【水道局指定工事店】福岡のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 台所(キッチン)シンクのぬめりの原因と対処方法について解説

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

台所(キッチン)シンクのぬめりの原因と対処方法について解説

2021年06月29日 キッチンのメンテナンス


シンクのぬめりはカビや雑菌が原因

基本的に、シンクのぬめりは掃除を怠った際の不衛生から発生したカビや雑菌が原因である場合が多いです。このぬめりは「バイオフィルム」と呼ばれています。細菌の周囲を保護している膜と言えばイメージしやすいかもしれません。

バイオフィルムの発生原因になるカビや雑菌は、水分や汚れなどをエサとします。そのため、食材や洗剤のカス、油、カビ、雑菌などが放置されやすい台所(キッチン)のシンクは、どうしてもぬめりが発生しやすいです。シンクのなかでも、特に排水口の周りにぬめりが発生しやすいのもそのような理由があります。

シンクのぬめりを放置すると二次トラブルに繋がる

シンクのぬめりをそのままにしておくと以下のような被害に繋がるので、早めに対処することが大切です。

・悪臭を発生するようになる
バイオフィルムの周辺はさまざまな雑菌が増えやすいです。そのため、ぬめりの原因であるバイオフィルムを掃除せずに放置した場合、さまざまな雑菌から悪臭の発生に繋がる可能性が高いです。

・排水口が詰まってしまう
ぬめりをそのままにしておくと、排水口が詰まってしまい、その結果水漏れに繋がることがあります。これはぬめりが蓄積されることで、排水の途中で水をせき止めてしまい、排水管が破裂してしまうからです。その場合、マンションの場合は下の階に水が漏れてしまうケースもあるため、自分だけの問題ではなくなってしまいます。保険に入っていたとしてもいくらかの費用負担は免れないでしょう。また、階下の住民との関係も悪化してしまいます。手遅れになる前に掃除して早めに対処することが重要です。

シンクのぬめりの対処方法は大きく分けて2つ

シンクのぬめりを対処する方法は、自力で解決するか、専門業者に依頼するかのどちらかになります。どちらの対処方法もメリット・デメリットがあるので、特徴を事前に把握しておきましょう。

・自分で対処する
自分で対処する場合は、掃除用品さえ揃っていれば料金がかかりません。ただ手間をかけたとしても、必ず改善できるかわからないなど、デメリットも多いです。

・専門業者に依頼する
専門業者に依頼する場合、料金がやはりネックでしょう。しかし手間やアフターフォローを考慮すれば、専門業者のほうがおすすめな場合もあるので、シンクの状況をしっかり見極めることが大切です。なお料金自体はそれほど高額ではなく、掃除用品を0から揃えるなら専門業者に依頼したほうがお得なこともあります。いずれにせよ料金はシンクの状態によって変動します。

シンクのぬめりに自宅で対処するには?重曹やクエン酸が便利

シンクのぬめりが軽度の場合は、重曹やクエン酸を使って掃除すれば改善する可能性があります。なぜなら、ぬめり自体は酸性で、アルカリ性の重曹やクエン酸を使用することで汚れを中和できるからです。とはいえ、自宅にクエン酸がある方は限られるでしょうから、用意していない場合はお酢で代用しましょう。なお、ぬめりがひどくクエン酸では歯が立たない場合でも諦めず、市販の専用洗剤を使ってみてください。

シンクのぬめりを予防するには?日ごろの掃除が重要

シンクのぬめりをなくすためには、日ごろから食材や洗剤のカス、油を掃除してカビや雑菌を繁殖させないことが重要です。では、どのように掃除すればよいのでしょうか?普段から下記の3つのポイントを意識して掃除に取り組んでください。

・シンク使用後に必ず水分や汚れを取り除く
先述したように、ぬめりの原因となるバイオフィルムは水分や汚れによって増殖します。そのため、シンク使用後に必ず掃除することを心がければ、ぬめりの発生自体を防げるわけです。水分や汚れがシンクに付着している際は、できるだけ早めに拭き取り、常に乾燥した状態を保つようにしましょう。

・生ゴミを溜めない
生ゴミを溜めないように、普段からこまめに捨てることも大切です。ぬめりの発生を防ぐべく、水分や汚れを拭き取ることに加えて、雑菌を増殖させないために生ゴミをすぐに捨てる習慣を身につけましょう。

・アルミホイルを使った裏技も使ってみる
アルミホイルを使用することで、シンクのぬめりを簡単に除去できることは知っていますか?アルミホイルを丸めたものをシンクの排水口にいくつか置いておくだけでぬめりの発生を予防できます。これは、アルミホイルから発生される金属イオンによって雑菌の繁殖が抑えられるからです。またぬめりを掃除した後、完全に除去できたか不安な場合に行うのもよいでしょう。クエン酸と違いアルミホイルはどの家庭にも大抵あるのもメリットです。

シンクのぬめりが深刻なときは修理か交換で対処

なかには「排水口が詰まって水漏れしてしまった」「重曹やクエン酸でもぬめりが取れない」といったケースもあるでしょう。このように、状況によってはここまで紹介してきた方法をすべて駆使したとしても、改善されないこともあります。

また、ぬめりが一度改善したとしてもその後何度も再発する場合、シンクの排水設備の寿命がきている可能性もあります。その場合には、専門業者に依頼して修理や交換で対処するしかないので、早めに問い合わせてください。

台所のぬめりが気になる場合はふくおか水道職人へお問い合わせください

水回りのプロ「ふくおか水道職人」では、福岡市、北九州市、久留米市、飯塚市など福岡県全般のさまざまなトラブルに出張対応しています。とはいえ、プロに依頼したい人の中には、料金が気になるという方も多いでしょう。

そのような方でも、ふくおか水道職人では、無料見積もりができますので、まずは料金の確認をしてみるのがおすすめです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にふくおか水道職人にお問い合わせください。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315