【水道局指定工事店】福岡のトイレつまり・水漏れ修理なら「ふくおか水道職人」 » トイレの床で水漏れが発生する原因と修理の費用

福岡 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの床で水漏れが発生する原因と修理の費用

2021年09月25日 トイレの水漏れ


トイレに行ったらなぜか床が濡れていたという経験をしたことがある人もいるでしょうが、なぜトイレの床が濡れるのでしょうか。
その理由は止水栓や便器、タンクなどに原因がある可能性があります。

まずは原因をしっかりと特定し、修理する場合にはどれぐらいの費用が必要になるのかも確認しておきましょう。

タンクや止水栓などから水漏れしていないか確認する

トイレの床が濡れている原因として考えられるのは、トイレタンクや便器にひびが入っており、ひびが入っているところから水漏れしている可能性があります。
他にも便器やタンクに接続されているパイプの不具合や初期不良、止水栓のパッキンが劣化していることも考えられます。
まずはどこから水が漏れているのかを確認してみましょう。

温水洗浄便座を使用している場合には、温水洗浄便座の故障も考えられるので、チェックしておく必要があります。
また、水漏れをしているところは、必ずしも1箇所だけとは限りませんので、水漏れをする可能性がある場所は全てチェックしておきましょう。

水漏れをしているのにそのまま放置しておくと、カビが発生しやすくなります。
カビは胞子を飛ばしてすぐに増殖しますし、人間の健康を害してしまう原因にもなるので、生えてから対策をするのではなく、カビが生えないための対策をすることが重要です。

このほか、材質にもよりますが、水漏れをしていることで、床が腐食してしまうこともあります。
床が腐食してしまうと、マンションなどの集合住宅に住んでいる場合には、下層階にも水漏れが発生してしまい、トラブルの原因となります。
濡らした覚えがないのにトイレの床が濡れていたら、すぐに原因を特定して対策をしなければいけません。


タンクや便器から結露が発生している可能性もある

トイレの床が濡れているからと言って、必ずしも水漏れをしているとは限りません。
なぜなら結露が発生して濡れている可能性があるからです。
結露が発生する理由は、物の内側と外側の温度差が大きく、湿度が高いからなのですが、トイレはタンクにも便器にも常に水が貯まった状態になっています。
しかもタンクはフタがされているので、湿度もかなり高い状態です。

タンクの内側は水で冷やされている状態ですが、外側は気温が高くなることもあるので、そうすると結露が発生し、床に水滴が垂れて濡れてしまうことがあります。
便器もタンクほどではありませんが、水が貯まった状態なので結露が発生する可能性は十分あります。

さらに言えば、タンクや便器と繋がっている配管でも結露が発生することがあるので、まずは水漏れをしているのか、結露が発生しているのかを見極めなければいけません。

結露以外にも、尿が飛び散って濡れている可能性もありますし、ユニットバスであれば風呂に入ったときやシャワーを浴びたとき、掃除をしたときなどに一部分が濡れていて、水漏れと勘違いしてしまうこともあるでしょう。

水漏れの場合には常に水が出てくる状態になっているので、床を拭いてから少しの間観察をしてみる必要があります。
水漏れであればすぐに止水栓を止めて、対策を施さなければいけません。
結露や尿の飛び散り、拭き残しなどであればきちんと水分を拭き取っておきましょう。


業者への依頼方法と必要になる費用

トイレの床が濡れている場合、まずは原因を特定する必要があります。
なぜなら原因によって依頼をする業者が異なるからです。
例えば便器が詰まって水が溢れだしたことや、パイプの繋ぎ目などから水が漏れている場合には、水道工事業者に依頼をするようになります。

しかし、便器やタンクにひびが入っている場合などは、交換しなければいけなくなる場合がほとんどです。
便器やタンクの交換をする場合、水道工事業者のほか、リフォーム業者も対象となります。

重要なのは便器やタンクの交換を依頼した場合、費用がいくらぐらい必要になるのかという点です。
もちろん選ぶ便器やタンクの種類によっても大きく変わってきますし、依頼をする業者によっても変わってきます。

そのため、相場はかなり幅が広くなってしまうのですが、一般的な洋式トイレであれば、50,000円から150,000円ぐらい必要になります。
この相場は便器とタンクの両方を交換した場合なのですが、通常は便器とタンクはセットで交換するようになるでしょう。

ただし、組み合わせタイプのトイレであれば、便器とタンクを別々に交換することも可能です。
ちなみにタンクレストイレに交換する場合には費用が高くなり、大体100,000円から400,000円ぐらい必要になることが多いでしょう。


トイレの水漏れは素早く対応することが大事

トイレから水漏れした場合には、すぐに修理をしないとトイレを使うことができません。
そのため、素早く対応することが大事になります。

福岡県でトイレの水漏れや詰まりが発生したら、ふくおか水道職人まで連絡をしてください。
北九州市、福岡市、大牟田市、豊前市、宮若市、宮若市などの広範囲に出張が可能です。


福岡のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ふくおか水道職人(福岡水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315

ふくおか水道職人(福岡水道職人) 0120-492-315