【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 洗面所の排水口がつまる原因とは?つまりにくくする方法も解説!

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面所の排水口がつまる原因とは?つまりにくくする方法も解説!

2018年12月26日 つまりのトラブル
4.

生活する中で使用する頻度の高い洗面所は、つまりが起こりやすい場所のひとつです。つまりが発生すると改善まで使用できなくなるので困るでしょう。

洗面所の排水口がつまりやすい原因には、どんな事がいえるのでしょうか。またつまりにくくする方法についても合わせて紹介していきます。


最初に確認するのはヘアキャッチャー

洗面所の排水口がつまる原因の一つとして、「ヘアキャッチャー」にゴミが溜まっていることが考えられます。ヘアキャッチャーは、下水までゴミが流れてしまわないように設置されている網状のゴミ受けのことです。

髪の毛など、水に溶けない異物が流れて、排水管で溜まらないようにしてくれる役割をしてくれます。

このヘアキャッチャーにゴミが溜まりすぎてしまうと、水の流れを阻害してしまい、つまりの原因になります。日頃からこまめにゴミを取り除くように心掛けましょう。特に洗面所で髪を洗った時や雑巾など、綿素材の物を洗った時は、ゴミ受けに溜まりやすくなっています。十分に注意するようにしましょう。

洗面所の使用頻度が少なかったとしても、ゴミ受けには徐々に蓄積されていきます。ヘアキャッチャーを清潔な状態に保つことが、洗面所のつまりを未然に防ぐ方法です。


排水トラップもつまりの原因

洗面所の排水管は、「排水トラップ」という構造が取られており、つまりやすい形状になっているのが特徴です。排水トラップは、P字やS字、U字に曲がっています。曲がった部分に水が溜まることで、下水から臭いや害虫が上がってくることを防止してくれます。

ただ形状が曲がっていることで、洗面所で流れた異物がつまりやすい原因になります。些細な異物でもつまりの原因になりやすく、ヘアピンや爪楊枝、詰め替え用のパウチの切れ端などでも流すと危険です。

異物が流れても、すぐにつまる訳ではありません。異物に髪の毛などが蓄積されることで、排水管を圧迫し、水が流れない原因となります。

洗面所の表面だけをきれいにしても、排水管の中まで洗浄しないと、いずれ水がつまる原因になります。常に清潔な状態に維持することが大切です。


排水トラップのつまりを解消する方法

排水トラップは、水が溜まることで、下水からの害虫の侵入や臭いを防止する役割があります。しかし、特殊な形状のために、ゴミが溜まりやすいのも事実です。

つまりが発生した場合は、どのように対処を行えばいいのでしょうか。
排水トラップのつまりを解消する方法を解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

・排水トラップの接続部分を緩める
排水トラップにゴミが溜まっていることで、つまりが発生した場合は、まず排水トラップの接続部分を緩めていきましょう。反時計回りにネジを回すことで、外すことができます。

排水トラップの接続部分のネジは、ほとんどの場合、工具がなくても外すことができます。しかし、ご自身の排水トラップの形状を確認した上で、工具が必要であれば準備しましょう。

ネジを開くと、排水トラップに溜まっていた水が溢れてくるため、事前にバケツと雑巾を用意しましょう。床に水がこぼれないように、注意してください。

排水トラップに溜まっている水は、清潔な水ではないため、ゴム手袋も着用しておくことを忘れないようにしましょう。

・排水トラップを洗浄する
排水トラップの接続部分を取り外した後は、排水トラップの中を洗浄していきます。つまっているゴミがあれば取り除き、きれいにしましょう。

アクセサリーやヘアピンなど、異物が挟まっている場合は、取り除く時に排水トラップを傷つけないように慎重に引き抜きましょう。力を入れて取り除くと、排水トラップの破損を招く可能性があるので、注意が必要です。


排水口をつまりにくくする方法

洗面所は、髪の毛や異物がつまりやすいため、日頃から予防法を実践しておくことが重要です。どのような方法で、排水口をつまりにくくするのか、詳しい内容を解説していきます。

・ヘアキャッチャーをこまめに洗浄
洗面所のつまり防止として設置されているヘアキャッチャーは、定期的に洗浄することで、つまりを予防することができます。1週間に1度の頻度で洗浄を行えば、つまりが発生することは少なくなるでしょう。

・市販のパイプ洗浄剤で洗浄
排水トラップも定期的に洗浄することが大切です。市販のパイプ洗浄剤を活用すれば、髪の毛など、つまりの原因を除去することができます。排水トラップはすぐにつまるような物ではありませんが、定期的に洗浄することで、つまり予防となります。

洗面所は日頃から洗浄しておかないと、つまりやすい環境を作ってしまいます。定期的にヘアキャッチャーと排水トラップを洗浄するように心がけましょう。

それでもつまりが発生した場合は、速やかに業者に依頼して、つまりを解消してもらうことをおすすめします。

水道職人であれば、洗面所のつまりに対応しています。お困りの際は、電話でご連絡ください。速やかに駆け付けて、問題解決に尽力させて頂きます。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315