【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 洗面所の排水溝から水漏れ!?自力で応急処置・修理する方法

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面所の排水溝から水漏れ!?自力で応急処置・修理する方法

2021年06月29日 洗面所の水漏れ


洗面所の排水溝から水漏れすると、慌ててしまうかもしれません。そのままでは水浸しになってしまう可能性もあるため、まずは応急処置が必要です。今回は、洗面所の水漏れの原因と応急処置、自力で修理する方法をご紹介します。

水漏れ箇所とその原因

・蛇腹ホースの破損
蛇腹ホースは、洗面台の下、収納スペースに伸びているパーツです。経年劣化や収納物との接触により、破損することがあります。その破損箇所から、ポタポタと水が漏れはじめます。

・蛇腹ホースのズレ
蛇腹ホースは、排水を外部へ流すために、排水管に接続されています。収納スペースに物を入れる、取り出すときに起こりやすい水漏れ原因です。この接続部分がズレる、もしくは外れることで、水漏れを起こします。

・排水トラップのナットの緩み
洗面所下の収納スペースには、排水パイプへつながるS字やU字型のパイプ(トラップ)が付いていることがあります。排水トラップは内部に水を溜めて、下水から上がってくる臭いを予防するためのパーツです。この排水トラップに付いている大きなナットが緩むと、水が漏れはじめます。

・給水管と止水栓の緩み
洗面所には、水を供給するための給水管と、メンテナンス時などに水を止める止水栓が付いています。どちらもナットで接続されていますが、これが緩むと、水漏れしはじめます。さらに、接続部に取り付けられたパッキンの劣化や破損も、水漏れの原因です。パッキンは接続部のすき間を塞ぐためのものなので、これが劣化・破損すると、水を流すたびにダラダラと水漏れします。

・排水ホース内の詰まり
排水ホース内に物が詰まることで、水が排出できずに漏れ出すケースもあります。洗面所では日々、水と一緒に石鹸カスや髪、ゴミ、汚れなどが排水口へ流れていきます。これらが排水ホースのS字・U字トラップ内へ蓄積していくと、ホース内部を塞いでしまうため水がうまく流れません。完全に塞がってしまうと、水は逆流してきます。このとき、排水管やパイプのつなぎ目にあるすき間から逆流した水が漏れはじめます。

一時的な応急処置は簡単

・止水栓を閉める
止水栓を閉めると、水の供給を一時的に止められます。どこから水が漏れているかわからないとき、目ぼしい箇所を修繕しても水漏れが続いた際は、止水栓を閉めておきましょう。

・自己融着テープで原因箇所を塞ぐ
自己融着テープは、粘着剤を使わずにピッタリ張り付くテープです。そのため、破損により水漏れしている箇所でも、粘着力を失うことなく応急処置できます。自分でパーツを分解できない、新しいパーツを交換するのが難しいといったときは、自己融着テープで破損箇所を塞ぎましょう。テープをしっかり引き伸ばして破損箇所に巻き付ければ、一時的に水漏れを防止できます。

水漏れ箇所の修理方法

・蛇腹ホースや排水トラップの修理
破損や亀裂などにより、蛇腹ホースや排水トラップ付近で水漏れしている場合は、パーツそのものを交換しなければなりません。ホースやトラップは、接続部ナットを緩めて、古いものを取り外して交換できます。

・蛇腹ホースのズレを解消
蛇腹ホースと排水管にズレがある場合は、ホースを差し込み直すだけで水漏れが解消します。ただし、差し込み直す際は無理やりねじ込んではいけません。ホースを傷つけてしまう恐れがあります。また、ホース周辺に物をあまり置かないようにしましょう。物の出し入れで、再度ホースがズレてしまうかもしれません。

・接続部が原因の水漏れ修理
各パーツの接続部の緩みが原因で水漏れしている場合は、ナットを締めるだけで解決する可能性があります。実際に接続部に手を当てて、緩みがないかチェックしましょう。

・パッキンの取り換え
パッキンの劣化により水漏れしている場合は、交換が必要です。各接続部にあるナットを取り外し、中にある古いパッキンを交換します。

・詰まりによる水漏れの修理
石鹸カスや髪の毛の詰まりによって水漏れが起きているのであれば、市販されているパイプクリーナーを流し込むだけでも解消できます。これでも詰まりが解消しない場合は、内部の詰まりを直接取り除かなければなりません。各パーツを取り外して詰まりを解消することもできますが、ワイヤーや高圧洗浄機などを使った詰まりの除去も可能です。

小さなお子さんがいる家庭の場合、おもちゃが詰まっているケースもあります。日頃から排水口付近の清掃を行い、異物を流さないことも大切です。

自力で修理できるかどうかはどう決める?

まずは、水漏れの原因がはっきりわかるかどうかを見極めます。そして、ナットの緩みやホースのズレなど、自宅にある工具でも簡単に修理できるものであれば、自力で修理ができるでしょう。

一方で、工具の扱いになれていない、排水管修理の経験がない、原因がはっきりしないといった場合は、専門業者へ依頼しましょう。ちょっとした水漏れでも、自力で修理できないケースがあります。無理に修理して後から余計な修繕費用が発生することもあるので、自力で修理可能かどうかを適切に判断しなければなりません。

洗面所の水漏れトラブルはふくおか水道職人へ!

ふくおか水道職人は、福岡市や大牟田市、久留米市、春日市、筑紫野市など、福岡県内のさまざまなエリアへ出張可能です。些細な水のトラブルにも迅速に対応できます。アフターフォローや実績も十分にあるので、お気軽にご相談ください。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315