【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » トイレのフロートバルブの交換方法

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレのフロートバルブの交換方法

2021年02月07日 トイレ
1

トイレで流した水が止まらずに困った経験があるという方は多いのではないでしょうか。水が流れ続ける原因の1つとして、フロートバルブの不具合が考えられます。そして、フロートバルブは自力で交換することが可能です。
ここでは、フロートバルブの役割や交換方法などについてまとめました。またフロートバルブ以外で考えられる原因についてもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

フロートバルブの役割

フロートバルブはトイレタンクの底にあり、便器に水を流す排水口のフタをする役割をしています。フロートバルブはトイレタンクの中でレバーと鎖でつながっており、レバーを回すとフロートバルブが持ち上がって水が便器内に流れ、水流が弱くなるとフロートバルブが元の位置に戻り水が止まります。そのため、フロートバルブに不具合があるとトイレの水が止まらなくなります。また、それとは逆にレバーを回しても水が流れなくなるケースもあります。

フロートバルブが不具合を起こす原因としては経年劣化が多く、一般的に10年ほどで寿命を迎えるといわれています。ただし、家族の人数が多い場合やトイレの使用頻度が高い場合には7~8年ほどで不具合を起こすこともあります。フロートバルブが劣化したら、早めに交換する必要があるといえるでしょう。


フロートバルブ交換前の確認事項

フロートバルブを交換する前に、まずは新しいフロートバルブを購入する必要があります。最も確実なのは、メーカーに問い合わせて同じ製品を購入することだといえるでしょう。汎用性のある製品を購入することもできますが、その場合はサイズ間違いなどに十分に注意してください。
そして、作業中に止水栓が開いていると水が溢れてしまう可能性があります。作業前には、止水栓が閉まっていることを必ず確認しましょう。


フロートバルブの交換方法

フロートバルブはゴム製のものが多いものの、新しいトイレの場合にはプラスチック製の場合もあります。そして、ゴム製の場合とプラスチック製の場合でフロートバルブの交換方法は異なります。ゴム製の場合はフロートバルブそのものを交換するのに対し、プラスチック製の場合は排水弁に取り付けられているパッキンを取り替えることで修理することができます。ここでは、フロートバルブの交換方法をゴム製とプラスチック製に分けてご紹介します。

ゴム製の場合
1.トイレタンクのフタを開けます。ほとんどの場合は、上に持ち上げるだけで外すことができます。

2.レバーを回してトイレタンク内を空にします。

3.トイレタンクの底にあるフロートバルブを取り除きます。劣化している場合は直接触れると手が汚れてしまうので、手袋をして作業をするといいでしょう。

4.新しいフロートバルブを取り付けます。オーバーフロー管に取り付けた後にフックに引っ掛けるとスムーズに取り付けられます。

5.チェーンがたるんでいる場合は、長さを調節します。ピンと張った状態よりも少し余裕を持たせるといいでしょう。

6.チェーンを引っ張ったときにフロートバルブが上に持ち上がることを確認したら、トイレタンクのフタを閉めます。

7.止水栓を開けたら作業完了です。


プラスチック製の場合
1.トイレタンクのフタを外します。

2.レバーを回してトイレタンク内を空にします。

3.排水弁を持ち上げ、裏側にある輪っか状のパッキンを取り外します。

4.新しいパッキンを取り付けます。

5.トイレタンクのフタを閉めて止水栓を開けたら作業完了です。


フロートバルブ以外で考えられる原因

水が流れ続けるのは、必ずしもフロートバルブの不具合が原因だとは限りません。そのため、フロートバルブを交換する前に、ほかに原因がないかどうかを確認する必要があります。
考えられる原因の1つとして、ボールタップの故障があります。ボールタップはタンク内の水位を保つために必要な部品であり、これに不具合があると水が止まらなくなります。

また、オーバーフロー管の損傷が原因である可能性もあります。オーバーフロー管は水が溢れるのを防止するための管であり、これも水の制御に欠かせません。
このように、水が止まらない原因は1つではありません。フロートバルブの交換をする前に、本当にフロートバルブが故障しているのかどうかをしっかりと確認する必要があるといえるでしょう。


水回りのトラブルの際はふくおか水道職人にご相談ください

フロートバルブを自分で交換することは可能ですが、自信がないという方もいるかもしれません。また、フロートバルブが原因なのかが分からない場合もあることでしょう。その場合は、無理をせずにプロの業者に相談することをおすすめします。

弊社は久留米市、飯塚市をはじめ、中央区、博多区、西区など福岡市全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレの修理に関しても豊富な実績があり、たくさんのお客様に満足いただいているため、安心してご依頼いただけます。水回りのことでお困りの際は、ぜひ気軽に弊社までご相談ください。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315