【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 蛇口を閉めるとドンと音がするウォーターハンマー現象の対策方法

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

蛇口を閉めるとドンと音がするウォーターハンマー現象の対策方法

2019年06月27日 水のトラブル

10

蛇口や水栓を閉じた際に「ガツンッ」「ガコンッ」といった音がして、心配になったことがありませんか?これは「ウォーターハンマー」と呼ばれる現象で、時に何かしらのトラブルへと発展することもあります。


そんなウォーターハンマー現象が起こってしまう原因、自力でできる対策方法を説明します。



■ウォーターハンマー現象がおきる原因


日常的に水回りの設備を使う際、基本となるのは蛇口の開け閉めです。蛇口を閉めた直後は水道管の中で水やお湯が急停止された状態です。そこで発生していた流体の運動エネルギーが行き場を失い、圧力エネルギーとなって水道管内に高い圧力がかかります。

この水道管内での急激な圧力の変化は、水道管そのものや使われている多くの部品を揺らすため、それが衝撃音となって現れます。「ウォーターハンマー現象」という呼び名は、高まった水圧により発生するハンマーのような音が由来なのです。


このほかにも、配管が縦になっているケースにおいて、逆流が起こることによりハンマー音が鳴るという別のメカニズムも存在しますが、一般住宅では上に紹介した水撃作用によるメカニズムで発生するケースがほとんどです。


■ウォーターハンマーを放置すると水漏れや故障の原因に


このような衝撃音がしたら、ウォーターハンマー現象を疑いましょう。この状態を放置した場合、衝撃の強い共振現象が起こり、非常に不快な衝撃音をさらに誘発させることになってしまいます。


最近の配管ではポリ管が使われていますが、築年数の古い住宅では経年でサビが発生する可能性のある鋼管や銅管を使っています。そのため、水撃による圧力で継ぎ目がもろくなり水漏れを引き起こす可能性もあるのです。

それだけではなく、ウォーターハンマーは配管や接続されている器具・機器・給湯器などの各種センサー類にも損傷を与えることもありますので、ハンマーのような異音がしたら早急に対処することが大切です。


■自力でウォーターハンマー対策をする方法


蛇口を閉める際にハンマーのような衝撃音が頻繁に聞こえるようになったら、まずは自分でできる以下の対策法を試しましょう。


1.蛇口の開閉をゆっくり行う

洗濯機用水栓や屋外水栓などシングルレバー式の場合は、片手で簡単に水を出せるため、急な操作をしがちです。蛇口の開閉を注意深くゆっくり行うことで、水道管内を流れる水の勢いも緩やかになります。水流が穏やかになれば、圧力系のウォーターハンマー現象は解消されるはずです。


2.水道の元栓を絞る

おおよその一般住宅では、水道の元栓が全開になっていることが多いです。衝撃音が聞こえ始めたら、まずは元栓バルブを少し絞ってみましょう。

水流が穏やかになることで水撃による圧力が減り、異音が発生する症状も改善することがほとんどです。一度に流れる水の量が減ると、給湯器が点火しにくくなるケースもありますので、元栓の絞り具合を調整しながら対処しましょう。


3.水撃防止器をつける

(1)や(2)の方法を試してみても衝撃音が無くならない場合には、水撃防止器の出番です。この部品を止水栓などに設置することで、ウォーターハンマー現象により高くなった水圧を吸収させることができます。設置の難易度が高そうに思えるかもしれませんが、蛇口交換を自力で行ったことがある方であれば、取り付けることができるでしょう。


水撃防止器は5,000円前後で手に入れることが可能です。ホームセンターやネット通販を利用すれば、多少安く購入できることもあります。トイレ止水栓の上部用、配管取付型、洗濯水栓の上部用など、いくつか種類がありますので、用途に合ったものを選んで設置してください。


水回りのDIYを経験したことがない場合には、無理せずに業者に依頼するのが望ましいでしょう。多くの場合、水道修理業者は水撃防止器を在庫で持っています。業者に依頼した方が手間を省けるとともに、時間も要いない場合があります。


■トラブルが解決しない場合は無理せず業者に依頼する


ご紹介した方法で対処してもハンマーのような音がたびたび聞こえてくる場合には、配管をしっかりと固定したり、劣化した部品を交換したりといった大掛かりな対策が必要です。逆流が原因となっている場合には、逆止弁を設置する工事も必要となることもあるでしょう。


ウォーターハンマー現象が悪化すると、水漏れトラブルの発生に繋がる可能性もあります。マンションなど集合住宅では、階下や隣室まで被害が及ぶ事態にまで発展することも。自力で対策してみたものの解決しない場合には、速やかに専門業者に修理や交換の依頼をすることをおすすめします。


ウォーターハンマー現象は、放置しておくとさまざまなトラブルに繋がりかねません。原因は水道管内の急激な圧力の変化で見えない部分でもありますので、初めての場合には何事かと思うはずです。豊富な実績を持つ水道職人では、水撃防止器についてもご相談いただいた当日に交換完了となるケースがほとんどです。水回りの設備でお困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。



福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

公式LINEアカウント始めました!お友だち募集中
お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315