【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » トイレのレバーが壊れてる!?故障の原因となる部品の交換方法を解説

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレのレバーが壊れてる!?故障の原因となる部品の交換方法を解説

2019年11月29日 トイレのトラブル
8
水を使って排泄物を流す水洗トイレは、現在では当たり前の設備となりました。日常的に何度も使う水洗トイレのレバーが壊れてしまったら、早急に修理したいですよね。トイレのレバーで見られる不具合の種類や故障原因、修理方法をご紹介します。

■トイレのレバーの故障にはどんな症状がある?

トイレのレバーをひねった時に、以下のような症状に出くわしたことがありませんか?

・回らない
・空回りをする
・元の位置に戻らない
・水が出ない

このような症状が起こったら、レバーが故障していると考えてよいでしょう。

■トイレのレバーが正常に動作しない原因

トイレのレバーが正常に動作しない場合、考えられる原因は3つです。レバーとの関係も含めて、一つずつ解説していきましょう。

-レバー本体が故障している
レバーが回らない、回りにくいなどレバーの動作が普段と異なる場合は、レバー自体に問題がある可能性が高いです。水回りの設備だけに、サビや腐食といった経年劣化は起こりやすいのです。レバーを分解して軸部分が錆びていたらきれいに掃除し、動きが悪い場合には潤滑油を施します。もし、腐食していたら、新しいものとの交換が必要です。

-タンク内の鎖が絡まっている・切れている
レバーはフロートバルブ(ゴム栓)と鎖でつながっていて、フロートバルブを持ち上げることでタンク内の水を流す仕組みです。この鎖が絡まっていたり、他の部品に引っ掛かっていたりすると、フロートバルブが持ち上がった状態となり、タンク内の水が流れ出て止まらなくなります。

節水目的でタンク内にペットボトルを沈めている方もいらっしゃるかもしれません。このペットボトルは結構曲者で、鎖が絡まることも多いです。タンク内を一度確認し、もし絡まっている場合には、その絡まりを取り除きましょう。

鎖が切れている場合には、レバーが空回りしたり、元の位置に戻らず水も流れなくなったりします。鎖は交換可能です。

-フロートバルブに異常がある
タンク内の水を貯めておく栓の役割を果たしているフロートバルブはゴム製です。とくに固定はされておらず、劣化により排水弁との間に隙間ができると、タンク内に水が貯まらなくなってしまうのです。このような場合には、フロートバルブを新しいものと交換します。

■トイレのレバー故障に関する部品ごとの交換方法

どの部品が故障しているのか特定できたら、部品の交換をしましょう。部品ごとに解説します。

-レバー本体の交換方法
各メーカーの公式サイトやホームセンターで、トイレのレバー部品を購入できます。価格は高くても2,500円ほどですので、DIYでの修理も比較的やりやすいのではないでしょうか。

レバー本体の交換手順を解説していきます。

①止水栓を閉める

トイレが水浸しにならないように、まずは、トイレの止水栓をマイナスドライバーで閉めてください。止水栓は床や壁から出ている給水管に付属しています。

②タンクを外し、レバーを取り外す

フタが陶器製の場合、とても重いですので、取り外しの際には落とさないように注意しましょう。破損すると水漏れなど別のトラブルを生んでしまいます。手洗い管とフタがつながっているタイプの場合は、接続部分を固定しているナットを外し、フタも取り外しましょう。タンク内側でレバーを固定しているナットを反時計回りに回します。これでレバーが引き抜けるようになります。

③新しいレバーを取り付ける

レバーには上下の違いがありますので、正しく設置する必要があります。新しいレバーに上下の印がついていれば、そのとおりの向きにタンクの外側から差し込みましょう。タンクの内側からパッキンを通して取り付け、ナットで締めます。

④止水栓を開ける

レバーに鎖を接続し、フタを戻します。最後に止水栓を開けて作業完了です。

-鎖・フロートバルブの交換方法

鎖やフロートバルブの部品は500円~1,000円ほどで手に入れることができますので、DIYでチャレンジすると節約になります。部品交換の手順は、鎖・フロートバルブともにほぼ同じです。

➀止水栓を閉める

レバー交換時と同様に、止水栓をしっかり閉めてから作業を開始します。

②タンク内の水を抜く

タンク内の部品交換では、タンク内を空にしておくと作業がしやすいです。レバーが動作しない場合は、タンク内の底部分にある排水弁を塞いでいるフロートバルブを手で持ち上げ、タンク内の水を抜いてください。

③鎖・フロートバルブを交換する

交換が必要なほうの部品を交換してください。フロートバルブと鎖がセットになっているものもありますので、この機会に同時に交換しておくこともおすすめです。

④止水栓を開ける

フロートバルブとつながる鎖の長さは、古いものと同じ長さに調節するのがポイントです。タンクのフタを戻した後、止水栓を開けます。

■まとめ

トイレのレバーが突然動かなくなるなどのトラブルが起きた場合は、レバー本体の交換をすることで解決できることがほとんどです。
DIYでも可能ですが、不安な方は弊社までご相談ください!福岡市、北九州市、久留米市、飯塚市まで担当させていただいております。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315