【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » トイレに異物を流してしまったときはプロにおまかせを

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレに異物を流してしまったときはプロにおまかせを

2021年03月25日 トイレのトラブル


トイレは物を落としても気づかない人が多数

トイレは何かを落としても気づきにくい性質があります。
洗面所や浴室、キッチンは排水口ネットやヘアキャッチャーなどを置いておくので、水に溶けないものを流す機会はほとんどありませんが、トイレは落としたときに落下音がしなければ気づかない人が多いです。

そのためアクセサリーを落としても、まったく気づくことなくレバー操作をしてしまう人が目立ちます。
アクセサリーなどの異物は基本的に溶けませんから、いつまでも排水管内に残ることになります。
アクセサリーの形状によってはそのまま流れることもありますが、少なからず運も関係するでしょう。
何度も流しているのに問題がない場合もあれば、1回しか流していないのに流れなくなることもあります。


よく流してしまうものといえば?

便器に流してしまうものには、おもちゃやペン、メガネなども多いです。
おもちゃの多くは子ども用であり、子どもがいたずらをして流したというケースが多々あり、大人が注意していても防ぎきれません。
対策があるとすれば、トイレに行くときはおもちゃを持ち込まないように子どもに話しておくくらいでしょう。

ペンに関しては落としてもまったく気づかない人が少なくありません。
便器に座るときは衣服をずらすので、その際に落としてしまう人は非常に多いようです。
ズボンのポケットにペンを入れておく習慣のある人は意外と多く、こうした人はよく落としてしまう傾向があります。


ラバーカップで引き上げる際の注意

異物の多くは水に溶けないので注意が必要です。
基本的に金属やプラスチックなどは溶けずに、いつまでも排水管に居座ることになります。
流れが悪いときはトイレ用のパイプクリーナーなどを使用する人が多いですが、溶かせるのは紙などに限られてきます。
ティッシュペーパーはどうにか溶かせる場合がありますが、不溶物に関しては対処できません。

この場合は詰まりの原因を直接引き出す必要があります。
一般的にはラバーカップと呼ばれる器具が使用されており、通称スッポンという名前で親しまれています。
トイレによく異物を落としてしまう家庭ならば、一つ用意しておくのがいいでしょう。
ただラバーカップは使い方にコツがあり、うまく操作しないと逆に詰まりを奥に進行させてしまう可能性があるので、無理だと感じたら水道修理業者に任せてください。


異物だから必ず詰まるとは限りません

便器に異物を落としたから100%詰まるわけではないので、ひとまず様子を見てみるのがいいでしょう。
自身でも知らないうちに、アクセサリーやペンなどを流してしまっているケースは少なくありません。
そもそも落としたことに気づかなければ、修理しようと考える人はおらず、そのまま使い続けるはずです。
異物を流しても異常がなければとりあえずは問題なく、対処するべき状況は水の流れに異常が発生したときになります。

水が流れるのに時間がかかる、流したときの水位が以前より上がった、などの状態は危険です。
溢れる寸前になることがあるなら、もはや正常な状態ではありません。
トイレットペーパーならば時間を置けば、溶けて普通に流れるようになります。
いつまでも流れが悪い状況が続くのであれば、高確率で溶けないものを落としたと考えてください。


便器の取り外しを伴う作業はプロに依頼を

トイレ掃除をするときに、タオルを流してしまう人がいます。
また手拭き用タオルを落とし、取り出すのが面倒という理由でそのまま流す人もいますが、詰まりの原因になるので取り出しましょう。
多くは目の見える位置にあるでしょうから、ゴム手袋を装着して取り出すだけです。
奥まで進行して手で引っ張れない状態にあるなら、便器の取り外しが必要かもしれません。

ただ便器の脱着はプロでなければ難しい作業で、自分で外しても元に戻せなくなる人が多いです。
また周囲を汚してしまったり、便器自体を破損させたりする人もいるのです。
便器が古くなっている場合は、交換したほうがいい場合もあります。


ペットの糞は詰まりを招くので要注意

トイレに流してはいけないものにペットの糞があります。
人間の排泄物とは性質が違うので、詰まらせてしまう可能性があるのです。
これなら大丈夫と自分のなかで決めつけているものが、実はダメというケースは少なくありません。

ペットの糞は意外と詰まりやすいですし、人間とは異なる菌を有している可能性があります。
そうなれば安全に下水処理場で処理ができないことが考えられるため、原則として流さないほうがいいのです。
すぐに詰まることはなくても、少しずつ排水管内部に溜まって流れを悪くする可能性があるのです。
もし流れが悪くなってきた場合は、トイレ用のパイプクリーナーなどを使用して、原因物質をやわらかくして流す方法があります。

ふくおか水道職人では福岡市、北九州市、久留米市、飯塚市などの福岡県全域でご家庭の水のトラブル解消に注力しています。
トイレの詰まり解消を得意としており、便器の取り外しや交換作業にも対応しています。
水に溶けないものを流してお困りの際は、ふくおか水道職人にご相談ください。


福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315