【水道局指定工事店】福岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » トイレの床が水漏れで濡れていたときの修理・交換方法とは

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの床が水漏れで濡れていたときの修理・交換方法とは

2021年09月21日 トイレの水漏れ


トイレで水漏れが起きた!どうするのが正解?

毎日利用しているものがトラブルを起こすと、非常に困ってしまうかと思います。
トイレはその最たる例で、いざ使おうとしたときに水漏れを発見した場合大変です。

水漏れのなかには放っておくとトイレや床の劣化を引き起こしたり、最悪の場合マンションの下の階や戸建ての1階まで水が漏れてトラブルになったりと、良いことがありません。

今回は、トイレの水漏れが起きてしまったときの対処法と、業者に頼むべき症状をご紹介します。


トイレの水漏れに気づいたらすぐやっておきたいこと

トイレの水漏れは程度や漏れている場所によって対処方法が違いますが、必ず以下のことをすぐに行いましょう。

・水をしっかり拭き取る
当たり前のことのようですが、水分をしっかり拭き取ることは非常に大切です。
床に水が残ったままだと、床材に水がしみ込んで変形したり、水シミになったり、最悪の場合は腐食が進んで床ごと交換が必要になるケースもあります。

見ただけでは気づかなくとも、床下で腐食が進んでしまうこともあり得ます。
水漏れに気づいたらすぐに水を拭き、原因を探しましょう。

・水漏れが起きている場所を探す
水を拭き取っていくと水漏れがどこから発生しているか分かります。
その場所をしっかり把握しておくことが大切です。
水漏れの発生箇所によっては自分で簡単に解決できるものもあり、はたまたすぐに業者を呼ぶべき問題な可能性もあります。

水道業者に適切な判断をしてもらえるよう、水漏れの発生箇所、水量、頻度などある程度まとめておくと良いでしょう。


水漏れはどこから起きている?場所別対処法

水漏れが発生している場所によって対処法が異なるため、特定できたら以下の点に注意して確認してみてください。

・タンクからの水漏れ
タンクの上部から水が漏れている場合、タンク内部の部品に問題があることが多いです。
タンクの蓋を外し、内部の浮き球とボールタップを確認しましょう。
タンク内の水位は浮き球とボールタップによって調節されており、何らかの原因で浮き球が上がらなかったり、ボールタップが機能していなかったりすると漏水の原因になります。

まずは浮き球の動きを阻害するものがないかを確認しましょう。
浮き球が上がっても水が止まらない場合、ボールタップが劣化している可能性があります。
ボールタップはネットショップやホームセンターで手に入れられるため、部品交換に自信がある方はご自身で交換することもできます。

タンクの下部から水が漏れている場合、タンクと便器をつなげる密結パッキンが劣化しているかもしれません。
密結パッキンもお店で入手できますが、交換するには重たいタンクを動かさなくてはならず、万が一ひび割れなど起きると別の水漏れが発生してしまいます。
不安な方は無理をせず、水道業者にお願いしましょう。

・便器からの水漏れ
便器本体のひび割れや、便器と床の接触部から水が漏れている場合は水道業者を呼ぶ必要があります。
便器が割れて水が漏れているとき、見える範囲の水漏れは少量でも内部ではかなり漏水が進んでいることがあり、便器を取り外してみないと分かりません。
ひび割れは放っておくとひどくなる一方で、壊れると非常に危険なため、なるべく早く交換しましょう。

便器と床の間から水漏れしている場合、排水管の故障や設置時のミスなどが考えられます。
こちらも放置すると床を傷めたり、下の階まで漏水が広がったりしてしまうため、見つけ次第すぐに対応してください。

・給水管などのパイプ類からの水漏れ
トイレと床をつなぐパイプから水が漏れている場合、給水管や止水栓の部品が劣化している可能性があります。
まずはパイプ類のバイブやナットを締め直してみて、それでも水漏れが止まらない場合は部品を交換します。

部品の購入や交換は難しくないため、自分で交換することもできますが、交換中に大量に出水する恐れがあるため、下にビニールシートやバケツを用意して行うと良いでしょう。

・タンクや便器に水がついているとき
水漏れしている様子がないのにタンクや便器に水がついているときは、結露が起きているかもしれません。
夏場などでは室内の気温が上がり、トイレ内の水温との差で結露が起きて、水が床まで垂れてしまうことがあります。

湿っている程度なら問題ありませんが、床を濡らしている場合は適度な換気を行い、室内の温度や湿度を下げるようにしましょう。


こんなときは修理・交換が必要!水道業者に連絡しよう

トイレでの水漏れは、部品のゆるみや結露が原因でない場合、基本的に部品交換やトイレ本体の交換が必要になります。
部品は必ず同じものを購入するようにし、サイズや型番が分からなければ現物を持って買いに行きましょう。

パッキンやボールタップのみの交換なら比較的簡単ですが、取り付けにミスがあった場合さらに水漏れの被害が広がる可能性があります。
不安がある場合や、トイレ本体や設置に問題がある場合は、迷わず水道業者にご連絡ください。


トイレの水漏れが起きたらふくおか水道職人へ

トイレだけでなく、家の水回りにもしものことがあったとき、ふくおか水道職人までご連絡ください。
ふくおか水道職人は福岡市東区、南区、博多区など福岡市のほか、北九州市、久留米市など福岡県全体で水回りのトラブルを解決するため奔走しています。

トイレの水漏れによるトラブルをはじめとする、お風呂やキッチン、それ以外の水に関するトラブルでお困りの際は、ぜひお気軽にふくおか水道職人までご連絡ください。


福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315