【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » トイレの水圧が弱まる理由とは?生じやすい弊害と解決策をご紹介

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの水圧が弱まる理由とは?生じやすい弊害と解決策をご紹介

2020年02月04日 トイレのトラブル
1トイレで流す水の水圧が弱まってしまう理由や原因はどこにあるのでしょうか。流れにくくなるというだけではなく、それに伴って発生する弊害もあります。

 

今回は、解決策を正しく認識して対処するための方法を紹介します。

 

トイレの水圧が弱くなるのはなぜ?


トイレの水圧が弱いと、1度排水ボタンを押したり、レバーをひねったりしただけでは、なかなか汚物が水道管の奥にまで到達しません。このような状況に陥った場合は、早急に現状からの脱却を図らなければなりません。排水完了までに何度もボタンを押してしまうと、水道料金もその分高くなります。まずは水圧に問題が起きる要因を知り、対処法を探りましょう。

 

貯水槽の水が少なすぎる

トイレは貯水槽に溜まった水を放出することで流すシステムなので、貯水槽内の水が少なすぎると水圧が弱まります。便器の水を再び流すためには一定の待ち時間が発生しますが、それはこのシステムでトイレが造られているためです。貯水槽内の水が少なくなる原因として考えられるのはパーツの故障であり、新品に交換するだけで元通りの水圧を取り戻せます。

 

節水対策が原因で水圧が弱まっている

水道料金の節約のために、わざとタンクの中に水が溜まらないようにペットボトルなどで対策をする場合がありますが、これらの対策を行ったことがキッカケで水圧が弱まるという事例も見受けられます。心当たりがある場合には、対策を一時的に見直し、水流が元の強さに戻るかどうか確認してください。

 

トイレの奥がつまっている

水を溜めて排出するという機能が正しく働いていても、トイレの奥がつまっていると流した水を吸い込むことができずに、水圧が弱まるキッカケになることがあります。パーツの故障が認められず、タンクの中に充分な量の水が入っているならば、このトラブルが水圧問題の起因になっていると考えましょう。

 

トイレの水圧の悪さを放置してはならない2つの理由


トイレの水圧が弱くなった際に起きる問題は、単純に汚物が流れにくくなるというものだけに留まりません。その他にもより大きな弊害が生じる可能性がありますので、トイレの水圧に問題を感じたら放置せず、大ごとになる前に速やかに解決策を見つけましょう。

 

理由1:パイプの奥がつまる

水圧が弱いままトイレの水を流し続けると、汚物が排水管の奥まで到達せずに、パイプの中に溜まって残留する可能性があります。そのような使い方を継続していると、やがて流れ切っていない汚物が便器内にこびり付き、重大なつまりが発生したり、汚水が流されずに溢れ出てしまったりする確率が高まります。水圧が弱まった場合は重大な問題のサインとして捉え、適切に対処してください。

 

理由2:異臭の原因になってしまう

きちんとした水圧を確保できずに、中途半端に水を流し続けていると、古い水が排水されなくなってしまい、悪臭を引き起こす原因にもなります。先述したように、トイレの奥に汚物が残留している場合には、汚物による異臭もトイレの中に込み上げます。衛生環境という面でも大問題になりますので、トイレの水圧不足を簡単なトラブルと判断して放っておいてはなりません。

 

トイレの水圧を強くする方法


トイレの水圧が低下した場合には重大な問題の引き金になることは分かりましたが、それではどうすれば水圧を強くできるのでしょうか。放置していても水圧が自然と戻ることはありませんので、自ら行動を起こして解決への一手を打ちましょう。

 

貯水槽に問題が無いかチェックする

まずはトイレの貯水槽を開けて、その中に充分な水があるか否か確認しましょう。ここでパーツの破損などが確認された場合は、ホームセンターなどで代替のパーツを購入して付け替えます。しかし、これで問題が解消されるという保証はなく、慎重に原因を判断しなければなりません。

 

トイレのつまりを解消させる

つまりを解消させるためのアイテムとして、同じくホームセンターなどでラバーカップを入手できます。これを使ってトイレの奥のつまりを解消させ、水圧が強くなるかどうか見てみましょう。一時的に問題を解消できても、時間が経てば再びつまるという場合には、自力では取れないつまりがあると考えて専門業者のサポートを受けてください。

 

初めから業者に依頼することが得策

水圧が弱まった原因を素人が断定することは難しく、せっかくパーツを購入しても意味が無かったり、さらにトイレを故障させてしまったりする可能性もあります。速やかに原因を特定して解決させるためには、最初から業者に依頼することが一番の得策です。

 

まとめ


トイレの水圧が弱まる原因は複数あり、早期段階で解消しなければ、重大なつまりや悪臭の発生といった、より重大な問題に発展することもあります。一番の得策としておすすめできるのが、専門業者への修理依頼です。

 

博多区や中央区、西区など福岡市内や飯塚市、久留米市に出張修理を行っているふくおか水道職人でしたら、トイレの水圧トラブルの原因をいち早く察知し、迅速な修理対応が可能です。

 

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315