【水道局指定工事店】福岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » お風呂の蛇口も詰まることがある!詰まりの原因と対策

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂の蛇口も詰まることがある!詰まりの原因と対策

2021年08月04日 お風呂のメンテナンス


お風呂場の蛇口からお湯が出なくて困った経験はないでしょうか。蛇口に使われている部品にはそれぞれ耐用年数というものがあり、長くて10年、早いと2~3年で経年劣化による破損や故障が起きてしまいます。今回は、蛇口のタイプ別に蛇口が詰まった原因とその対処方法をご紹介していきます。

蛇口のタイプ別詰まりの原因

・2ハンドル混合水栓
温水と冷水の二つの開閉ハンドルを捻って水温を調節するタイプの水栓です。水栓に取り付けてある切り替えバルブを操作してシャワーとカランを切り替えます。ガス給湯器など、築年数の古い建物でよく使われているタイプの水栓です。構造が単純なので、水栓で詰まりなどのトラブルが発生しても比較的対処がしやすいといえます。

このタイプの水栓が詰まった場合に考えられる原因は大きく三つあります。一つ目は開閉バルブ不良で、バルブが固くなり、開閉できない状態になることでうまくお湯が出なくなることです。

二つ目はパッキン不良で、バルブに使われているコマパッキンが経年劣化などで損傷するとバルブが正常に動いていてもお湯が出にくくなります。

三つ目は切り替えバルブ不良で、開閉バルブにもパッキンにも問題が見られないのに蛇口の調子がおかしい場合に考えられる原因です。シャワーとカランの切り替えが正常に行えず、お湯が出にくくなるのです。

・シングルレバー混合水栓
レバータイプのハンドルを上下に動かすことで水を出したり止めたり水量の調節ができ、左右に動かすことで水温の調節ができるタイプの水栓です。台所や洗面所でよく使用されていて、浴室で使用されているケースはあまり見られません。

このタイプの水栓では、カートリッジやレバーハンドルの破損で詰まりが発生します。カートリッジとはレバーハンドルの内部にある部品で、お湯と水の切り替えや水の出し止めを行う役割を持っています。これが破損すると、お湯と水の切り替えがうまくできず、お湯の量が少なくなってしまうのです。カートリッジはレバーハンドルが正しくつながれる事で正常に機能するため、レバーハンドルに不具合が出るとカートリッジも動かなくなります。

・サーモスタット混合水栓
レバータイプの開閉バルブで水量を調節し、温度調整バルブで水温を調節するタイプの水栓です。電気給湯器の普及とともに一般家庭の浴室にも使われるようになり、今では主流の水栓となっています。サーモスタット混合水栓の場合、この二つのバルブに不具合が出ると詰まりが発生します。開閉バルブが破損することでお湯の出が悪くなり、温度調整バルブが破損することでお湯の温度が正常に調節できなくなるのです。

・スパウト
蛇口に取り付けられている、お湯や水を出すための細いパイプをスパウトと呼びます。スパウトの先端には、水の流れを整え、水はねを防止するための整流キャップと呼ばれる部品が取り付けられていて、これにゴミが溜まることで水の出が悪くなるのです。

・ストレーナー
蛇口そのものではありませんが、一部の蛇口にはストレーナーという部品が取り付けられている事があります。これはゴミ受けのような部品で、水道水に混ざって出てくる水道管の鉄サビなどの細かなゴミをキャッチする役割を持っています。このストレーナーにゴミが溜まることで、お湯の出が悪くなる場合があるのです。

蛇口の詰まりを自分で解決する方法

まずは洗面所や台所など、他の蛇口からも正常に水やお湯が出ているかを確認してください。どこからも水が出なければ給水そのものでトラブルが、お湯が出なければ給湯または電気系統でトラブルが発生しています。他の蛇口は正常に動作していて風呂場の蛇口だけが詰まっている場合、以下の方法を試してみましょう。

・ハンドルやパッキンを交換する
ハンドルやパッキンの故障が原因であれば、新しいものと交換する事で改善できる可能性があります。蛇口本体または付近に貼られているシールでメーカーと型番を確認し、同じ型番のものをホームセンターまたはメーカーのホームページから購入しましょう。

交換作業を行う前には必ず止水栓を閉め、お湯や水が流れないようにします。2ハンドル混合栓であれば比較的簡単に交換できますが、シングルレバー混合栓やサーモスタット混合栓は複雑な作りのため、部品を傷付けてしまわないよう慎重に作業を行いましょう。メーカーや型番がわからず、自力での交換が難しいと感じたら無理をせずに業者に依頼するのが無難です。

・ストレーナーやスパウトを掃除する
蛇口に不具合が見られないのに水の出が悪かったり水が濁ったりしている場合、ストレーナーをきれいにする事で改善できる場合があります。マイナスドライバーなど細いものを引っかけて回すことで取り外すことができ、古い歯ブラシなどで掃除します。もし、汚れがなかなか落ちないようであれば、重曹やクエン酸を溶かした水にしばらく浸け置きしてから再度掃除する事で汚れが落ちやすくなるでしょう。

ストレーナーをきれいにしても水が濁っている場合、スパウトに汚れが溜まっている可能性があります。こちらはドライバーなどの工具を用意し、事前に止水栓を閉めて作業するようにしましょう。ドライバーで止水栓を閉めて水が流れないようにし、同じ要領でスパウトを緩めて外し、古い歯ブラシなどで掃除します。

スパウトに付いているゴムパッキンの状態も確認し、劣化しているようであれば掃除ついでに新しいものと取り替えると良いでしょう。こちらも汚れがなかなか落ちないようであれば重曹やクエン酸を溶かした水に浸け置く方法が有用です。

蛇口の修理はふくおか水道職人にお任せ!

ふくおか水道職人は、福岡市、春日市、大牟田市、田川市、筑後市、中間市をはじめとする福岡県全域を担当している水道専門の業者です。蛇口の交換などお客様ご自身で行うのが難しい作業や水道管の交換など指定水道工事店でなければ行えない専門的な作業など、水回りのお困りごとを迅速確実に解決いたします。お電話一本で熟練のスタッフが現場に駆け付け、無料で見積もりをお出ししますので、まずはお気軽にご相談ください。

福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315