内の水が多すぎる場合は、バケツや容器を使って過剰な水を取り除いてください。これにより洗剤が直接詰まり部分に作用しやすいです。

  3. 3.洗剤を便器に入れる:準備した洗剤を排水口に注ぎ込みます。洗剤が排水口にしっかりと到達するように全体に行き渡らせることが大切です。

  4. 4.お湯を加える:洗剤を入れた後、ぬるま湯を静かに注いでください。お湯の流し込み方は、洗剤とよく混ざるように、少し高い位置からゆっくりと行うと効果的です。

  5. 5.反応時間を持たせる:洗剤とお湯が混ざったら、そのまま約20分間放置します。この時間が詰まりを解消するための化学反応に必要です。


この方法を用いる際には、洗剤の使用量に注意してください。洗剤を過剰に使いすぎてしまうと、泡立ちが過度になり排水路を詰まらせる原因にもなり得ます。また、便器などを傷めないように、適温のお湯を使用するようにしましょう。


割りばしを使用する


家庭に常備されている割りばしでも詰まりを解消できます。

割り箸を使った解消方法について、順番に見ていきましょう。



  1. 1.水量を調節する:作業を始める前に、便器内の水量を適切に調整しましょう。灯油ポンプやバケツを使用して、水を取り出し、作業しやすい状態にしてください。

  2. 2.割りばしを準備する:新しい割りばしを1膳取り、便器内で操作しやすいように準備します。もし手が届く範囲に詰まっているものがあるなら、割りばしは最適な道具です。

  3. 3.詰まりの原因を取り除く:割りばしを使って、排水口近くに見える詰まりの原因となる物を慎重に摘みましょう。できるだけ優しく確実に摘んでください。

  4. 4.水を流して確認する:原因物が取り除けたら、水を流して詰まりが解消されたかを確認します。この時、水位が上がらずスムーズに流れれば、作業は成功です。


割りばしを使う際には、箸が折れたり、さらに便器の中に落ちてしまわないように注意が必要です。また、便器を傷つけないように、割りばしの扱いには細心の注意を払ってください。


トイレ詰まりの専用道具も活用する


詰まりを解消するためには、家庭で手軽に使える方法も有効ですが、専用の道具を使うことで、より迅速かつ確実に問題を解決できます。

ここでは、トイレ詰まり専用の便利な道具を見ていきましょう。


ラバーカップ


ラバーカップ、または「スッポン」とも呼ばれるこの道具は、詰まりを手軽に解消するのに最適です。市場にはさまざまなサイズがありますが、一般的には大きめのものが広範囲をカバーできるためおすすめです。使用する際には、ラバーカップの半球形の部分を排水口にしっかりと押し付け、カップ内がほぼ真空状態になるまで圧力をかけましょう。その後、力強く引くことで詰まりを引き起こしている物体を動かし、排水路を開放します。

この手順を繰り返すことで、ほとんどの詰まりを解消できます。しかし、使用する際には注意が必要で、流してはいけない大きな異物や固形物が詰まっている場合には効果が期待できません。無理に使用すると、状態をさらに悪化させてしまうので、詰まっているものを確認してから適切な対処を行うようにしましょう。


真空式パイプクリーナー


真空式パイプクリーナーは、詰まりを効果的に解消するための高度な道具です。このクリーナーは強力な吸引力と圧力を利用して、詰まりを素早く取り除くことが可能です。操作方法はシンプルで、ハンドルを押し込むことでカップを便器に密着させ、引くことで詰まりを引き起こしている物質を吸引します。この繰り返しにより、詰まりが効率良く解消されます。トイレットペーパーや簡単に流せる小さな異物が原因での詰まりには最適です。

また、真空式パイプクリーナーのメリットは、操作が容易であり、水の飛び散りを最小限に抑えることができる点です。しかし、使用する際には、詰まっている物質が何であるかを事前に確認し、固形物や流すべきでない大きな物体が原因の場合は使用を避ける必要があります。無理に使用すると、詰まりをさらに悪化させる恐れがあります。そのため、異物が何かわからない場合や、大きな物が詰まっている疑いがある場合は、専門の業者に依頼することを検討しましょう。


ワイヤーブラシ


ワイヤーブラシは、その強靭な金属製の構造により、頑固なトイレの詰まりを解消する際に効果的です。主に、詰まりの原因となる異物や尿石を崩し、動かすことに特化しています。使用する際は、ワイヤーブラシの先端を便器の排水路に合わせて慎重に挿入してください。排水路が手前向きのトイレでは、ワイヤーを前方に、奥向きのトイレでは後方に進めていきましょう。

操作は、ワイヤーが異物に触れるまで慎重に押し込み、触れたらハンドルを回して異物を掻き出すか、位置を変える作業を行います。この動作を通じて、詰まりを形成している物質を効果的に除去できます。しかし、ワイヤーブラシを使用する際には、適切な長さと種類のブラシを選ぶことが重要です。トイレ専用のワイヤーブラシを選ぶことで、便器を傷つけるリスクを避けられます。また、硬い物質や、トイレに流すべきでない大きな物体が原因での詰まりの場合、ワイヤーブラシの使用を避け、専門の業者に相談してください。


トイレの詰まりを放置すると危険


トイレの詰まりを放置すると、数多くのリスクが発生します。最も一般的な問題は、悪臭の発生や水が溢れるといった問題です。これがエスカレートすると、水漏れが家の他の部分に損害を与え、修繕費が高額になってしまうかもしれません。さらに、詰まりが原因で便器の中の汚物が逆流すると、健康を脅かす細菌が室内に広がる可能性があります。また、集合住宅では隣の部屋にも被害が及ぶことがありますので、早急な対応が求められます


針金ハンガーで詰まりを解消できる


いかがでしたでしょうか。トイレの詰まりを解消するために、家庭にある針金ハンガーを活用する方法は手軽で効果的です。詰まりの原因が紙や食べ残しなどの場合、適切な形に加工したハンガーを使って詰まりを解消できます。しかし、固形物や大きな異物が原因の場合は、無理に対処せず、専門業者に依頼することが重要です。また、ラバーカップや真空式パイプクリーナー、ワイヤーブラシなど専用道具を活用することで、より迅速かつ確実に詰まりを解消できるでしょう。適切な対処法を選び、安全にトイレの詰まりを解決してください


ふくおか水道職人では、水道局指定店としてトイレの詰まりなどの水回りに関するさまざまなトラブルに対応しています。24時間365日受付していますので、急ぎの場合もお気軽にご連絡ください。



監修者

監修者の写真

主任

福田 武士

《略歴》

2018年に株式会社 N-Visionに入社し水道メンテナンス業務を行う。
業界歴は7年で現在年間600件ほどの対応を行う。つまり・水漏れのトラブル解決のプロフェッショナルです。
修理完了後も安心してご利用いただける環境づくりに努めております。
福岡県でつまり・水漏れでお困りでしたらふくおか水道職人にお任せください。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

公式LINEアカウント始めました!お友だち募集中
お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315