【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 「浴室ドアはいつ交換すべき?交換に適したタイミングや3つの交換方法を解説」

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

「浴室ドアはいつ交換すべき?交換に適したタイミングや3つの交換方法を解説」

2019年11月07日 お風呂のトラブル
6-1
浴室は毎日使用するものですが、そのドアは家の中でも不具合が出やすい部分です。スムーズに開閉ができない、劣化が気になりながらもそのままにしている方もいらっしゃるでしょう。

しかし浴室のドアは、状態や経過年数によっては交換が必要な場合もあります。今回は、浴室ドアの交換のタイミングやその方法をご紹介します。


■浴室のドアを交換するタイミング

浴室全体のリフォームを考える方は多いですが、ドアだけの交換を検討したことがある方は少ないかもしれません。浴室のドアは使うにつれて劣化していくものですが、どのタイミングで交換が必要となるのでしょうか。

まず知っておきたいのが、一般的な浴室ドアの耐用年数は15〜20年ほどです。交換するか修繕するかは、これを目安にしてください。ここからは、浴室ドアを交換するタイミングとして多く見られる例を順にご紹介しましょう。

-ドアの汚れ(カビ)が落ちない
浴室ドアは、特にサッシ周りやパッキン周りに汚れやカビが沈着しやすいですが、洗剤やカビ取り剤などを用いて掃除をしても汚れが落ちなくなったら、それは浴室ドアの替えどきです。放置したまま使用すると不衛生で、まだ使えると思っても交換するほうがよいでしょう。

-ドアが故障して、開け閉めがしづらくなった
浴室ドアは何らかの不具合により開け閉めがしづらくなることがよくあります。特に中折タイプの浴室ドアは建て付けが悪くなりやすい傾向があります。開け閉めがしづらいままドアを使用するのは不便な上、洗面所への水漏れの心配も生まれます。修繕ができないようであれば、ドアを交換しましょう。

-パッキンに劣化が見られる
浴室ドアの樹脂パネルやガラスパネル、サッシなどとの接着部分に付けられているパッキンの劣化は、浴室の密閉性を損ねてしまいます。パッキンだけを変える方法もありますが、費用や手間がそれなりにかかることを考えると、ドアごと取り替えるのも一つの選択肢です。

-ドアが破損した
浴室ドアが破損してしまったら、必ず交換しなれければいけません。破損したドアは怪我や水漏れ、カビなどの原因になるからです。そのままにはせず、速やかに対処してください。

これらは浴室ドア交換が必要なタイミングの一例です。ほかにも異音がしたり使いにくかったりといった場合もあるでしょう。修正できない不具合や不便があるときが、浴室ドア交換のタイミングだといえます。


■浴室のドアを交換する方法は3つ

浴室のドアはどのように交換すればいいのでしょうか。ここからは3つの方法をご説明します。

➀ドアを交換する
ドアを交換する場合は、費用相場は3万〜12万円ほど(ドアのタイプや業者によって差があります)。比較的安く済むので、浴室や外枠には損傷がなく、「ドアだけ新しくなればいい」「費用を抑えたい」場合は、この方法がおすすめです。

ただし、ものによっては外枠に合うドアの生産が終わっていることもあります。その場合は、メーカーに特注品を頼まなくてはなりません。

②カバー工法
カバー工法とは、浴室ドアの既存の外枠をカバーするように新しい枠やサッシを付けてから、ドア本体を交換する方法です。部分リフォームやユニットバスの浴室塗装を行ったときによく用いられます。

価格は5万〜10万円ほどで比較的費用を抑えられます。このカバー工法は、費用を抑えつつ扉と扉周りをきれいにしたい場合や、ドアの開け閉めをスムーズにしたい場合などにおすすめです。

③ドアと・外枠の両方を交換する
ドアと外枠全てを交換する方法は、全体的にドア周りはきれいにできますが、工事期間がほかの方法よりも長くなり、工事費用もかかってしまいます。費用の目安は7万〜15万円となっています。長年使用していて、浴室ドアやドア周りの劣化がひどい場合や損傷がある場合におすすめです。


■浴室のドアの交換は基本的にプロに依頼しよう

浴室のドア交換のリフォーム費用を抑えるため、ホームセンターなどで商品を揃え、ご自身でDIYしようと考える方もいらっしゃるでしょう。しかし、これはおすすめできません。浴室ドアの交換は、施工の判断やサイズ選びなどプロのリフォーム業者でなければ的確に行えない作業が多いからです。
間違った施工を行うと、水漏れやドアの不具合、家の傷みなどが発生する可能性があります。浴室のドア交換は、必ずプロの業者に相談しましょう。

また、賃貸の場合は自己判断でドア交換を行わず、まずは管理人や管理会社に電話連絡をしてください。工事が必要な場合であれば、管理者側で費用や手続きを請け負ってくれるでしょう。勝手に工事を行ってしまうと、後から家の持ち主とトラブルになってしまう場合もあるので注意してください。


■まとめ

浴室ドアの交換方法やタイミングについてご紹介しました。浴室のドアの交換を検討されている方は、まずは希望を業者に伝え、一度診断してもらうといいでしょう。

福岡市の水道修理会社である弊社では、水栓の修理から浴室ドアのパッキン取り替えまで幅広く対応しております。何らか水回りのトラブルをお持ちの方はお気軽にご連絡ください。福岡県福岡市を中心に365日24時間対応で、迅速に駆けつけます。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315