【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » お風呂(浴室)の蛇口からポタポタ水漏れ!原因別の修理方法

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂(浴室)の蛇口からポタポタ水漏れ!原因別の修理方法

2019年08月30日 お風呂
2
「しっかり閉めたはずなのに、お風呂場の蛇口からポタポタと水が漏れてきて困っている・・・」そんな方へ、お風呂場の蛇口からの水漏れ原因と、原因別の修理方法を解説します。原因の種類によっては、DIYで直すことも可能な場合があるので必見です!


■お風呂の蛇口の種類

浴室内の蛇口から水漏れが発生しているのを発見したら、まずはどのタイプの蛇口なのか確認しましょう。
お風呂の蛇口には、浴室の壁内に給水管を這わせて壁から蛇口がニョキッと出ている「壁付き」と、浴槽から続く台に取付けられている「台付き」という2つのタイプがあります。
蛇口を新しいものと交換する場合には、現在付いているタイプと同じもの(壁付き、もしくは台付き)から選ぶことになりますので注意してください。

そしてさらに、「シングルレバー混合水栓」「ツーハンドル混合水栓」「サーモスタッド混合水栓」の3つに大きく分けられ、それぞれ特徴や形状が異なっています。

1.シングルレバー混合水栓
シングルレバー混合水栓は、1つのハンドルを上下左右に捻ることで、湯量と温度を調節ができます。忙しい料理中にも片手で操作でき、とても便利なため、主にキッチンで採用されることの多い水栓蛇口です。時にお風呂場で採用されることもあります。

2.ツーハンドル混合水栓
ツーハンドル混合水栓は、お湯と水のハンドルが2つ付いている蛇口。ハンドルの開き加減でお湯と水の放水量をお好みで調節する仕組みになっていて、洗面所などでよく見かけるタイプです。シングルレバー混合水栓のほうが現在では主流となっているため、中古住宅で見かけるのがほとんどでしょう。

3.サーモスタッド混合水栓
お湯の温度を設定できるのが、サーモスタッド混合水栓の楽な点です。新築のお風呂場で見かけるのは、このタイプの水栓がほとんどです。古いタイプの浴室をリフォームする際には、このサーモスタッド混合水栓が多く採用されています。


■お風呂の蛇口の水漏れの原因と修理方法

お風呂の蛇口について把握できたら、いよいよ蛇口の水漏れの原因はどこにあるのか、具体的に見ていきましょう。お風呂の蛇口からの水漏れに関しては、以下のような4種類の原因が考えられます。

1.パッキンの劣化
浴室以外の蛇口でもいえることですが、ハンドル内部に設置されているゴムパッキンが劣化することで、水漏れを発生させることがあります。蛇口の水漏れでは最も多い原因であり、ホームセンターなどで気軽に交換部品も手に入れることができますので、DIYで修理交換が可能です。部品同士の接続部分には、ほんのわずかですが隙間があるため、そこを埋めるためにゴムパッキンが取り付けられているのです。
ゴムは経年劣化で固くなっていきますので、いずれは水漏れが発生することになります。

2.給水管のトラブル
お風呂場の壁や台の内部に埋まっている給水管が破損して、水漏れを起こすこともあります。また、給水管本体のトラブルだけでなく、接続部分となっているソケットが壊れることも。大量に水が漏れていている場合にはDIYで対処するのは難しいため、業者に修理を依頼しましょう。

3.バルブのトラブル
「バルブ」とは、レバーハンドル水栓の内部にある、お湯と水を切り替える役目を果たす重要な部品の1つです。このバルブ内にあるカートリッジにトラブルが発生すると、水漏れを起こすことがあります。
このケースでは蛇口本体を分解する必要がありますので、素人には修理が難しいでしょう。無理せず、水道専門業者に相談することをおすすめします。

4.細かいパーツの故障
蛇口も経年劣化しますので、常に水気を帯びている浴室では経年劣化も少々早めに進みます。経年劣化による袋ナットの割れなど、細かなパーツの破損で水漏れが発生した場合には部品を交換すればいいのですが、部品がすでに生産終了となっているケースも少なくありません。パーツが売っていない場合は、蛇口そのものを交換する必要があります。


■型が古い場合は修理でなく交換がいいことも

お風呂場の水栓は毎日使うものですので、もともとしっかりとした造りになっています。すぐに故障したり、頻繁に交換が必要になったりという設備ではありませんが、湿気の多い環境であるため、で経年劣化は避けることができません。
お風呂場の蛇口から水漏れが発生し、もしそれが10年以上前の水栓タイプである場合には、パーツが揃わないことも多く、それでも修理しようとすればかえって高額になったり、修理が長期間に及んだりすることもあります。
DIYで修理や交換が難しいケースでは、無理をせずにプロの業者へ相談しましょう。

新築の住宅でも、住み始めればあっという間に10年ほど経過してしまうものです。浴室の蛇口から水がポタポタと漏れてくるようであれば、水栓設備のメンテナンスにも気を配る必要があります。
水道の水漏れやパーツ・蛇口交換など、お困りのことがありましたら、弊社になんでもご相談ください。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315