【水道局指定工事店】福岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » 異物を流してトイレを詰まらせるトラブル

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

異物を流してトイレを詰まらせるトラブル

2021年07月24日 トイレのつまり


トイレではいろいろな水のトラブルが発生する可能性がありますが、中でも多くなっているのは、異物を流してトイレを詰まらせてしまうトラブルでしょう。基本的にトイレットペーパーや人間の排泄物以外は流してはいけない場所なので、余計な物は流さないことが大切です。

異物は絶対に流さない

トイレを詰まらせてしまうトラブルを防ぐためには、異物を流さないことが大切です。
よく流してしまうのが、

・スマホ
・ペン
・おもちゃ
・メガネ
・アクセサリー

などがあります。

これらの異物は、故意に流してしまうというよりも、用を足しているときや掃除をしているときなどに誤って落としてしまうことが多いでしょう。逆にタバコや食べ残し、ティッシュペーパーなどは故意に流すことが多いと言えます。食べ残しの中でも、ガムを便器に捨てる人は比較的多いので、公衆便所などではガムなどを便器に捨てないで下さいという注意書きがしてあるところも存在しています。

もし異物を便器に落としてしまった場合には、きちんと拾い上げる必要があります。落とした段階ではまだ奥まで流れていないことが多いので、針金などで拾い上げることもできるでしょう。ボールペンのような細い物や、小さなおもちゃなどは拾い上げるのが難しいため、流してしまうこともあるでしょうが、基本的には拾ってから流すようにするべきです。

もし流してしまった場合には、汚水桝でしっかりとガードしておきましょう。そうすれば汚水桝から拾い上げることができる可能性もあるのですが、さらに排水管の奥まで流れてしまった場合には、業者に依頼するしかなくなります。基本的に便器には、トイレットペーパーと人間の排泄物以外は流してはいけません。掃除をするときなどは、落としてしまいそうな物を持ち込まないことが最大の対策です。

トイレに流せる物なら大丈夫というわけではない

最近はトイレに流せるシートなど、トイレに流してもよいという製品がいくつか存在しています。きちんとトイレに流せると書かれているのだから、流しても大丈夫と思う人も多いでしょう。しかし、可能であればトイレに流すべきではありません。

例えばトイレに流せる掃除用のシートを流したとしましょう。シート自体は流しても問題がないよう作られていますが、掃除用のシートなので、当然髪の毛やホコリなどの汚れが付着しています。汚れは便器の詰まりを引き起こしてしまう可能性があるので、ゴミ箱に捨てて処分をした方が無難です。

また、トイレットペーパーであっても、1度に大量に流すと詰まってしまうことがあります。流せるものだから大丈夫という考えは捨て、たとえトイレットペーパーであっても、大量に使用する場合には、何回かに分けて流すことをおすすめします。もちろん普段から掃除をしておくことも、トイレの詰まりを防止するのには効果的です。

異物を流したり詰まりが発生したりしたときの対処法

異物を流した場合や、便器の詰まりが発生した場合には、自分でもできるいろいろな対象方があります。その方法をいくつか紹介しますが、実行しても改善できない場合には、業者に依頼をするべきでしょう。

・水やお湯を流す
便器が詰まった場合には、バケツに水を入れて一気に流す方法があります。ただし、完全に詰まっていない場合に限った方法なので、流れが悪くなったときに試してみましょう。水を流しても改善できない場合には、お湯を使う方法が効果的です。お湯を使うとトイレットペーパーが水よりも溶けやすくなります。お湯を使うときには、火傷をしないように注意しましょう。

・ラバーカップや真空式パイプクリーナーを使う
異物を落としたときには、ラバーカップや真空式パイプクリーナーを使うことで、奥の方から吸い上げられる場合や、汚水桝に流すことができます。もちろん完全に詰まっていない場合に限りますし、必ずしもラバーカップや真空式パイプクリーナーを使えば、異物が取り除けるわけではありません。トイレットペーパーの詰まりなどにも効果を発揮しますが、あくまで軽度の詰まり効果的な方法です。

・液体のパイプクリーナーを流す
髪の毛などの汚れが原因で詰まっている場合には、液体のパイプクリーナーを使えば改善できる可能性が高いでしょう。ただし、異物を流したときには効果が出ない場合も多いですし、完全に詰まっているときにも使用できません。

異物が見える場合には、まず異物をハンガーなどで取り除いてから使用しましょう。ちなみにトイレットペーパーを溶かす働きはないので、あくまで髪の毛やヌメリなどの対処法として使う必要があります。

異物を流した場合でも対応可能

異物を流してしまい、トイレが詰まってしまったときでも、ふくおか水道職人に連絡をしてもらえれば、異物を取り除いて詰まりを改善できます。福岡市や古賀市、那珂川市、大野城市、太宰府市、行橋市、小郡市など、福岡県全域に出向くことができるので、福岡県に住んでいて、水のトラブルが発生した場合には、気軽に連絡をしてもらいたいと思います。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315