【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 浴槽の水漏れ原因を探る方法とは?修理方法も解説!

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

浴槽の水漏れ原因を探る方法とは?修理方法も解説!

2018年12月26日 水漏れトラブル
3.

浴室の中で水漏れが発生すると大変なのが浴槽です。長年使用している浴槽は、サイズの合う代わりのものや、在庫を見つけることが難しく、部分的に修理を施すことが多いです。

浴槽が水漏れしてしまった場合、どこから水漏れが発生しているのか見極めなければいけません。そのような事態になってしまった時に、水漏れの原因を探る方法と修理方法も合わせて解説していきます。


浴槽の水漏れ原因を探る方法

浴槽の水漏れを修理するためには、水漏れ原因を探ることが大切です。原因を探る方法について解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

・浴槽に水を溜める
浴槽から水漏れが発生している場合、まずは浴槽内に水を溜めて発生箇所を特定させましょう。水を溜めた後は、スポンジなど水に浮く物を用意してください。

浮かせた物が水漏れ箇所に移動するので、どこに移動したかで水漏れの原因を探ることができます。

・浴槽の壁に移動し水位が止まった場合
浮かせている物が浴槽の壁に移動し、水位が一定のポイントで止まった場合、近くでひび割れや傷が発生している可能性があります。止まった箇所をよく見ると、裂傷などが見られるはずなので、注意深く観察してみましょう。

・水槽の水がなくなる場合
浴槽に溜めていた水がなくなった場合、排水栓やゴム栓が劣化・破損していることが原因である可能性があります。排水栓やゴム栓が原因である場合は、新しい物に交換することで症状を改善することが可能です。


ひび割れや傷の修理方法

浴槽からの水漏れの原因がひび割れや傷が原因だった場合、どのような修理が必要になるのでしょうか。修理方法について紹介します。

・専用の補修キットを使用する
浴槽は物によって素材が異なります。一般的な浴槽であれば、FRPと呼ばれるガラス繊維強化プラスチックが使用されているのが特徴です。FRPであれば、専用補修キットで破損した箇所を修理することができます。

他にも、人工大理石・ステンレス・木製・タイルなど、浴槽に使用されている素材に合わせた補修キットがあります。該当する補修キットで破損した箇所を修理することが可能です。

・接着剤や水中ボンドで修理
ひび割れや傷が発生している場合は、接着剤や水中ボンドで発生箇所を埋めるようにしましょう。埋める箇所を大きくし過ぎると、不格好な浴槽になってしまうので、ひび割れや傷を覆う程度に使用することが肝心です。もし、接着剤や水中ボンドを使い過ぎた場合は、研磨作業で補正を行いましょう。

・防水テープで補修材を貼り付ける
ひび割れや傷が発生している箇所があれば、防水テープで補修材を貼り付ける方法も有効です。先に接着剤や水中ボンドを使用してから使用すると、さらに効果が期待できます。


排水口や排水栓の修理方法

浴槽の水漏れが排水口や排水栓が原因で発生している場合、どのような修理方法が有効なのでしょうか。その修理方法についてご紹介します。

・排水栓を新しい物と交換する
排水栓が破損して水漏れが発生している場合は、新しい排水栓に交換しましょう。まず古い排水栓を取り外し、新しい排水栓に交換します。その際に、しっかり接続されているか、よく確認することが重要です。

ワンプッシュ式の排水栓であれば、パチッという音が鳴ります。音が鳴ったら、取り付けは完了です。

・新しい物に買い替える場合の注意点
排水栓やゴム栓を新しい物に買い替える場合、現在使用している排水栓やゴム栓と規格が同じ物を選択する必要があります。規格が異なるとサイズが合わなかったり、不具合を起こす可能性があるので注意しましょう。

中には、浴槽の規格が何なのかわからない可能性もあります。その場合、業者に連絡して相談してみましょう。


排水管などの修理方法

その他には、浴槽に繋がっている排水管から水漏れが発生しているケースもあります。蛇口や水栓から水漏れしている可能性も考えられます。排水管や蛇口、水栓から水漏れが発生している場合の修理方法について解説していきます。

・排水管が水漏れ原因であった場合
水槽と繋がっている排水管から水漏れが発生している場合、接続部分の緩みなどが原因であると考えられます。排水管からの水漏れに気付くのが遅くなると、床下に水が溜まってしまい、シロアリの発生に繋がる恐れがあります。十分に注意しましょう。

排水管から水漏れが発生した場合は、配管の付け直しや接続部分の緩みを締め直すなどの修理方法が必要になります。

・蛇口や水栓が水漏れ原因であった場合
浴槽とは別に、蛇口や水栓が水漏れ原因である可能性があります。その場合、パッキンの摩耗やナットの緩みが原因である可能性があるでしょう。

修理する方法としては、パッキンを新しい物に交換することやナットの緩みを改善することが大切です。

浴槽から水漏れが発生している場合は、まず水漏れが発生している箇所を特定することが大切です。特定することができれば、発生原因の内容に沿って修理方法を試してみてください。ご自身で修理することが難しい場合は、業者に依頼することをおすすめします。

水道職人であれば、浴槽など浴室でのトラブルに対応しています。お困りの際は、気軽にご相談ください。速やかに現場に急行し、問題解決に尽力させて頂きます。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315