【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » トイレの水位がいつもより低い原因は2つ。自分で直す方法を解説

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの水位がいつもより低い原因は2つ。自分で直す方法を解説

2019年06月27日 水のトラブル
トイレ
「便器内の水位が低いような気がする」と同時に「臭いもする」と感じたら、それはトラブルの予兆であり、すぐに対処が必要な状態と言えます。トイレの水位が低くなる2つの原因と、自分でできる対処法をご紹介しましょう。


■トイレの便器内の水位が低いときの原因は2つ

トイレの便器内には、「封水」と呼ばれる水が、常に一定量貯まるような仕掛けになっています。この封水のおかげで、下水の臭いや這い上がってくる虫を防げます。封水の水位が低い状態であったり、コポコポと音を立てていたりする場合、以下の2つの原因が考えられます。

1.紙や便・異物が詰まっている
水位の低さに臭いが伴う場合は、「つまり」の可能性が高いです。使用済みトイレットペーパーを一気に大量に流そうとすると、いくら水に溶ける素材であっても排水管を詰まらせてしまうこともあります。また、水に溶けないティッシュペーパーやヘアピン・アクセサリー、子どものおもちゃなどの本来はトイレに流してはいけない物を誤って便器内に落とし、そこに溶けるはずのトイレットペーパーが引っかかり、トイレを詰まらせる原因となっていることもあります。

水分を吸収する機能を持つ生理用品・紙おむつなども、排水管で大きく膨れ上がり、水の流れをせき止めてしまいますので注意が必要です。

2.便器が破損している
便器そのものや、タンク内の補助水管などの部品が壊れていることが原因で、封水の水位が低くなるというケースもあります。タンク内の部品が壊れていたり、外れていたりする場合には交換が必要ですが、便器そのものが破損している場合には「つまり」よりもさらに重い症状だと言えます。便器とは普段は座る対象なだけですので、あまり細かいところは見ないものです。そのため、水漏れやつまりがあって初めて便器の破損に気が付くというケースも少なくありません。

トイレは常に水分にさらされている状態で、経年劣化もあるということを意識しましょう。異物やトイレットペーパーの詰まりを解消してもまだ水位が戻らなかったり、トイレの設置年数がかなり経っていたりする場合には、便器やタンク内の部品が破損していないか、よく確認してみてください。


■トイレの水位が低くなった時の対処法

便器内に何かしらの「つまり」がある場合には、それを取り除くことで封水の水位が戻ります。ホームセンターなどで手軽に手に入れることができる道具「ラバーカップ」を利用しましょう。もし見当たらない場合には「別名スッポン」を伝えれば、店員さんもすぐに把握してくれます。洋式用・和式用・節水型用がありますので、ご自宅のトイレに合ったものを購入しましょう。

ラバーカップの使い方は、まずラバーカップでトイレの排水口を隙間なく覆い、ゆっくりと押し込んだら勢いよく引き抜いてください。何回か繰り返すことで、詰まったものが吸い出されてきます。水跳ね対策として便器周りの床をビニールシートなどで養生したり、便器そのものにラバーカップの柄が通る穴を開けてかぶせたりしておくと安心です。

ラバーカップと同じ仕組みで、吸引力がより強力な「真空式パイプクリーナー」もおすすめです。たった1回の吸引でつまりが解消されることが多いため、体力をあまり使わずに済みます。

道具を使っても異物が取れないという場合には、ゴム手袋をはめて直接手を排水口へ突っ込み、異物を探してみましょう。見えなかっただけで、すぐ異物にぶつかることもあります。


■改善しない場合は無理せず業者に依頼を

自力でトイレのつまりを解消しようとがんばっても、原因となる異物が見つからなかったり、水位が戻らなかったりした場合には、水道修理業者への依頼を検討しましょう。原因が便器の破損の場合には、専門業者の手による修理が必要です。原因を特定できないまま自己判断で修理を進めるよりも、プロの手で早めに対処するほうが労力・時間の節約になります。


■マンションの場合は業者を呼ぶ前に契約書を確認

マンションにお住まいでトイレなど水回りにトラブルがあった場合には、自分で水道修理業者へ連絡する前に、まず契約書を確認しましょう。契約書内にマンションの取り決めが書いてあったり、管理組合から安く修理してくれる専属の業者を紹介してもらえたりすることが多くあります。


■トイレの水位を保つために普段からできること

封水の水位を低くさせないためには、一気に大量の物を流さないように心がけることです。一度に流しても大丈夫な量は、トイレットペーパーの場合、5メートルまでといわれています。異物を落とさないように気を付けることはもちろん、便器・タンクのメンテナンスを定期的に行うようにしましょう。

トイレの水位が低い時は水道職人へお気軽にご連絡ください。プロの目線でトラブルの原因を素早く突き止めます。そのほかの水回りに関するご相談も24時間受け付けており、柔軟な対応を目指し、年中無休で営業しております。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315