【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » トイレに異物が詰まり水漏れするときは焦らず専門業者に依頼するのがベター

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレに異物が詰まり水漏れするときは焦らず専門業者に依頼するのがベター

2021年03月29日 トイレのつまり
トイレのつまり
トイレは、毎日使うものであり、1日の中でほんの数時間でも利用できない時間があると、かなり不便な思いをする場所です。
できれば毎日快適に使いたいものですが、トイレは排泄物を流すことがメインとなるため、場合によっては詰まりを引き起こすことがあります。
実は、トイレの詰まりの原因となるものはトイレットペーパーだけではありません。

今回は、どんなものがトイレに詰まりやすいのか、そして異物が詰まってしまったらどうしたら良いかを紹介していきます。

トイレの詰まり、その原因ワースト3

トイレでおこる詰まりの原因のワースト3を見てみると、トイレットペーパー、トイレのお掃除シート、スマホやガラケーなどの携帯電話に次いで、鍵やペンなどの異物が挙げられます。
トイレットペーパーとトイレのお掃除シートのほかは、Yシャツの胸のポケットや、ズボンのポケットなどに入れているものが便器に落ちやすいイメージです。
トイレットペーパーは、トイレに入ると必ずと言って良いほど使うものなので1度に流す量や流す水が十分ではない場合に詰まることがあります。

お掃除シートは、近年ウエットタイプのものが人気を集めていて、拭いたら便器に流せるといううたい文句になっています。
しかし、このお掃除シートも1度に2枚も3枚も流してしまえば、詰まりの原因になる可能性があるので注意してください。

トイレに絶対流してはいけない異物について

トイレに流すと詰まりの原因となり、場合によっては水漏れの原因にもなるものもあります。
代表的なものでは、生理用ナプキン、ペットシーツ、溶けないティッシュ、スマホやガラケー、携帯、鍵などがあり、特に生理用ナプキンやペットシーツなどはその場で水を吸って膨らんでしまい便器の詰まりだけではなく、便器からの水漏れの原因にもなるので絶対に流さないようにしてください。
同じ理由でハンカチやタオルなども注意すると良いでしょう。

トイレの詰まりや水漏れがあるときに試したいこと

ではもしも、トイレが詰まってしまったらどうしたら良いのでしょうか。
トイレの排水レバーを流すと水は流れ出てくるものの、便器から水が溢れそう、もしくは溢れて水漏れしてしまうような症状の場合は、水を流さないことが最も重要です。

この段階では、何が詰まっているかも判断できない場合にも使える方法として、ラバーカップや、針金製のハンガーなどを使った詰まり解消法を試してみることがおすすめです。

・ラバーカップの使い方
ラバーカップは別名をスッポンといい、便器の詰まりを直す代表的なアイテムです。
棒の先端に大きな吸盤状のゴムが付いていて、吸盤状の部分を排水口にしっかり押しつけた後に力強く引いて使用します。

これは、ラバーカップを引き抜くときの空気圧の変化を利用して詰まりを直す方法で、水が便器から溢れ出てしまうような水漏れの解消にも効果的です。
3~5回程度、勢いよく引いた後に静かに水を流してみて詰まりが解消していればOKです。

・針金製のハンガーなどを使う方法
トイレの排水口の奥に鍵やスマホなどの異物が詰まってしまったときに有効なのが、針金を使う方法です。
一般家庭で丈夫な針金を常備しているとは限らないので、よくクリーニング店からもらう針金製のハンガーを代用しても良いでしょう。

ハンガーの両肩のうちどちらか片方の幅を狭くして傾斜を付けて、排水口の中に静かに入れてみてください。
異物に触れる感触があるときは、それをめがけて動かしていきましょう。
必要に応じてハンガーの形を変形させるのもおすすめです。
うまくハンガーで詰まりを解消できれば、あとは便器の中から異物を取り除けば修理完了です。

自分の力だけで詰まりや水漏れを解消できないときは専門業者に依頼を

トイレの詰まりや水漏れは自分の力で解消することができますが、程度によっては応急処置のみでは解消できないこともあります。
特に、異物がなかなかとれないときや便器の奥まで入り込んでしまったとき、排水管の方からも水漏れがあるときなどです。

自分の力だけで修理できないと判断したときは、早めに水のトラブルの業者に修理依頼するようにしましょう。
業者といっても水回りのトラブル専門業者に依頼する方が、的確な状況判断と修理・交換などの作業をしてもらえるでしょう。

トイレに入るときはポケットの中身に注意!詰まりや水漏れの際には業者へ

トイレに入るときは、胸のポケットにハンカチをはじめ、スマホやガラケーなどの携帯電話を入れないように注意して、もしも入れている場合はトイレに入る前に出すことが肝心です。

ふくおか水道職人はでは、飯塚市・直方市・柳川市・八女市・行橋市・小郡市・筑紫野市など福岡県全域でトイレをはじめとする水のトラブル全般に対応しています。
便器の奥まで何かが入り込み、詰まったときの対処にも経験が豊富なので、あれ?と思ったら早めに連絡をお願いします。
福岡県で水のトラブルにお困りの方は、弊社にお問い合わせください。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315